IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「あなたにとって仕事とは?」の回答の仕方|転職や就職の際の例文

更新日:2020年08月14日

就活の面接

あなたにとって仕事とはなんですかとは、転職や就職の面接で聞かれることの多い質問ですが、その際になんと答えるべきなのか、悩む人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、あなたにとって仕事とはと聞かれた際の、回答の仕方や例文を紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

あなたにとって仕事とは?面接で聞かれる質問

採用面接で聞かれること

就職活動、或いは転職活動などにおいても言えることですが、企業から面接の際に聞かれる質問というのは意外と、スタンダードなものが多いです。『自己アピールをしてください』とか、或いは『志望動機はなんですか』、といったことはまず定石的な質問として、確実に必須事項となってくるでしょう。

そうした質問の中にやや特殊ではあるのですが、聞かれる可能性が高い質問があります。それが『あなたにとって仕事とはなんですか?』といった質問です。 こうした質問にもしっかりと答えることができるように対策をしておくとよいでしょう。『あなたにとって仕事とは』、という質問は意外と聞かれることが多いので確実に考えておくべきことの一つといえるでしょう。

回答の仕方

聞かれた時の考え方として

ここからは実際に具体的な解答例をあげて、説明していきます。

面接の受け答え

面接の受け答えの原則はズバリ、先に結論を言ってしまう、ということです。プレゼンなどの場面においてでも言えることなのですが、ビジネスにおいては何事も先にいうことが大事になります。 ですから、『あなたにとって仕事とは』という質問においても、私にとって仕事とは~、といきなり切り出してまったく問題ないことになります。むしろ、やり方としては非常によい回答の仕方であるといえます。 『あなたにとって仕事とは』、という質問に対しては、まず自分にとっての仕事の意味、意義、スタンスを率直に切り出すようにするとよいでしょう。それが回答としてよいやり方になります。

あなたにとって仕事とはの回答例文

どんなことなのか

実際にどう思っているのかはともかくとして、とにかく前向きな回答をするとよいでしょう。以下参考例文の一例です。 『わたしにとって仕事というのは自己実現をする手段になります。それは自身を仕事を通して高めていき、それが御社にとっても営業成績、売り上げなどに直接的にプラスとなるようにしてきたいと思っています。」 『人は目標を達成した際に、達成感を得るものですので、重要な仕事を成し遂げた時、自らのことも重要だと思えて成長できるのではないか、と考えています。』 『自分の強みは自分自身ではなかなか、分かりにくいと感じています。ですから仕事を通して、成果や結果をあげて日々精進し、社会に貢献することだと思っています。』 この例文としては、『あなたにとって仕事とは』、という質問に対して、仕事とは自分の自己実現をする行為である、と先に結論をいっています。その上で、『それは自身を仕事を通して高めていき』とつながっているわけですが、これは自己実現とは具体的になんなのか、という部分に対する肉付けになります。

自分自身を高める、ということが自己実現、となるわけです。さらにはそれが会社にとってもプラスになる、つまりは営業の成績などに関係してくる、というのをアピールしています。これは、『あなたにとって仕事とは』という回答が最終的には会社のためになる考えとして私は持っている、ということを意味します。 単純に『あなたにとって仕事とは』ということを聞かれている、自分の考えを言えばよいわけではなく、そこからいかに会社にプラスになるのか、ということもアピールするとよいでしょう。一つの例文ではありますが、流れとしてはこうした回答がまずは無難なやり方であるといえるでしょう。

社会貢献を軸に回答する場合

次のページ:あなたにとって仕事とは?自分がどう考えているのか
初回公開日:2017年06月16日

記載されている内容は2017年06月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング