IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気工事の志望動機の書き方と例文|未経験/新卒/転職

書類選考・ES

電気工事の仕事につきたい方は多いと思います。その時に重要になってくるのが志望動機です。自分らしい電気工事に関する志望動機の記載できて書類審査も通るのであれば、良い就職活動になります。そこで具体的な志望動機の書き方のポイントをまとめてみました。

更新日時:

電気工事の志望動機の書き方について|ポイントを抑えて採用へ

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

電気工事の志望動機の書き方

電気工事の志望動機は色々なケースで内容が異なってきます。基本的には、自分の経験や知識をいかしてどのようにしたいかによって志望動機の内容は決まってきます。経験のある方は自分の経験とその会社の電気工事の仕事内容の共通点を見つけて志望動機とすれば良いです。経験がなくても電気工事は採用する可能性がかなりあるので、未経験でも思い切った志望動機を記載することをおすすめします。大切なことは、採用担当者がこの人を採用したら、現場でどのような仕事をするのか具体的にイメージできることがポイントにってきます。その為には、会社見学や社員と話す機会があれば自分なりにその会社について分析してどのような志望動機を作成するか良く考えることです。

書いてはいけない志望動機の内容とは

あまり長すぎる内容は好まれません。簡単な内容を簡潔に記載した志望動機が良いでしょう。電気工事の場合、はっきりとものを言える人を採用したいという傾向があります。仕事の現場でもコミュニケーションをとる機会が結構あります。その際に、自分の考えをはっきりと言える人が求められます。志望動機一つであなたのイメージが決まってしまう所があるので、採用担当の気持ちになって考えることで良い志望動機が書けます。さらに、あまり自分を良く見せるような志望動機もよくないです。PRしたい気持ちは分かりますが、採用担当もプロなので、もしも嘘をついていればすぐに分かってしまうでしょう。良く考えれば、自分を良く表現する志望動機はあるものです。

電気工事の志望動機の例文

例文としては、学校や電気関係の現場で身に付けてきた知識や経験をいかして御社で電気工事の仕事をしたいと思い御社を志望しましたなどがあります。難しく書く必要はありません。このようなシンプルな内容が好まれます。また、面接で志望動機について聞かれても問題ないような内容にしましょう。あまり考えるすぎて難しい内容になると、面接の時に回答できなくなることもあります。電気工事士の志望動機も他の仕事の志望動機と同じでオリジナリティーのあるものが良いです。他に同じ会社を受けている人は沢山います。書類審査の段階で目立たない志望動機を記載すれば面接までたどり着かないでしょう。ですので、自分でも少しオーバーに感じる位の文章が丁度良いです。

志望動機を記載する際の大きなポイント

志望動機の大きなポイントとしては、この人を採用したいと採用担当者に思ってもらえるかどうかです。数多くいる志望者の中であなたを採用したいと思わせる方法とは何なのか明確にすることです。何も特徴が自分にはないと考えている人でも、視点を変えて考えれば色々と特徴やPRできる点が見つかります。例えば、こまかい作業を得意とする人であれば、自分の得意とすることを含めた内容の志望動機にすれば、採用担当者も真剣にあなたを採用するかどうか考えてくれます。こまかい作業が得意であるということは、現場で限られた時間内に様々な作業を的確にこなすことができます。この能力を現場でいかしたいので志望したと言った内容はとても良い志望動機です。

実務未経験・新卒の場合の志望動機

実務未経験者は、諦めることはないです。志望動機も自分で工夫することで相手に必ず伝わるでしょう。内容としては、今まで経験してきたことと、電気工事との接点を考えてどうしても入社したいという気持ちで志望動機を記載しましょう。例としては、以前から電気に関することに大変興味があり、独学ではありますが自分で電気工事に関する勉強をしてきました。今後引き続き勉強して仕事でいかしたいと思い志望しましたので良いです。また、新卒の場合は、その人の特徴を特に見てきます。ですので、自分のもっている経験や知識というよりかは、自分という人をどう評価してもらうかがポイントです。大切なことは、ありのままの自分を志望動機で表現することです。

未経験と新卒の志望動機の違い

大きな違いはありませんが、転職で未経験のケースは新卒と比べると違いはあります。新卒は人間性などをメインに採用担当者は見てきます。志望動機も自分を上手に表現した内容であれば良いです。転職で未経験の場合は、社会人経験があるのでその経験をどのようなかたちでいかせるかが、重要になってきます。もしも未経験であっても電気工事に近いような仕事をしていれば、色々な表現の仕方はあります。また、まったくの未経験の時は、社会人経験の中からPRできるような内容を選んで志望動機にしましょう。未経験、新卒ともにポイントになるのは、どれだけやる気があるかです。そのあたりを志望動機な中で表現できれば、書類審査も通る可能性が高くなります。

事務・営業の場合の志望動機

事務や営業に関しては、電気工事の現場の人とは志望動機は異なります。事務や営業は人とコミュニケーションをとる事が結構あります。人と話すことが好きな人は向いていると言えるでしょう。事務職では、単純な作業であっても正確に仕事が出来る人は好まれます。どのような仕事なのかによって必要とされる能力はかなり違うことになります。事務職の志望動機の例文としては、一つ一つの仕事を正確にこなし限られた時間でも品質の高い仕事を御社でしたいと思い志望しましたなどで良いでしょう。 営業は、色々な知識を身に付けて、その知識の経験を用いて客先で自分の会社をPRしなくてはいけません。社交的な性格が必要とされるのと、ある意味度胸も必要とされます。志望動機としては、御社に入社して様々なお客様と話をし、御社の売り上げに貢献したいと思い志望しましたなどで良いです。事務職、営業職ともに文系出身者が多いですが、計算が得意な方は売り上げなどを計算する際に有利になります。また、管理職などについたとしても計算能力が高い人は様々な場面で活躍する機会があります。

事務・営業の志望動機の違い

事務職における志望動機は、自分が長時間にわたって集中力を維持して正確な仕事が出来ることを表現すれば良い内容になります。無理に自分を良くみせるのではなくて、ありのままの自分を上手に表現することでPRできる志望動機を記載しましょう。営業の志望動機は、文章全面に自分のPRでも良いくらいです。営業とは、会社の商品を個人や会社にPRして販売する仕事です。その点で自分のPRが出来ない人だと思われるとマイナスです。さらに電気工事関係の営業となれば、色々な会社にいくことになります。自分のコミュニケーション能力を常に向上させる努力が必要でもあります。具体的な例としは、今まで経験してきた営業販売の経験をいかして常にノルマを意識して御社に貢献できるような営業をしたいと思い御社を志望しましたなどで良いです。

電気工事の志望動機で見られるポイント

当たり前のことですが一つとしては、誤字脱字がないかチェックされます。電気工事の仕事はミスが許されない仕事です。ミスをすれば、自分意外の人にけがをさせたりする可能性もあります。また、電気とは見えないものなので、常に確認しながら確実に業務を行う力が必要とされます。志望動機は内容も大切ですが、正確な仕事をするというイメージをもってもらう為にも誤字脱字には注意しましょう。あとは、電気工事はかなり重いツールなども持つ機会がありますので、体力には自信があるといった内容も良いです。もしくは、体は丈夫な方ですと言えば好印象です。さらに高所作業をともなった仕事では、高いところは得意ですくらいのことは言えるようにすれば良いでしょう。

採用担当者から見た志望動機とは

他の人と同じような志望動機はあまり相手にしてくれないのが、採用担当者です。自分では、良くできたと判断した志望動機でも採用担当者からすれば、他の人と同じ内容に見えることがあります。それを回避する方法としては、知り合いなどにお願いして自分の志望動機を客観的に見てもらうことです。こうすることで何がポイントであり、改善した方が良いのか見えてきます。少しずつ良い志望動機を書けるようになれば、相手にしてくれる会社も増えていくでしょう。理想的な電気工事の転職としては、自分らしい志望動機をいくつか作成して、会社に合せて志望動機を使い分けることです。そして、一つでも多くの会社の面接を受けられるようにすることが重要です。こうなれば、自分の本当の意味での理想的な会社に入社できるチャンスも広がります。

関連タグ

アクセスランキング