IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アナウンサーへの志望動機の書き方と例文・求められるスキル

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

アナウンサーに憧れている方は数多くいますが、その分だけライバルも多く、厳しい競争に勝たないといけません。この記事では、アナウンサーの志望動機の書き方や例文、面接をする時の志望動機で見られているポイント等を解説していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

アナウンサーに求められる能力

面接などで自己アピールをする為にも、志望動機を書く際にも、自身の持っている能力はどのようなものがあるのか、アナウンサーに求められる能力はどのようなものがあるのか等を知っておいた方が良いでしょう。更にその能力を磨く方法についても記載しておきます。ちなみに、アナウンサーとなる為に絶対必要な能力というものはあっても、資格については特になく、強いてあげるとすれば大学卒業、もしくは大学卒業見込みであること程度です。

能力の一例 ~立ち居振る舞い~

・好感を持たれる見た目 身だしなみがきちんとしている、清潔感がある等。 ・姿勢 歩き方や立ち方、座り方等の姿勢が綺麗。 ・話し方にまつわるもの全般 滑舌の良さや声の大きさ、聞き取りやすい抑揚のつけ方やイントネーション等。

能力の一例 ~一般知識やビジネスマナー~

・一般知識 政治や経済、文化に社会・国際情勢、国語、表現能力等) ・ビジネスマナー あらゆる企業に通じる、一般的な仕事上で必要とされるマナー

能力の一例 ~精神面~

・感情のコントロール どのような場面でも取り乱さず、感情を抑える事が出来る ・マネージメント能力 トラブルやとっさの出来事に対して、冷静に対処する ・コミュニケーション能力 現場やスタジオ内等、円滑に仕事を進める事が出来る

能力を磨く方法 ~アナウンススクール~

アナウンサーに必要な知識や技術を勉強したい、今ある能力に磨きをかけたいという方は、アナウンススクールというものがあります。当たり前の事ながらお金はかかります。しかし、それ相応の見返りが得られるので、興味がある方は検討してみるのもいいのではないでしょうか。

能力を磨く方法 ~現役の人と話す~

他に能力を伸ばす方法としては、現役アナウンサーの方と話しをするです。こちらはちょっと難しいかもしれませんが、そのような素晴らしい機会に恵まれた際には、積極的に参加して聞きたい事や疑問に思う事などを、失礼のない範囲で聞いておきましょう。 そんなの場合に備えて、質問や疑問をまとめたリストを小さいメモ等に書いて持ち歩くのも良いかもしれません。チャンスがいつ訪れるのかは誰にも分かりませんし、そうする事で就活をしている内にいつの間にか自己解決してしまったという場合もありえますのでお勧めです。

アナウンサーの志望動機の書き方

志望動機に書く内容は、人によって様々だと思います。自分の価値観や考え方、これまでに経験した事や有している能力、会社やアナウンサーという職業に対して思っている事等々、書こうと思えばもっともっと沢山あふれ出るように湧き出してくる事でしょう。 しかし、書きたいと思う内容があっても相手にきちんと伝わるように、そして採用したいと思ってもらえるように文章を構成しようとすると、途端に筆が止まってしまいませんか?もしくは、その逆で相手に伝わりやすい文章を書く事は出来るけれど、いまいち書く内容が決まらないといった場合もあるかもしれません。 アナウンサーになりたいから志望動機を書こうとしているのは皆さん同じだと思います。しかし、「採用してほしい」「どういった志望動機ならば採用しようと思ってくれるのか」という気持ちが強いとついつい、あれもこれもと色々な要素を詰め込み過ぎてしまったり、言葉を選びすぎて極端に短い文章の志望動機となってしまったりという風に、自分でもあまり納得のいかない志望動機しか書けないといった方も大勢いらっしゃる事でしょう。 ここでは、志望動機の書き方をいくつかのポイントに絞って、お伝えしようかと思います。もしも、志望動機を書く事について悩んでいるのでしたら、こちらのポイントを踏まえた上で書いてみて下さい。もしくは既に志望動機を完成させているけれど、出来上がりに不満があるという場合も、更に改良を加えてより完成度を高めるという意味で参考にしていただけましたら幸いです。

自己分析

次のページ:アナウンサーの志望動機の例文
初回公開日:2017年05月12日

記載されている内容は2017年05月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング