IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気工事の志望動機の書き方と例文|未経験/新卒/転職

更新日:2022年07月31日

書類選考・ES

電気工事の仕事につきたい方は多いと思います。その時に重要になってくるのが志望動機です。自分らしい電気工事に関する志望動機の記載できて書類審査も通るのであれば、良い就職活動になります。そこで具体的な志望動機の書き方のポイントをまとめてみました。

事務職における志望動機は、自分が長時間にわたって集中力を維持して正確な仕事が出来ることを表現すれば良い内容になります。無理に自分を良くみせるのではなくて、ありのままの自分を上手に表現することでPRできる志望動機を記載しましょう。営業の志望動機は、文章全面に自分のPRでも良いくらいです。営業とは、会社の商品を個人や会社にPRして販売する仕事です。その点で自分のPRが出来ない人だと思われるとマイナスです。さらに電気工事関係の営業となれば、色々な会社にいくことになります。自分のコミュニケーション能力を常に向上させる努力が必要でもあります。具体的な例としは、今まで経験してきた営業販売の経験をいかして常にノルマを意識して御社に貢献できるような営業をしたいと思い御社を志望しましたなどで良いです。

電気工事の志望動機で見られるポイント

当たり前のことですが一つとしては、誤字脱字がないかチェックされます。電気工事の仕事はミスが許されない仕事です。ミスをすれば、自分意外の人にけがをさせたりする可能性もあります。また、電気とは見えないものなので、常に確認しながら確実に業務を行う力が必要とされます。志望動機は内容も大切ですが、正確な仕事をするというイメージをもってもらう為にも誤字脱字には注意しましょう。あとは、電気工事はかなり重いツールなども持つ機会がありますので、体力には自信があるといった内容も良いです。もしくは、体は丈夫な方ですと言えば好印象です。さらに高所作業をともなった仕事では、高いところは得意ですくらいのことは言えるようにすれば良いでしょう。

採用担当者から見た志望動機とは

他の人と同じような志望動機はあまり相手にしてくれないのが、採用担当者です。自分では、良くできたと判断した志望動機でも採用担当者からすれば、他の人と同じ内容に見えることがあります。それを回避する方法としては、知り合いなどにお願いして自分の志望動機を客観的に見てもらうことです。こうすることで何がポイントであり、改善した方が良いのか見えてきます。少しずつ良い志望動機を書けるようになれば、相手にしてくれる会社も増えていくでしょう。理想的な電気工事の転職としては、自分らしい志望動機をいくつか作成して、会社に合せて志望動機を使い分けることです。そして、一つでも多くの会社の面接を受けられるようにすることが重要です。こうなれば、自分の本当の意味での理想的な会社に入社できるチャンスも広がります。

初回公開日:2017年05月10日

記載されている内容は2017年05月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング