IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

よくある薬剤師を辞めたいと思う理由|薬剤師を辞めたいと感じたミス

更新日:2020年10月02日

転職の悩み・不安

薬剤師という仕事は、病院からもらう「処方箋」の薬をもらうために、重要な仕事になります。大変な仕事のため、「辞めたい」と悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。そこで、「薬剤師を辞めたい」と思う理由や対処法についてご紹介いたします。

薬剤師とは

薬剤師は医療現場になくてはならない存在

風邪をひいたり、病気になったとき、身体の不調を感じたとき、誰しもが病院に足を運びます。診察後、基本的には、「処方箋」をもらって薬局へ行き薬をもらいます。今回テーマとなる「薬剤師」の仕事は、「処方箋」をもとに、薬を調剤をして、患者さんに薬の説明をして、薬を渡す仕事になります。 基本的には調剤薬局といわれる処方箋を持っていないと薬をもらえない薬局で、薬をもらいますが、病院によっては病院自体に薬剤師がいて、直接病院から薬をもらうところ(院内処方)もあります。

薬の処方は薬剤師にしかできない

薬の調剤は薬剤師しか行えないので、薬を扱うところには必ず薬剤師の方がいらっしゃいます。また、病院や調剤薬局だけでなく、ドラックストアやスーパーの薬売り場などにも、薬剤師が常勤していることが多いです。これは市販の薬でも、薬剤師の方がいないと渡せない薬があるためです。

よくある「薬剤師を辞めたい」と思う理由

たくさんの場所で活躍しており給与も比較的高水準だと思われる薬剤師ですが、「辞めたい」と考える人も中にはいるものです。その理由として、職場の環境が原因で辞めたいと思う方や人間関係が原因で辞めたいと思う方など、人によって「薬剤師を辞めたい」と思う理由は様々です。 ここでは、なぜ薬剤師の方たちが「辞めたい」と思うのか、その具体的な理由をいくつか挙げてみましょう。今薬剤師を辞めたいと思っている方も、これから薬剤師として仕事するうえで不安な方も、いろいろな原因をチェックしてみると未然に防げることもあるはずです。

よくある薬剤師をやめたい理由/職場に原因がある場合

やはり、どの業種でも、職場の人間関係が原因で「辞めたい」と感じるかたがたくさんいらっしゃいます。特に新卒で薬剤師になった方の場合、入社したばっかりで、わからないことが多いにも関わらず、不本意に責められたリすることもあれば、やる気が削がれるだけでなく「薬剤師を辞めたい」と感じてしまうものです。 ここでは、よくある「薬剤師をやめたい」という理由が職場関係にある場合の原因をいくつか紹介していきます。

よくある「薬剤師を辞めたい」理由:職場の人間関係

「薬剤師を辞めたい」と思う理由の一つとして、自分が職場になじめない状態にあることが挙げられます。例えば、同期や後から入ってきた薬剤師のほうが仕事ができれば、自然と先輩や上司はできる同期のほうが重宝し始めます。それが原因で自分はのけ者扱いをされて職場に居づらくなってしまうケースです。 このような状態になると、「自分はがんばっているのに!」と仕事が嫌になってしまい、辞めたいと思ってしまう可能性があります。人の成長速度は人それぞれですから、本来であればそんなことはあってはいけません。しかしながらそういう職場も中にはあることを理解しておきましょう。

薬剤師間だけではない職場の人間関係

職場の人間関係としては同じ薬剤師だけでなく、薬局の事務の方やスーパーの店員、店長など、薬剤師以外の方とも人間関係が原因になる可能性もあります。例えば、その薬局働いている年数が長い事務の方は、処方箋を確認して毎日薬の入力しているので、今入社した新卒の方より、よく出る薬のことや場所に関しては知っています。 そのため、「なぜ薬剤師なのに知らないの?」と事務の方が言ってきたりすると、気持ちの良いものではありません。人手不足により、指導員不足だったり、年齢層がバラバラな職場だったりすることが、人間関係が原因で辞めたいと思うことも多いのです。

よくある「薬剤師を辞めたい」理由:職場の環境

先ほども申し上げたように、薬剤師がいなければならない職場、活躍する職場がたくさんあります。仕事内容や雰囲気は人によって向き、不向きがあるので、その職場の人間関係だけでなく、環境が原因で「辞めたい」のかもしれません。 例えば、病院や調剤薬局で勤務の場合、よく処方する薬はやっているうちにある程度覚えるでしょう。しかし、近年「ジェネリック医薬品」という先発の薬に変わるものが年々増えています。そのため、今までその職場で「ジェネリック医薬品」を使っていなかったとしても、新しく導入された「ジェネリック医薬品」種類や先発の薬について覚えなければいけません。 先発の薬に対して「ジェネリック医薬品」は複数種類があるので、処方箋に書いてある薬と薬局に置いてある薬が違う場合もあり、薬によっては、廃盤になってしまう薬もあるので、その薬に変わる先発の薬までも覚えなければいけないのです。

薬局以外の職場環境も問題になりやすい

上記の職場問題に限らず、ドラッグストアやスーパーで勤務の場合だと薬の知識だけでなく、怪我をした際の包帯の巻き方や血圧計の使い方、商品の場所を把握したり、場所によっては杖やシルバーカーの使い方をお客さんに教える必要があります。 そんな理由から、調剤薬局と比べると薬剤師にも関わらずまさにサービス業となるので接客が苦手な人にとっては、働くことがストレスとなってしまうのです。このように職場の環境が自分に向いていないことが原因で辞めたいと思う可能性も大いにあるのです。

よくある「薬剤師を辞めたい」理由:職場の労働時間

次のページ:よくある薬剤師をやめたい理由/職場以外に原因がある場合
初回公開日:2017年08月26日

記載されている内容は2017年08月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング