IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

システムエンジニアに資格|難易度や合格率

更新日:2020年08月14日

資格・検定

IT関連の資格は「国家資格」や「民間資格」で数多くあります。より、システムエンジニアの仕事をする際、どの資格を取っておけば良いのか、判断に悩みます。そもそも資格は必要なのでしょうか。それでは、システムエンジニアにおける資格について紹介します。

システムエンジニアになるのに資格は必要?

教師や医者等の仕事には資格が必要ですが、システムエンジニアの仕事には資格は必要ありません。実際、資格なしでシステムエンジニアの仕事をしている人も多いです。それでも、資格を持っておくと有利なことがあります。それはどのような時かを説明します。

スキル証明の役に立つ

資格を持つと、自分のスキル証明に役立ちます。例えば、顧客との仕事で初顔合わせの時は、自分の資格によって相手側の信頼を得ることができます。顧客側はシステム構築を任せて大丈夫なのかを考えており、その信頼を得る材料として有効です。 もちろん就職、特に転職に資格があると強みになります。転職時には、仕事のスキルが明確であることが大事で、その証明のひとつに資格が大きく役立ちます。求職側の求めるスキルにマッチした資格をアピールしましょう。

資格手当や奨励金がもらえる場合も

資格を取ると、給料に「資格手当」が追加される会社があります。また、合格した際に支給される「奨励金」がある会社もあります。これら報酬があるのなら、是非取っておきましょう。特に資格手当は毎月の給料に上乗せですから、効果は絶大です。昇給が難しい現代には、確実に給料を増やせる手段です。

何でも資格を取れば良いものではない

IT関連の資格を多く取得したからと言って、すべてが有利に働くとは言えません。もし資格をたくさん取得したとしても、提示する際は必要なものを厳選するようにしましょう。 関係ない資格までたくさん提示してしまうと、この人は仕事よりも資格を取ることに熱心だと判断されてしまいます。 何事も節度が大事だということです。

システムエンジニアになるのに有利な資格

システムエンジニアになるための有利な資格は、「国家資格」「ベンダー資格」の二つの種類で説明します。

国家資格

国家資格は、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が行っています。 資格は12程あり、難易度が設定されています。その難易度はレベル1から4まで用意されており、システムエンジニアを目指す場合は、レベル2の「基本情報技術者試験」があると良く、有利に働くでしょう。これらの資格の詳細は、後ほど説明します。

ベンダー資格

ベンダー資格は、ソフトウェアベンダーが用意した「民間資格」で、オラクル社の「オラクルマスター」やMicrosoft社の「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」等があります。 「オラクルマスター」は難易度で分けられた4つの資格があります。それぞれ「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」があり、順に難しくなります。まずはBronzeを取得しておきましょう。 「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」は、システムエンジニアの仕事でもオフィス製品は良く使用しますから、取っておくと有利です。最近は就職までパソコンに触れる機会も減っていますから、この資格の勉強によりオフィスを習得するのも良いでしょう。

難易度別のシステムエンジニアに資格

先ほど紹介したように、国家資格には難易度が1~4まであります。これから、システムエンジニアに必要な資格を、難易度順に紹介します。

基本情報技術者試験 [レベル2]

「基本情報技術者試験」は、システムエンジニアに必要な資格の基本です。しかし、基本と言っても合格率は20%台であり、安易な気持ちで合格できるようなものではありません。 まずは基本情報技術者試験の資格を取り、システムエンジニアとしての最低限の素養を身に着けてください。基礎の部分ができていないと、後々無駄の多い、生産性の低い仕事をしてしまいますから、取っておきたい資格です。「基本情報技術者試験の資格は最低限必要」と考える会社もありますから、取っておきましょう。

初回公開日:2017年05月23日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング