IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【職務経歴書】人事に好印象を与える「書き方」と例文(スキル・自己PR・志望動機の書き方)

書類選考

職務経歴書の書き方のポイントは、これまでの会社で、どのような能力を発揮して仕事したかを採用担当者にアピールする必要があります。求人企業の募集内容に沿って、編集することが求められます。今回は、失敗しない職務経歴書の書き方をご説明するので、ぜひ参考にしてください。

更新日時:

職務経歴書に必ず書くべき5つの内容

採用担当者に好印象与えるための書き方として、「職務要約」「職務経歴」「発揮できる能力」「自己PR」「志望動機」の5つの事柄を必ず書く必要があります。これらの5つの事柄を書くことにより、採用担当者の求める職務経歴書の書き方となるのです。 アピールする点が明確となり職務経歴書の書き方だけで、採用担当者に好印象を与えることができるのです。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

職務要約の書き方と例

「職務要点」は、職務経歴書の初めに必ず書く文章で、職務経歴書の要点を200~400文字にまとめたものを記載します。多くの採用担当者は、「職務要点」を短時間で見て判断するので、分かりやすく書く必要があります。 書き方のポイントとして、「経歴要約」「自己PR」「意欲PR」の順に書いていきます。この要点を書くことにより魅力的な内容にまとめることができます。

職務要点の書き方の例

【職務要点】  〇〇株式会社の営業職として企業を対象に、10年に渡って自社商品の営業に取り組んできました。土日祝日を問わず、より多くの新規顧客を獲得をするため、日々営業してきました。大変忙しい仕事でしたが、体力や忍耐力、コミュニケーション能力を身に付けることができました。今後は営業としてさらに成長し、職場リーダーとしても貴社に貢献したいと考えております。

職務経歴の書き方と例

職務経歴は、年月、配属、職務内容、異動、昇進などを、箇条書きにして分かりやすく記載します。

職務経歴の書き方の例

【職務経歴】 平成〇年〇月 〇〇株式会社入社 新人研修 平成〇年〇月 〇〇部配属         【職務内容】○○○        【実績】 ・平成〇年 ○○○             ・平成〇年 ○○○ 平成〇年〇月 〇〇部異動        【職内容容】○○○        【実績】・平成〇年 ○○○

職務経歴書「発揮できる能力」の書き方と例

「取得資格」「語学力」「応募する企業で活かすことができるスキル」を記載します。応募する企業で使わないスキルなどは記載する必要はありません。応募する企業の職務に関連したスキルをしっかり記載することが大切です。

スキル、能力の書き方の例

【資格】 平成〇年〇月 ○○○取得 平成〇年〇月 ○○○取得 【PCスキル】 ・Word ・Excel ・PowerPoint

職務経歴書「自己PR」の書き方と例

自己PRの書き方は、職務経歴書の中で最も重要であり、採用担当者に印象付けるために記載します。自己PRの内容は「今まで行ってきたこと」「自分にできること」「応募先で今後どうしていきたいか」を長く記載せず、文章を短めに書きます。

自己PRの書き方の例

【自己PR】 ・対話を重視した顧客との取引  私は顧客と信頼関係を築いて取引を行うということです。私は顧客とのコミュニケーションを大事にしたことにより、取引をスムーズに運ぶことができたからです。この取引方法を行ったことにより、たくさんの顧客を獲得することができました。

職務経歴書「志望動機」の書き方と例

志望動機の書き方は、応募する企業に対してあなたの熱意をPRするための文章です。 ■文章は長く書かずに、200~300文字程度に収めて書きます。 ■初めに、応募した企業を選んだ理由を書きます。 ■次に、現在の仕事では満たされない、今やりたい仕事を書いて、事業・ポジションに惹かれた理由を記載します。 ■最後に、現在の仕事で身に付けたスキルを書いて、応募した企業に必要とされる強みをアピールします。

志望動機の書き方の例

【志望動機】  私は、大学時代に経営学を学んでおり、当時から貴社の職務に魅力を感じておりました。営業職として〇年間勤務してきましたが、よりたくさんのい営業をしたいと考えたおりましたところ、貴社の求人を拝見しまして、今の自分の能力を貴社で発揮できるのではないかと思ったので転職を決意しました。  営業職では、新規顧客への営業で高い実績を残しており、貴社で貢献できると考えております。貴社で必要とされるコミュニケーション能力、情報収集力、思考能力を持ち合わせていると自負しています。ぜひ、面会の機会をいただけますようお願い致します。

おわりに

職務経歴書は、応募した企業に必要とされる人物に沿うように作成する必要があります。 ここで述べた書き方のポイントを参考にして、採用担当者に伝わる職務経歴書の書き方にしてみてはいかがでしょうか。ぜひ、理想の転職を叶えてみて下さい。

関連タグ

アクセスランキング