IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

広告代理店営業について知る|仕事内容や営業のコツ・ポイント

就活

その名前はよく聞く広告代理店営業。一般的なイメージは両極端に分かれることが多く、良いイメージでは「華やか」のようなものがありますが、マイナスのイメージでは「激務」のようなものがあります。今回は実はあまり知られていない広告代理店営業について掘り下げていきます。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

広告代理店営業の仕事内容

まずは広告代理店営業の仕事内容の確認です。広告代理店営業という職業は、いったいどのような業務を日々こなしているのでしょうか。 以下に大きく二つの業務に分けて解説を致します。

クライアントとの打ち合わせ

広告代理店営業の仕事内容を大きく二つに分けた場合の一つは「クライアントとの打ち合わせ」になります。 「営業」という文字が入っていることから、広告代理店営業はクライアントに商品のプレゼンをしたり何かを売り込んだりすることがあると思われがちですが、そうではありません。むしろクライアントと一緒の立場となって、プロジェクトについての打ち合わせを行い、同じ目標に向かって共に歩んで行くイメージが近いと言えます。

打ち合わせ内容を持ち帰りプロジェクトを進行する

そして広告代理店営業の仕事内容を大きく二つに分けたときのもう一つは「自社でのプロジェクトの進行」になります。 これもまた「営業」という文字の入る広告代理店営業の、一般的に知られていない業務の一つです。さらに、プロジェクトの進行といってもただの進行役ではなく、仕切りの役割を担うのが広告代理店営業となります。ですので必要なメンバーの選定や調整、スケージュール作成からその他にも色々な仕事をこなしていかなくてはなりません。

営業方法と営業のコツ

ここまでは広告代理店営業という職業の「営業」という部分が、一般的な営業と異なるということをご紹介致しました。 ではその特別な営業は、どのような方法で行われていくのでしょうか。また営業をするうえではどのようなコツがあるのでしょうか。

営業方法

先でご紹介した通り、広告代理店営業の営業は一般の営業職とは異なり「営業」といっても大きく二つの業務に分かれます。では、それらを含めた営業はどのような方法で進められていくのでしょうか。 まずは先の「クライアントとの打ち合わせ」です。これによって期限を含めたスケジュール・広告対象・広告媒体・予算などを明確にしていきます。 次に、打ち合わせ内容を持ち帰りプロジェクトを構成・進行していきます。このプロジェクトにおいては先の通り、営業が仕切りの役割を果たしてメンバー選考なども行っていきます。 そして今後はクライアントと広告代理店とのやり取りの仲介役としてさらにプロジェクトを進行していくのが一通りの営業方法と言えます。

営業のコツ

では、広告代理店営業を行っていくうえでコツはどのような部分にあるのでしょうか。それをここでは解説致します。 まず広告代理店営業のコツを大まかに言うと「二つの立場をよく理解する」ことであると言えます。このときの二つの立場とは「クライアント側」と「広告代理店側」のことです。では詳しく解説していきます。 広告代理店営業がプロジェクトを進行する際に気をつけねばならないことは数多くあります。ですがクライアント側と広告代理店側の「双方にとっての利益の最大化」を考えた場合、大きく見ると気をつけねばならないことは「アイデア」「予算」「期限」という部分になります。 ではそれらをクリアするためには何が必要かというと「双方の立場の理解」となり、それがコツと言えます。 なぜそれが上記の三つをクリアするためのコツかというと、深く立ち入らなければわからない・動かないことが、それらに強い影響を持つことが多いからです。ですので、双方にとって「身内の人間」と強く認識してもらうことが初期の目標にもなります。 このコツをしっかり取り入れることができれば、広告代理店営業は双方それぞれの立場を併せ持ってプロジェクトを円滑に、大胆に成功させやすくなります。

給料や年収は?

ここまでで広告代理店営業という職業が普段どのような仕事をしているのか、ということをご紹介致しました。 では次に、その広告代理店営業の給料や年収はどのくらいなのかを確認していきます。

刻々代理店営業の年収はどのくらいか

気になる広告代理店営業の年収についてです。 広告代理店営業といっても、クライアントの主な業種や取り扱う媒体等によって年収は変わってきますし、業界最大手、大手、中小規模といった企業の大きさによっても変わってきます。 しかし、多くの口コミやランキング、統計から判断するに広告代理店営業の年収は二十代の内に「平均500万円台中頃以上」であることが多いようです。そして三十代、四十代と年代が上がるにつれて年収も「平均600万円台中頃以上」が多くなっていくようです。 しかし業界最大手などの広告代理店営業ともなると年収が「1,000万円以上」となることもあるようです。つまり、広告代理店営業の年収は一括りで言えないものの、平均年収は全業種の中でも平均以上ということが言えます。 また、広告代理店営業の月収を上記の広告代理店営業の年収から考えるに、月収は20台の内に「平均20万円台中頃以上」となります。そして年代が上がるにつれて「平均30万円台中頃以上」「平均40万円台中頃以上」と上がっていくようです。

就職・転職事情

広告代理店営業の業務内容や給与についてのある程度の解説をしてきましたが、次は就職事情と転職事情を確認していきましょう。

就職事情

広告代理店営業の就職事情についてです。 営業問わず、広告代理店業界は入れ替わりが激しいとされています。しかし入れ替わりが激しいということは一般に閉ざされた職業ではないことを示しています。つまり就職に関して言うならチャンスはあるということです。 また、先の広告代理店営業の業務内容などから、求められる人材をある程度絞り込むことが可能になります。 絶対的に必要なものは「応対力・コミュニケーション能力」です。様々なクライアントや広告・その他業界の人間とコミュニケーションをただとるだけではなく、前述の通りよく理解することが必須です。 その他にも、プロジェクトを予算や期限も含めて仕切ることのできると判断されるような根拠のある経験・考えがあることも必須となります。

転職事情

続いては広告代理店営業の転職事情になります。 前述の通り広告代理店業界では入れ替わりが激しいと言われ、また役職も多岐に渡ることから同業種への転職も珍しいことではなく、さらに技術職含めた異業種からの転職も多く有ります。 広告代理店営業の場合、プロジェクトに関わる様々な役職のことを理解しているということも有り、同業種への転職も有利に進みます。また異業種であっても、多くのクライアントと仕事をした経験などから様々な業界に詳しくよく理解しているという面があれば転職は有利に進みます。 広告代理店営業でしっかり働けているようであれば、あまりにも敷居の高い企業でなければ転職も不利にはなり辛いと考えられます。

広告代理店営業の仕事は激務?

広告代理店営業は、基本的に激務であると考えて頂いて差し支え有りません。 これも広告代理店業界の入れ替わりが激しいと言われる要因の一つです。暗黙の了解で就業時間に関係なく働き、残業代も都合の良い仕組みで支払われないという企業も多いようです。 さらにクライアント側の都合と広告代理店側の都合、多くの人間の都合などの把握と対応・処理には大きなストレスが伴うようです。 しかし「そういうものであるし、それだけやりがいもある」と考え前向きに働く人が多いことも事実です。他の業種と比較するのではなく、自分の目的にとって相応しいと考えられれば、一般的には激務だとしても普通のこととなりえます。

広告代理店営業について

広告代理店営業についてのまとめを、良い点と悪い点に分けてポイントをピックアップ致しました。

良いポイント

・仕事の結果が形となって世に出る ・今後のキャリアも比較的に柔軟 ・給与は平均よりも高いことが多い

悪いポイント

・一般的に「激務」と呼ばれるお仕事 ・プロジェクトを仕切るため、責任が比較的に大きい

大変な仕事ができた後の達成感は限りない

以上で述べた通り、この広告代理店営業の仕事内容は激務になります。営業方法によってはうまくいかないことも多々ありますので、強い心持ちと学ぶ力が大切になります。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング