IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

院内SEの仕事内容や年収は?|院内SEへ転職する方法・志望動機の書き方

更新日:2020年11月08日

ビジネスマナー

院内SEという職業はご存知でしょうか。SE職には様々な種類があり、その中の一つに病院内で働く院内SEというものがあります。院内SEは存在こそあまり知られていませんが、医療業界に欠かせない仕事でもあります。今回は院内SEについてご紹介します。

院内SEの転職・求人サイトは?

院内SEに転職するなら転職先となる病院を見つける必要があります。院内SEの募集を出している病院を知るにはSE職に特化した転職・求人サイトなどを参考にするといいでしょう。SE職は専門職ですし、院内SEも同様に専門職ですので、一般の求人サイトでは見つからない場合があります。SE職に特化したサイトを利用して、自分の希望に合った職場を探しましょう。

リクナビNEXT

院内SEへの転職でお勧めのサイトはリクナビNEXTです。リクナビNEXTは掲載企業数も多く、募集の少ない院内SEであっても仕事を見つけることが出来ます。転職先を検索する際に様々な条件を付けることができ、職種を社内SE、業種を医療福祉関連に絞れば院内SEだけを絞り込んで表示させることが出来ます。 年収や勤務地などその他の条件も加えて検索することが出来ますので、院内SEの仕事を探すならお勧めのサイトだと言えます。

院内SEとして成長しよう

院内SEの仕事内容や年収、院内SEへ転職する方法、志望動機の書き方やお勧めの転職・求人サイトなどを紹介しましたが、医者や看護師以外でも医療業界で働くことは可能であり、医療業界において院内SEは欠かせない仕事です。 病院でもネット環境を使って仕事をするのが当たり前となり、患者の情報を管理する電子カルテがあれば、ネット環境を通じて稼働している医療機器もあります。それらのシステムがダウンし、ネット環境が使えなくなれば現場は混乱しますし、現場の混乱は医療業界では人命に関わることもあります。 人の命を救うのは医者や看護師だけではありません。院内SEも命を救うのに一役買っていますので、憧れの医療業界を目指し、院内SEとして成長していきましょう。

初回公開日:2017年09月05日

記載されている内容は2017年09月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング