IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

システムエンジニアにおすすめの資格|難易度や合格率

資格・検定

IT関連の資格は「国家資格」や「民間資格」で数多くあります。より、システムエンジニアの仕事をする際、どの資格を取っておけば良いのか、判断に悩みます。そもそも資格は必要なのでしょうか。それでは、システムエンジニアにおける資格について紹介します。

更新日時:

システムエンジニアになるのに資格は必要?

教師や医者等の仕事には資格が必要ですが、システムエンジニアの仕事には資格は必要ありません。実際、資格なしでシステムエンジニアの仕事をしている人も多いです。それでも、資格を持っておくと有利なことがあります。それはどのような時かを説明します。

スキル証明の役に立つ

資格を持つと、自分のスキル証明に役立ちます。例えば、顧客との仕事で初顔合わせの時は、自分の資格によって相手側の信頼を得ることができます。顧客側はシステム構築を任せて大丈夫なのかを考えており、その信頼を得る材料として有効です。 もちろん就職、特に転職に資格があると強みになります。転職時には、仕事のスキルが明確であることが大事で、その証明のひとつに資格が大きく役立ちます。求職側の求めるスキルにマッチした資格をアピールしましょう。

資格手当や奨励金がもらえる場合も

資格を取ると、給料に「資格手当」が追加される会社があります。また、合格した際に支給される「奨励金」がある会社もあります。これら報酬があるのなら、是非取っておきましょう。特に資格手当は毎月の給料に上乗せですから、効果は絶大です。昇給が難しい現代には、確実に給料を増やせる手段です。

何でも資格を取れば良いものではない

IT関連の資格を多く取得したからと言って、すべてが有利に働くとは言えません。もし資格をたくさん取得したとしても、提示する際は必要なものを厳選するようにしましょう。 関係ない資格までたくさん提示してしまうと、この人は仕事よりも資格を取ることに熱心だと判断されてしまいます。 何事も節度が大事だということです。

システムエンジニアになるのに有利な資格

システムエンジニアになるための有利な資格は、「国家資格」「ベンダー資格」の二つの種類で説明します。

国家資格

国家資格は、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が行っています。 資格は12程あり、難易度が設定されています。その難易度はレベル1から4まで用意されており、システムエンジニアを目指す場合は、レベル2の「基本情報技術者試験」があると良く、有利に働くでしょう。これらの資格の詳細は、後ほど説明します。

ベンダー資格

ベンダー資格は、ソフトウェアベンダーが用意した「民間資格」で、オラクル社の「オラクルマスター」やMicrosoft社の「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」等があります。 「オラクルマスター」は難易度で分けられた4つの資格があります。それぞれ「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」があり、順に難しくなります。まずはBronzeを取得しておきましょう。 「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」は、システムエンジニアの仕事でもオフィス製品は良く使用しますから、取っておくと有利です。最近は就職までパソコンに触れる機会も減っていますから、この資格の勉強によりオフィスを習得するのも良いでしょう。

難易度別のシステムエンジニアにおすすめの資格

先ほど紹介したように、国家資格には難易度が1~4まであります。これから、システムエンジニアに必要な資格を、難易度順に紹介します。

基本情報技術者試験 [レベル2]

「基本情報技術者試験」は、システムエンジニアに必要な資格の基本です。しかし、基本と言っても合格率は20%台であり、安易な気持ちで合格できるようなものではありません。 まずは基本情報技術者試験の資格を取り、システムエンジニアとしての最低限の素養を身に着けてください。基礎の部分ができていないと、後々無駄の多い、生産性の低い仕事をしてしまいますから、取っておきたい資格です。「基本情報技術者試験の資格は最低限必要」と考える会社もありますから、取っておきましょう。

応用情報技術者試験 [レベル3]

基本情報技術者試験に合格したら、更に上の知識が必要とされる「応用情報技術者試験」を受けることをお勧めします。これら二つの試験に合格していれば、システムエンジニアとしての基本は備わっていると判断されます。こちらも合格率は20%台であり、簡単には合格できません。特に実務経験なしでは、合格は難しいです。 就職を前に応用情報技術者試験を合格しておきたい人は、プログラミングスクールで学ぶ方法がお勧めです。お金はかかりますが、効率的に学ぶことができます。

システムアーキテクト試験[レベル4]

上流工程を任されるプロジェクトリーダーの仕事をするようになったら、欲しい資格です。この資格があれば、顧客にプロジェクトリーダーとして紹介されるときに、信頼を得ることができるでしょう。 また、プロジェクトを遂行する上で、設計、分析、取りまとめ、開発の進捗、マネージメント等、プロジェクトリーダーに要求される能力はたくさんあり、バランスが求められます。それらを確かにするために、システムアーキテクト試験の資格は是非取っておきたいものです。 合格率は10%台で取得は難しいです。十分な知識と経験が要求されますが、合格すれば自信につながるでしょう。

ネットワークスペシャリスト試験[レベル4]

現代のシステム構築において、ネットワーク技術は欠かせません。ネットワークの種類は多種に渡りますし、開発、運用、保守に関する高度な知識を必要とします。また、セキュリティに関しても十分な知識を保持しておかないと、重大な問題に発展しかねません。そのため、「ネットワークスペシャリスト試験」に合格する知識を得れば、今後のシステム構築を安全、確実なものにできるでしょう。 やはり合格率は低く、10%台です。効率良く合格を目指すのであれば、プログラミングスクールを利用するのも一つの手になります。

「マイクロソフト認定プロフェッショナル」も有効

「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」がオフィス製品中心の資格に対して、「マイクロソフト認定プロフェッショナル」はMicrosoft社の製品、テクノロジー、ソリューションを総合的に扱う資格になります。マイクロソフト認定プロフェッショナルは略して「MCP」と呼ばれます。 MCPは資格の総称であり、実際は何十種類もの試験があります。これらの試験は、5つのカテゴリと4つのレベルに区分されており、必要なものを判断できるようになっています。 [カテゴリ] 「サーバー」「デスクトップ」「アプリケーション」「データベース」「デベロッパー」 [レベル] 「マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト(MCSA)」 「マイクロソフト認定ソリューション エキスパート(MCSE)」 「マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー(MCSD)」 「マイクロソフト スペシャリスト」 でも、これだけでは良くわかりません。具体的には以下のMicrosoftのWebページで確認してください。MCPは複雑なので、すぐ容易に理解できるものではありません。

Microsoft社製品を多く扱うシステムエンジニアの方は、是非チャレンジして欲しい資格です。特にサーバーにWindowsを採用した業務システムを提供する仕事には、役立つ資格だと思います。また、全世界共通の資格でもありますので、海外にも展開する仕事の場合は、肩書きとして有効でしょう。

資格を取って、確かなシステムエンジニアを目指そう

いかがでしたか。システムエンジニアに関する資格の取得は、想像以上に難しいことが分かったと思います。そして、仕事で習得した知識だけでは、なかなか取れないものでもあります。より、資格のための勉強が必要ですが、仕事以外の時間で勉強をするのも、なかなかできないです。仕事以外の時間は、自分の時間として使いたいです。 でも、紹介した資格は、確実に仕事の役に立ちます。こういう知識を持たないまま力業でプロジェクトを遂行して、納期が遅れたり品質が悪いという事例はたくさんあります。やはり、基礎ができていないのに難しいことをすると、問題がいくつも出るものです。 確かに、資格はなくてもシステムエンジニアはできます。しかし、紹介した資格を持って、確かな知識を元にシステム構築の仕事をしてしきましょう

おすすめの「エンジニア転職サイト・エージェント」

良質な求人情報が期待できそうな、エンジニアにおすすめの転職サイト・転職エージェントランキング形式でご紹介します。 IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを中心にまとめていますので、転職を検討しているエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング