IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

よくある薬剤師を辞めたいと思う理由|薬剤師を辞めたいと感じたミス

転職の悩み・不安

薬剤師という仕事は、病院からもらう「処方箋」の薬をもらうために、重要な仕事になります。大変な仕事のため、「辞めたい」と悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。そこで、「薬剤師を辞めたい」と思う理由や対処法についてご紹介いたします。

更新日時:

薬剤師とは

薬剤師は医療現場になくてはならない存在

風邪をひいたり、病気になったとき、身体の不調を感じたとき、誰しもが病院に足を運びます。診察後、基本的には、「処方箋」をもらって薬局へ行き薬をもらいます。今回テーマとなる「薬剤師」の仕事は、「処方箋」をもとに、薬を調剤をして、患者さんに薬の説明をして、薬を渡す仕事になります。 基本的には調剤薬局といわれる処方箋を持っていないと薬をもらえない薬局で、薬をもらいますが、病院によっては病院自体に薬剤師がいて、直接病院から薬をもらうところ(院内処方)もあります。

薬の処方は薬剤師にしかできない

薬の調剤は薬剤師しか行えないので、薬を扱うところには必ず薬剤師の方がいらっしゃいます。また、病院や調剤薬局だけでなく、ドラックストアやスーパーの薬売り場などにも、薬剤師が常勤していることが多いです。これは市販の薬でも、薬剤師の方がいないと渡せない薬があるためです。

よくある「薬剤師を辞めたい」と思う理由

よくある「薬剤師を辞めたい」と思う理由

たくさんの場所で活躍しており給与も比較的高水準だと思われる薬剤師ですが、「辞めたい」と考える人も中にはいるものです。その理由として、職場の環境が原因で辞めたいと思う方や人間関係が原因で辞めたいと思う方など、人によって「薬剤師を辞めたい」と思う理由は様々です。 ここでは、なぜ薬剤師の方たちが「辞めたい」と思うのか、その具体的な理由をいくつか挙げてみましょう。今薬剤師を辞めたいと思っている方も、これから薬剤師として仕事するうえで不安な方も、いろいろな原因をチェックしてみると未然に防げることもあるはずです。

よくある薬剤師をやめたい理由/職場に原因がある場合

やはり、どの業種でも、職場の人間関係が原因で「辞めたい」と感じるかたがたくさんいらっしゃいます。特に新卒で薬剤師になった方の場合、入社したばっかりで、わからないことが多いにも関わらず、不本意に責められたリすることもあれば、やる気が削がれるだけでなく「薬剤師を辞めたい」と感じてしまうものです。 ここでは、よくある「薬剤師をやめたい」という理由が職場関係にある場合の原因をいくつか紹介していきます。

よくある「薬剤師を辞めたい」理由:職場の人間関係

「薬剤師を辞めたい」と思う理由の一つとして、自分が職場になじめない状態にあることが挙げられます。例えば、同期や後から入ってきた薬剤師のほうが仕事ができれば、自然と先輩や上司はできる同期のほうが重宝し始めます。それが原因で自分はのけ者扱いをされて職場に居づらくなってしまうケースです。 このような状態になると、「自分はがんばっているのに!」と仕事が嫌になってしまい、辞めたいと思ってしまう可能性があります。人の成長速度は人それぞれですから、本来であればそんなことはあってはいけません。しかしながらそういう職場も中にはあることを理解しておきましょう。

薬剤師間だけではない職場の人間関係

職場の人間関係としては同じ薬剤師だけでなく、薬局の事務の方やスーパーの店員、店長など、薬剤師以外の方とも人間関係が原因になる可能性もあります。例えば、その薬局働いている年数が長い事務の方は、処方箋を確認して毎日薬の入力しているので、今入社した新卒の方より、よく出る薬のことや場所に関しては知っています。 そのため、「なぜ薬剤師なのに知らないの?」と事務の方が言ってきたりすると、気持ちの良いものではありません。人手不足により、指導員不足だったり、年齢層がバラバラな職場だったりすることが、人間関係が原因で辞めたいと思うことも多いのです。

よくある「薬剤師を辞めたい」理由:職場の環境

先ほども申し上げたように、薬剤師がいなければならない職場、活躍する職場がたくさんあります。仕事内容や雰囲気は人によって向き、不向きがあるので、その職場の人間関係だけでなく、環境が原因で「辞めたい」のかもしれません。 例えば、病院や調剤薬局で勤務の場合、よく処方する薬はやっているうちにある程度覚えるでしょう。しかし、近年「ジェネリック医薬品」という先発の薬に変わるものが年々増えています。そのため、今までその職場で「ジェネリック医薬品」を使っていなかったとしても、新しく導入された「ジェネリック医薬品」種類や先発の薬について覚えなければいけません。 先発の薬に対して「ジェネリック医薬品」は複数種類があるので、処方箋に書いてある薬と薬局に置いてある薬が違う場合もあり、薬によっては、廃盤になってしまう薬もあるので、その薬に変わる先発の薬までも覚えなければいけないのです。

薬局以外の職場環境も問題になりやすい

上記の職場問題に限らず、ドラッグストアやスーパーで勤務の場合だと薬の知識だけでなく、怪我をした際の包帯の巻き方や血圧計の使い方、商品の場所を把握したり、場所によっては杖やシルバーカーの使い方をお客さんに教える必要があります。 そんな理由から、調剤薬局と比べると薬剤師にも関わらずまさにサービス業となるので接客が苦手な人にとっては、働くことがストレスとなってしまうのです。このように職場の環境が自分に向いていないことが原因で辞めたいと思う可能性も大いにあるのです。

よくある「薬剤師を辞めたい」理由:職場の労働時間

「薬剤師を辞めたい」と思う理由の一つとして、労働時間が挙げられています。基本的に医療関係の仕事は人材不足といわれていることが多く、同様に薬剤師も人材不足とされており、これには薬剤師の方の活躍する場所が多いことも原因にあると言われています。 ドラックストアやスーパーの場合は、病院や調剤薬局に比べると営業時間が長く、土日も基本的には出勤で年中無休の場所が多いです。ということは、休みもとりづらく、他の薬剤師の方がいなければ、薬を販売することができないので働かなければならない状況になってしまいます。

薬局の労働時間

調剤薬局の場合でも、基本的には近くにある病院の営業時間と、同じように動いているので、時間はある程度決まっていますが、調剤薬局によっては、老人ホームに薬を届けることを行っています。 そのため、病院の空いていない休憩時間や病院が終わった後や病院が休みの日などに、老人ホームの薬を用意して届けているため、病院より勤務時間が長く、終わらなければ残業することもあります。 特に老人ホームなどの薬の場合は、一包化したり、粉砕する作業を行うので、より調剤するのに時間がかかり、労働時間が長くなることもあります。

薬局以外の職場の労働時間

製薬会社や研究施設で働く薬剤師の方もいます。その職場の方たちは常に薬の研究をしているので、連日残業続きだったり、泊まり込みになることも多いです。そのため、激務が続いてしまうと辞めたいと思う原因になります。 最初は人手不足ではなくて、普通に働けていたとしても、寿退社や転職などで一気に人が減ってしまったら、人手不足で代わりの薬剤師の方が来ないため、急にブラック化するという可能性もあります。そうなると、今まで働けていたとしても辞めたいと考えてしまうのです。

よくある「薬剤師を辞めたい」理由:上司や先輩の指導の問題

「薬剤師を辞めたい」と思う理由の一つとして、上司や先輩の指導の問題が原因と挙げられます。人手不足が原因で、なかなか手厚く研修をしてもらえなかったりすることが多くあるのです。 求人に「研修があります」記載されていても、最初の1週間~2週間だけある程度のやり方を教えてもらって終わりだったり、基本的に「渡した資料を確認して」とか「○○に書いてあるから」などで終わらせてしまったりする場合もあります。 教えてもらおうと上司や先輩に声をかけても、「今忙しいから」と言われたり、こちらから「何かすることありますか」と聞いても「自分で考えて」と言われることも少なくないでしょう。そうなると、いくら自分が努力していても報われないと感じ、辞めたいと思う原因になりかねません。

指導が原因でミスを連発することも

自分がミスを犯してしまっても、「なんでできないの」と叱られるだけで、どういう原因でミスしたのかわからないままにされてしまったり、大変な仕事を任されたことがないのに、急にその仕事を押し付けられてしまい、フォローがないということもあります。 ミスをして怒られなかったとしても、常にミスを推薦しているかのごとく、指導やフォローのない職場で理不尽にミスをし続けると「自分には向いていない」と感じ、辞めたいと思う原因になってしまうでしょう。

よくある「薬剤師を辞めたい」理由:給与が低い

医療関係の仕事は給料が高いと思う方もいるかもしれませんが、薬剤師は医療関係の職業ではありますが、給与が低いことも多いです。その中でも、病院勤務の薬剤師は初任給が低いのが有名です。 また、調剤薬局勤務の場合でも、初任給が高くても昇給やボーナスがあまりないということも多くあります。一緒に卒業した仲間の方が給料が高かったりすると、給料が高い職場にあこがれてしまい、いくら今の仕事にやりがいがあったとしても、今後の生活を考えると「薬剤師を辞めたい」と思う原因になってしまうのです。

よくある薬剤師をやめたい理由/職場以外に原因がある場合

よくある薬剤師をやめたい理由/職場以外に原因がある場合

よくある「薬剤師を辞めたい」理由:仕事がうまくいかない

よくある「薬剤師を辞めたい」と思う理由として、仕事がうまくいかないという自分に原因があることが挙げられます。特に新卒で入社すると、ある程度のことは学んできたとしても、薬をたくさん扱っていて覚えられない、ということもあるでしょう。 そういう職場だと周りの方もせわしなく動いていて、いくら独学で努力をしていても、隅々のことまで把握できなかったり、混乱してしまい冷静に考えればわかるのに、焦ってしまい余計にミスをしてしまうという可能性も増えてきます。 少しづつ覚えていったとしても、一度先輩や上司から「この人は仕事ができない、覚えられない」というレッテルを張られてしまうと、なかなか取れるものではありません。そうなると、仕事のやりがいも得られない状況になり辞めたいと思う原因にもなってしまうのです。

よくある「薬剤師を辞めたい」理由:自分の生活環境の変化

生活していくうえで、環境の変化はつきものです。例えば、結婚や出産、職場の移動などさまざまな環境の変化があります。職場が移動して通いづらくなってしまったり、前の職場と雰囲気が違ったりすると、「薬剤師を辞めたい」と感じてしまう原因となってしまいます。 特に今までずっと同じ職場でやってきて、急に別の職場に異動になったとなると会社の系列は同じでも扱っている薬が違えば、薬を一から覚えなおす必要があるため、そういったストレスも第一に考えられます。

薬剤師を辞めたいと感じたミス

薬剤師を辞めたいと感じたミス

人は誰しも失敗ばかりが続くと、どうしても「諦めてしまいたい」「辞めたい」という気持ちが沸いてしまいます。それは今回テーマとなっている薬剤師も同様で、失敗やミスばかりが続くと気持ちが落ち込んでしまい、そこから退職へ繋がるケースも後を絶ちません。 今回は薬剤師を辞めたいと感じるミスや、その動機、そして求められるものとは一体何なのか紹介したいと思います。

自分は薬剤師に向いていない・・・

せっかく夢だった薬剤師になることができても、そこがゴールではありません。薬剤師になったその日から、新たな人生がスタートするのです。しかし、念願の夢だった職業についたとしても、どうしても「辞めたい」と転職を考える原因の一つとしてミスが挙げられます。 例えば、元々要領の良いタイプでなかった場合、ミスを頻発することになってしまうのです。薬局で扱う科目が多ければ多いほど薬の量も増え、覚える内容も、知識も、科目数が少ない薬局に比べると数倍に膨れ上がります。

更に、要領の悪さから知識がついていかず、調剤ミスを重ねてしまい毎日のように怒られる日々を過ごすこととなってしまいます。それがストレスとなり小さい薬局に転職を試みたとしても、要領の悪さはどこに行っても変わらず、どうしてもミスが続いてしまうのです。 このように、ある一定の要領の良さがなければ、薬を扱い知識を必要とする薬剤師には向いていないと感じてしまい、「辞めたい」だけでは済まず実際に退職する結果となると言えるでしょう。

薬剤師には求められるスキルがある

「薬剤師を辞めたい」と思う人は特に新人時代に多く見受けられます。しかし、基盤となる新人時代をしっかりと固めていくことが大切であって、そのためにも新人には求められるスキルが二つあるので紹介しましょう。

新人薬剤師に求められるスキル①:知識

新人薬剤師はまだ学部を出たばかりで社会人経験がないのは当たり前です。しかし、そんな新人にも求められるスキルとして「知識」が必要となってきます。その知識は多岐にわたり、薬全般の知識だけでなく、治療、病気の知識、そして調剤知識や薬歴の書き方など実際に働きながら学んで行くことも多く含まれています。 こればかりは経験がものをいう部分もありますが、いかに要領よく覚えてうまく対処できるかが大切です。薬剤師と言っても患者さんを相手にするので、患者さんを不安にさせることだけは避けなければなりません。 だからこそ、下積み時代ともいえる新人時代は知識を一つのスキルとして持ち合わせていかなければならないのです。

新人薬剤師に求められるスキル②:調剤スキル

「薬剤師を辞めたい」と感じるミスの中には「調剤ミス」が大きく挙げられます。この調剤ミスが原因となって「薬剤師を辞めたい」と感じるということは、求められるものとして「調剤スキル」が必要となってくるのです。 調剤スキルというのは、ただ薬を調合するだけではありません。いかに正確に、いかに早く調合することが出来るかがカギとなるでしょう。新人薬剤師と先輩薬剤師の知識を比べれば、先輩の方が知識があるのは当然です。だからこそ、知識で評価するのではなく、ほとんどの人が「調剤スキル」で評価されるということです。 このことが何を指すかお分かりでしょうか。それだけ先輩の目が光っているということは、非常にミスが目立ちやすい作業だと言えるのです。

ミスが多いなら慣れる以外の基本を徹底しよう

調剤ミスが多く、そして知識も浅いとなると「自分には薬剤師は務まらない」「向いていないんだ」という錯覚に陥ることもあるでしょう。そうなってしまうと悪循環になりやすく、中々脱することが出来ずそのまま退職へ繋がってしまいます。 だからこそ、基本を徹底することで出来る限りミスを減らし、リラックスして業務に取組むことが大切だと言えるでしょう。

職場に・人に慣れよう

人間誰しも完璧にすべてをこなせる人はいません。体調が悪い時だって気分が乗らない時だってあります。先輩だからと言って必ずしもミスをしないわけではないのです。ベテラン薬剤師になってまでもミスの多い人だって大勢いるでしょう。 「ミスをしてしまった」と落ち込んだり開き直ことは時には大切です。しかしそれだけでは、いつまでたっても進歩することがありません。まずは知識を十分につけることから始めて、その職場だけでなく、働いている人に慣れていきましょう。 間違いがちなものは、先輩に尋ねて理解を深めるということも大切です。このように、職場や人に慣れていくことで張りつめていた気持ちが徐々に楽になっていくでしょう。そうすることでミスは格段と減らすことが出来るのです。

基本である振り返りを忘れないこと

職場や人に慣れるということ以外にも徹底しておきたい基本があります。それは「振り返りを忘れない」ということです。一つミスをした、二つミスをした、いくつミスをしたとしてもそれぞれに必ず原因があるはずです。 どうしてミスをしてしまったのか、どうやったらミスが起きなかったのか、今後ミスを起こさないために工夫できないか考えることが大切だと言えるでしょう。このように振り返りをすることで自然と頭にはミスが記憶されていきます。それを繰り返していくことでミスの軽減につながり、自分の自信へと繋がっていくはずです。 要領が悪い云々よりも努力でカバーできる部分もあるということを忘れてはなりません。薬剤師を辞めたいと感じるミスは「調剤ミス」が多いです。まずは自分の何が原因でミスが起きるのか考えるクセを付けていってはいかがでしょうか。

状況別の薬剤師を辞めたいと思った理由

薬剤師を辞めたいと思った理由:病院勤務の場合

病院勤務の薬剤師が「薬剤師を辞めたい」と感じた理由として『人間関係に悩まされ薄給であり激務』という点が挙げられます。病院薬剤師となると他の業種に比べ圧倒的に給料が安く、福利厚生が皆無なことも多く、6年間大学に通ったことが無駄になる気がしてしまうのです。それは『大学の延長』ともいわれるほどなのです。 また、朝から夕方までたちっぱなしで休む暇なく働きます。それでも病院内で薬剤師の立場は非常に低く、ヒエラルキーが弱いため虚無感を感じた人も少なくありません。

薬剤師を辞めたいと思った理由:公務員薬剤師の場合

公務員と聞けば響きはいいのですが、実際の公務員薬剤師となると理想と現実との差に気持ちがついていけなくなることが辞めたくなる理由として挙げられています。公務員は典型的な縦社会であり、年功序列が根付いているため、新卒入社後からずっと上に頭を下げていなければなりません。 いつまでたっても上には上がいて、その絡みも楽なものではなく給与も民間より薄給であることが辛くなってしまう原因なのです。同級生と給与を比べて落胆し、ほかの薬局やドラッグストアの待遇を羨むことも多く、わずか数年で退社してしまうことも少なくないと言えるでしょう。 このように、実際に入社してみたら『公務員は最高の職場ではなかった』という現実を見たことが薬剤師を辞めたいという気持ちに直結することになるのです。

薬剤師を辞めたいと思った理由:薬局勤務の場合

薬局勤務をしていると特に目立って辞めたい原因となってくるのが『人間関係』にあると言えるでしょう。特に薬局は薬局長一人だけ男性の場合や、全員が女性で構成されていることが多く非常に問題が起こりやすいという欠点があります。 男性の薬局長であれば、事務員と不倫関係に至ってしまったり、女性同士では言った言わないで揉めるだけでなく、お気楽に堕落した勤務態度に参ってしまうこともあるそうです。向上心があったり、会社にも自分にもプラスになるような仕事を望む人にとっては満足ができない職場であることも否めません。 そのような理由で例え給与の良い薬局であったとしても、人間関係につまづいて辞めたいと感じる人が後を絶たないと言えるでしょう。

薬剤師を辞めたいと思った理由:パートの場合

パートのように時間帯が限られた職場だと、融通を効かせてもらえないことが辞めたいと思う原因に繋がっています。子供の幼稚園の送り迎えや、小学生の子供が帰る時間までには帰宅できるようにと思って始めたパートのはずが、いつの間にか休みは取りずらくなり、時間になったら退勤するのも気にくわないと周囲の反感を買ってしまうのです。 初めの契約通りにしているだけなのに、時間区切りですぐに退勤できるパートは周囲から見ていて腹ただしい存在となってしまうのです。その状況を打破することが出来ず、次第に居心地が悪くなり薬剤師を辞めたいと思う人も少なくないようです。

薬剤師を辞めたいと思った理由:新卒の場合

新卒1年目で既に「薬剤師を辞めたい」と感じる人も多く、その原因として3つの事柄が挙げられます。まず第一に『人間関係のわずらわしさ』を感じ、第二に『理想と現実のギャップ』そして第三に『仕事が退屈』だと感じてしまうということです。 先述したように薬剤師には女性が多く、薬局や病院でも働いていいるのは女性がほとんどです。薬局長や病院の医師、他の社員たちとのウマが合わず苦痛を感じて薬剤師を辞めたいと感じてしまうのです。 せっかく入社したのにも関わらず、理想と現実の差を実感すると職場を辞めるだけでなく『薬剤師』という職業自体を諦めてしまうということでしょう。

経験年数別の薬剤師を辞めたいと思う理由と対処法

経験1年の場合

経験年数が1年未満で「薬剤師を辞めたい」と感じる原因を紹介します。実際に新卒の経験1年で「薬剤師を辞めたい」と感じる人は多くいらっしゃいます。この原因としては上記でも述べたように、薬剤師という職種の理想と現実のギャップが起因していると言えるでしょう。 どの職種にも言えることですが、薬剤師も同様にスキルや知識も経験がものを言います。入ってすぐにベテランのように仕事をこなせるわけではありません。もしも理想の仕事と違ったり、人間関係で悩んで辞めたいと思うのであれば、一度立ち止まって振り返ってみることが必要でしょう。 せっかく新卒で入社したのだから、耐える時期も必要だと考え、そこで粘るかどうかは自分次第だということです。現在の職場で自分は何が成長できるのか、何に不満を抱いているのか、今一度見つめなおすことが大切だと言えるでしょう。

経験2~3年目の場合

経験年数が2~3年目にて辞めたいと感じる理由を紹介します。新卒入社をした場合、3年以内に退職する人が多いとどの職種でも言われていますが、薬剤師も同様に、実際に転職を考えるのは2~3年内が多いようです。 新卒1年目であれば、まだ慣れないこともあるでしょう。しかし2~3年務めてくると様々なことが見えてくるのです。上司や先輩から「仕事ができない」「要領が悪い」と言われ始めるのもこの時期がとても多く、周囲との人間関係に頭を抱えてしまうのです。 また、慣れてくることで大きなミスも犯しやすくなってしまい、それが患者様からのクレームに繋がることも珍しくありません。このように自分のミスが原因で「辞めたい」と感じるならば、なぜそのようなミスに繋がったのかしっかりと状況確認を行い、2度と同じミスをしないよう追及することが必要です。

経験4~5年目の場合

経験年数が4~5年目に突入して辞めたいと感じる理由を紹介します。4~5年のキャリアとなれば、仕事もスムーズにこなし責任のある立場になっていることもあるでしょう。それでも「辞めたい」と感じる人がいる背景には『将来性を考えた結果』が一番にあります。 努めている中で『このままこの職場にいて大丈夫なのか』『5年もたつのに昇給がない』『もっとスキルアップをしたい』『結婚出産を考えて退職すべき?』という自問自答を繰り返すようになるのです。 薬剤師も5年目になれば年齢は30歳前後になっているでしょう。年齢的にも将来を見つめはじめ、人間関係や給与面、そして結婚や育児のことを考えて退職を考えるのです。薬剤師は何度か転職することでスキルを上げていく職業ともいわれています。自分自身と向き合って、今後どうしていきたいのかを明確にする必要があるでしょう。

薬剤師の6割は1年目で辞めたいと感じている

上記で年数別に『薬剤師を辞めたい』理由や対処法を紹介いたしましたが、やはり辞めたい理由として一番に多いのは、新卒1年目という入社年に『人間関係』や『理想と現実の差』が原因で辞めたいと感じていると言われます。 しかし、ここで続けるか、潔く辞めるかでその先大きな差が出てくるのは明確で、『辞めたいと思ったから辞める』では、せっかく自分で勝ち取った未来を切り開くことが出来なくなってしまうのです。 この先も『薬剤師』という職種を糧に頑張っていくのであれば、かならずしも理想通りにはいかないことを理解しなければなりません。仕事をする上での忍耐を覚え、キャリアを地道に積むこと、そして最終地点として理想とする職場を得られるよう努力しなければならないのです。

職場に原因がある場合の対処法

職場の人間関係が原因で辞めたいときの対処法

人間関係が原因で辞めたい場合の対処法として、愚痴や不平不満を同期や仲のいい友達などに話すと少しは気がまぎれるでしょう。働いている場所によっては同業種以外の人が話し相手になってくれることがあります。 他にも同じような不満を持っている方がいる可能性もあるので、自分と同じことを思っている方と共感を得られ、案外話してしまえばスッキリするかもしれません。しかしながら、この方法はあまり仲良くない人の場合だと先輩に伝わるかもしれないので注意が必要です。

職場の環境が原因で辞めたいときの対処法

薬剤師を辞めたい人の中には職場環境が原因で辞めたいと思うケースもあります。職場の環境は、チェーン店や別支店があれば上司に相談して変わる可能性もありますが、ほとんどは相談して変わる問題ではありません。人の向き、不向きに関わる問題なので、自分が変わるか、場所を変えるのが一番の対処法になります。 まだ、働いて間もなく環境が原因で辞めたいと思う場合は、もう少し働ければ慣れてくる可能性もあります。自分がその職場に向くような性格になれば辞めたいという思うより、この職場で頑張っていこうという気持ちのほうが高まるでしょう。

労働時間が原因で辞めたいときの対処法

薬剤師を辞めたいと感じる原因である労働時間ですが、人材不足の多い薬剤師では、なかなか対処しにくい問題でもあります。ですが、労働時間が原因となってうつ病になったり、ストレスが貯まったりするケースも少なくありません。 そんな時、まずは辞めたい旨を相談してみることが大事です。辞めたいという気持ちを伝えることで働き方を変えてくれる可能性もあります。もし、自分が給料より労働時間を減らしたいと思うのであれば、働き方をパートにしてもらうのも一つの方法でしょう。

仕事がうまくいかないことが原因で辞めたいときの対処法

仕事がうまくいかないことが原因で辞めたいと思う人も多いです。しかし、最初から仕事がうまくいかないのは当たり前です。それをどれだけ自分が努力しているのかが重要です。うまくいかないからといって、ミスを恐れて何もしないのは、やる気がないと取られてしまうことが多く、うまくいかなくても積極的に仕事をやろうとする姿勢が大事です。 自分で積極的に勉強してある程度の仕事ができるのであれば、「もう少し続けてみよう!」という気持ちが沸いてくるはずです。

職場以外が原因で辞めたい時の対処法

職場以外が原因で薬剤師を辞めたいと感じた時、それは自己都合であることが多いでしょう。例えば生活環境が変わってしまい、どうしても今の職場で働きにくい状態になった時の対処法としては、やはり転職するのが一番の対処法だと言えます。 生活環境は変わっているのに、無理をして仕事を続けていると健康状態にも響きやすく体調を崩してしまうことも考えられます。そのため、出来る限り自分の環境に合わせた職場へ転職することをおすすめします。

自分のミスが原因で辞めたい時の対処法

自分のミスが原因で薬剤師を辞めたい場合の対処法として、まず「なぜ自分はミスをしやすいのか」という根本的原因から追究していきましょう。一つ一つ紙に書いていくことで解決策と言うのは意外に見えてくるもので、おのずと対処法が見えてくることもあるはずです。 ミスが続いても周囲から見放されない限り成長できる環境は大いにあると言えるでしょう。そこで踏ん張るか、辞退してしまうかは自分の選択肢となるでしょう。しかし、一度そこで辞退したからと言って次の転職先でミスが無くなるかと言えばそうではありません。 「辞めたい」と思ったとき、まず根本的原因の追究を始めることは、次の転職先でもミスを減らすための対処法になっていくでしょう。

薬剤師を辞める前に自分としっかり向き合おう

「薬剤師が向いていない」と感じてしまうと、次の職場も薬剤師という考えには到らないかもしれません。ですが、「今の職場を辞めたい」だけなのに、「薬剤師を辞めたい」と思っている方もたくさんいるのです。 薬剤師という仕事を簡単にあきらめずに、薬剤師でも別の職場や働き方がある、薬剤師でも別の道があるんだということを覚えておきましょう。どうしても行き詰ってしまったとき、『辞めたい』と感じたとき、まずは一人で悩まずに周りの人に相談することも大切です。 しかし、それでも解決しない時があるでしょう。そんな時は転職を考えるのも一つの方法です。この転職は『自分のためにする』ということを忘れてはいけません。そして、あなたが持つ「薬剤師」としての、あなただけのスキルを存分に活かすことのできる場所を見つけてみてはいかがでしょうか。

今の職場に満足できない場合は、転職も考えよう!

「薬剤師」そのものの仕事が嫌いではない場合、職場環境を変えみてはいかがでしょうか。「マイナビ薬剤師」では、薬剤師の転職支援No.1の実績を持っているため、おすすめです。 今の環境にすこしでも不満があるなら、まずは相談から始めてみましょう!

関連タグ

アクセスランキング