IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アセットマネジメントへの転職方法|転職サイト/面接内容/志望動機例

職種研究

アセットマネジメントへ転職をしようと思っても、どうしたらいいのか分からない。そんなことはありませんか?未経験からのアセットマネジメントの転職からアセットマネジメントに必要なスキル、志望動機など、転職に必要なノウハウをご紹介します。

更新日時:

アセットマネジメントの転職方法

アセットマネジメントと聞くと魅力的に感じる方も多いのではないでしょうか。しかし、アセットマネジメントに転職するにはどうしたらいいのでしょうか。アセットマネジメントとは一体どんな仕事なのか、未経験からでもできる仕事なのか、気になる転職、仕事情報をお伝えいたします。

アセットマネジメントとは?

アセットマネジメントとは色々な資産の管理と運用を担当する仕事を指します。元は金融資産や個人や企業の不動産などのリスク資産を管理するビジネスタイプとして開発されましたが、最近では道路、橋など、公共資産の運用になっています。 不動産業界においては、投資用不動産を投資家に代行することによって管理と運用という業務形態を指しています。アセットは英語で資産を表し、マネジメントは管理と運用の意味を持ちます。つまり、資産に関して管理や運営をする人のことです。 簡単にいってしまえば、アセットマネジメントは会社の家計簿がしっかり付けられるような人が向いている仕事ともいえるでしょう。そのため、未経験でもしっかりと勉強して知識や技能を身につけられるようになれば、アセットマネージャーへの転職も見えてくるはずです。

アセットマネジメントの仕事内容

アセットマネジメントの仕事は大きく3つに分かれています。どんな部分を担当するのかによって転職でも変わってきます。運用部門なのかそれとも営業部門、ミドル・バック部門なのか、いずれかに就くのが一般的です。

運営部門とは

運営部門はアセットマネジメントでは多いでしょう。ファンド・マネージャーやポートフォリオ・マネジャー、エコノミスト、トレーダーなど各担当など多くの役割を担うことになります。どんな部分を運用するのかも、会社によって異なってきますので、臨機応変に対応していきたい点です。

営業部門とは

アセットマネジメント会社の営業部門は、一般にクライアントサービスと呼ばれていて、個人から金融機関、事業会社、年金基金、海外の機関投資家まで幅広いサービスを提供しています。 そのうち「機関投資家向け販売」と「投資信託販売」に大きく分かれています。

投資信託の販売は、主に証券会社や銀行などの金融機関を通じた個人投資家向けの資産運用サービスを提供しています。そして顧客のニーズを満たす商品や提案などを開発し、市場情報と投資信託の月次および週次の運用を報告し、業績開示の準備と提供を行っていることがほとんどです。 必要に応じてセミナーを開催して、セールスコンタクトのある銀行、証券会社の勉強会を行うことがあります。

そして機関投資家向けには、年金制度および運用目標に対応する資産管理サービスを、公的や私的年金、金融機関を含む幅広い顧客に展開しています。投資信託販売と同様に、顧客へのオペレーションレポートを作成、説明します。市場動向や外国投資家の動向などの情報を提供しています。 年金やコンサルティング会社のマーケティング活動もしています。

ミドル・バックとは

ミドルバックオフィスの主な業務内容には、さまざまな契約処理、現金管理、残高管理、権利保全、資金管理、信託銀行によるデータチェック検証などがあります。一般的には企業の内部の情報を元に金融商品などの運用や管理など、営業の戦略をたてたり、提案したりすることが主な仕事です。ミドルオフィスはフロントと近いため、金融知識など知識が要求されますが、反対にバックオフィスの場合は、クライアントと近いため、書類や決済などの作成に応じることが多いです。

アセットマネジメントに必要なスキル

アセットマネジメントに求められるスキルや人物像は、各仕事によって大きく変わってきます。各仕事に共通していることは、アセットマネジメント業界への理解を深め、業界の形態など理解することが求めます。 もし、アセットマネジメントに転職がしたい場合は、アセットマネジメントについての勉強を良くすることがアセットマネジメントへの転職への道となるでしょう。

またアセットマネジメントに必要なスキルとしては、計画性や運用性、管理の仕方がしっかりできるかどうかが大きなカギだということです。やはり、計画性のないお金の運用や管理ができていないような家計では、いつか破綻してしまいますし、毎月のやりくりが大変になってしまいます。家計で例えましたが、会社の資産や財産もお金なので、家計簿がしっかり付けられるような人がアセットマネジメントには向いています。

未経験からのアセットマネジメント転職

アセットマネジメントは未経験でもなれるものなのでしょうか。さきほども、アセットマネジメントに必要なスキルとしては、未経験でアセットマネジメントの転職をする場合、アセットマネジメント業界を理解することが必要です。

他業界からアセットマネジメントに転職をするならまずはアセットマネジメントについての勉強をしっかりとすることが、未経験からのスタートでしょう。

アセットマネジメント転職に強いサイト・エージェント

アセットマネジメントの転職を考えているのなら、求人を探して未経験者を募集しているところを探すのも1つの手です。いくつか転職に強いサイトをご紹介しましょう。

上記で紹介した求人サイト以外にもアセットマネジメントの求人は多数あるので、ぜひ探してみて下さい。意外と一般の企業のホームページなどでも掲載されています。細かくチェックして自分に合う会社に転職、または就職しましょう。

アセットマネジメント転職の面接内容と志望動機例

さて、アセットマネジメントに転職したいけど、志望動機はどう書いたらいいのか分からない。面接の内容もどんなことを聞かれるのか気になります。そこで、アセットマネジメントの志望動機の例と面接の内容についても解説していきます。

アセットマネジメントの志望動機例

「私がアセットマネジメントという業界に興味を持ったのは、金融業界を回りながら金融業界に参入したいと思ったからです。 それは『人々が所有する財産と資産をいかに効率よく運用できるのか?』との結論に達しました。この業界では様々な資産や財産を扱うことになります。 私としては、多くの人にもっと効率の良い財産の扱い方を提案したいと考えております。人々の財産と資産の良いところを見つけ、それらを活かした活用方法は人々を幸せにできると思うからです。人々の幸せの為に精一杯頑張らせていただきます。」

<解説>

資産も財産も持っていてはただの、持ち腐れになってしまうので、人々を幸せにできるような資産運用と管理を実現したいと宣言しているところがやる気に満ち溢れていることに印象を持ちます。必ずしも、こう書けばいいというものではなく、自分だったら資産と財産をどのように運用し、管理するのかを書くと、アセットマネジメントがいかに計画性が必要なのかが見えてくるはずです。

アセットマネジメントの面接内容

アセットマネジメントの面接内容は、会社にもよりますが、グループ面接が多いです。面接官が提出したESに沿ってそれぞれ質問をしてきます。また、志望者同士での質問をお互いにしたり、面接官への質問を志望者側からするようです。アセットマネジメントは情報交換も重要なスキルの1つです。 複数人で行われるグループ面接は、蹴落とされたり、蹴落としたりのかなり生き残りの難しい面接形態なので、入念な対策を練っておくといいでしょう。アセットマネジメントを面接で受けた方によると、「自己紹介は簡潔かつ印象的に」「質疑応答は簡単かつ気になることをちゃんと聞く」という攻略です。確かに、グループ面接は時間も限られているので、のんびり自己紹介はしていられないですし、いかに面接官へのアピールを印象づけられるかが大きなカギになってきます。

アセットマネジメントは勉強次第で未経験でも目指せる!

いかがでしたでしょうか?細かく説明すればするほど、こんがらがる話ですが、アセットマネジメントは会社の資産や財産を運営し、管理する大切な職種です。やはり、資産と財産の運用計画がないと会社はなりたちませんし、個人でも余っている資産や放置している財産を使わないのはもったいない、と考えている人もいるかもしれません。 アセットマネジメントという職種は業界自体に興味さえもっていれば、例え他の職種から転職をしたとしても、アセットマネジメントの知識や技術などの勉強をすることによって、未経験であっても目指せることもわかりました。求人も多数のWebサイトや会社から出ているため、今後の業界的にもニーズの高い職種だといえるでしょう。

最後に気になるアセットマネージャーの給料についてですが、部門ごとに違うので、転職する部門も多少は考えたほうが良いでしょう。全体的な年収としては、600万~1200万ほどで、月額にして30万ほどとかなり高い収入が期待できそうです。 年々キャリアを積むことによって1200万まで達することも可能なので、頑張り次第では自らの財産や資産を運用できるようなアセットマネージャーになることも可能かもしれません。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング