IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

技術職の転職方法とコツ|技術職の転職は難しい?

職種研究

技術職への転職は資格や技術が必要とされ難しいと思われていますが、そんなことはありません。大事なことは技術職に転職する目的を明確にすると同時に、最後まであきらめずに挑戦することです。技術職へ転職したい人に是非参考にしてもらえるようコツや考え方をまとめてみました。

更新日時:

技術職とは?

技術職とは?

転職したい技術職といっても、いろいろな技術職があり内容も違います。技術職は一般的に4つに分けることができますが、転職には技術職でも自分はどれに該当するのか確認し、その技術職に合わせた転職情報を収集し採用条件に適合できるよう十分な準備をする必要がありますので、技術職の違いと内容について紹介します。

研究職

企業において製品の基礎となる材料や技術自体を作る仕事を行うのが研究職です。研究職はさらに基礎研究と応用研究の2つに分けられます。基礎研究は未知の領域を開拓し、新材料や新技術を実用化へと進める仕事で、応用研究は基礎研究で得られた材料や技術を製品化していく仕事です。 しかし企業によっては基礎研究から応用研究までを通して担当することもあり、また大企業のように組織が大きくない企業では開発も含め研究職と表現している企業や開発までを含め研究開発職と表現している企業もあります。

開発・設計職

開発・設計職の開発は顧客のニースを実現するために技術的に解決できていない問題に取り組み、開発である程度具体化されたものを安定した品質でコストを抑えながら製品化できるように設計まで行う一連の流れがある仕事です。 開発・設計職は顧客情報などから自由にアイデアを発想できる柔軟性と、アイデアを顧客に満足して利用してもらえる形にする確実性を求められ高度な専門性があります。また開発・設計職は研究職と違い社員同士で検討しながら展開していくのでコミュニケーション能力も必要となります。

生産技術職

製造業における生産技術職とは、企業内で研究・開発・設計などにより製品化が決まった商品の品質を保ちながらコストを抑え短期間で効率よく量産できるようにする生産体制を築く仕事です。 そのためには現状の生産ラインの見直しによる工夫改善や必要によっては新規生産ラインの立ち上げや工場の増設・新設、さらに人員の配置計画など多角的な視点をもち、稼働テストを実施しながら改良を加え生産効率アップを実現する仕事です。

建設関連技術職

建設関連は企業の規模などにもより建設関連技術職として担当する内容が大きく違うと同時に、建設関連とした場合には現場作業を中心に行う土木系と土木系の仕事が終わった後に担当する建築系とに分けられ、その技術職の内容も違います。 企業としても土木や建築が独立している場合や、大規模な建設工事を請け負うゼネコンと呼ばれる企業では両方を併せ持っています。 またゼネコンの技術職でも設計と施工が分かれており設計は建設する前の建物のデザインやレイアウトを担当する他に工事のスケジュール管理や現場管理を中心に担当します。建設現場で設計通り工事を進めるのが施行です。 現場で実際に工事を行うのは下請け企業がほとんどです。下請け企業の技術としては木工事・とび・左官・板金・金物・塗装・内装工事などの職別工事や電気・ガス・水道・冷暖房などの設備工事、またコンクリート打設など躯体工事関連など技術職としての種類はたくさんあります。

技術職の転職方法とコツ

技術職の転職方法とコツ

技術職への転職方法のコツは仕事をしている現場を見ることです。技術職の転職方法には技術職としての具体的な仕事内容を理解することがスタートです。仕事の具体的な内容や現実を理解せずイメージだけで決めてしまうと現実とイメージのギャップが生じ結局は長続きせず、また転職先を探すということになりかねません。 技術職への転職するコツは特別なことではなく技術職の内容や現実をよく理解し、本当に自分がやりたい仕事であり、求められるスキルや資格など条件を満たしているのか、年齢や体力的に継続してやっていく自信や熱意があるかどうか現場を見学し話を聞き判断することです。現場の見学など無理と思ったらそれまでで、本気であれば見学できる方法は見つけられます。

技術職に必要とされる資格

技術職に必要とされる資格

技術職といっても企業の事業内容により理系・工学系、化学系・生物系、薬学系・建設系など様々な分野にあります。また企業によっては求める人材として系の中でも専門性の高いスキルや資格、また経験を持った人物や採用に時間がかかっても必要なスキルや資格を持っている人物が求められることがあります。 技術職として転職する場合のコツの一つとして求人情報から必要とされる条件を早くクリアさせることです。条件にあるスキルや資格を十分にチェックし、必要なスキルや資格がないときには転職時期を延ばしても必要な条件をクリアさせることです。そのためにも早くてチェックしチャンスを逃がさないことです。

アピールできる職務経歴書

技術職で転職するために必要なコツの一つに職務経歴書の書き方があります。職務経歴書には単なる技術者として持っているスキルや資格だけでなく、それらを含めていかにアピールすることができるかです。 転職では面接の前に応募書類である職務経歴書が十分にチェックされます。作成の仕方によってはいくら高度なスキルや資格を持っていても面接まで進めないこともあります。 そうならないようにするため職務経歴書には関わったプロジェクトの具体的なポジションや期間、達成までのアピールできる内容、また上司や同僚と仕事を完結させた達成感や協調性などを表現し、それらの経験から転職目的を明確にするとともに、セールスポイントを整理し、転職先の技術職として何をしたいのかを熱意や意欲をしっかりアピールできるようにすることです。

転職先の求める技術職とマッチング

技術職として転職する場合に大事なコツがあります。それは転職先の技術職が自分の希望している技術職と合っているか、少なくてもベクトルがあっているか事前にマッチングさせることです。 高いスキルや資格、またプロジェクトなどで成果を出せたとしても、転職先が求める技術職の内容と違えば採用までは困難になり、たとえ転職できてもギャップがでます。 転職先の求人条件などがこれまで積み重ねてきた経験が活かせるかどうかマッチングさせ見極める必要があります。マッチングさせ十分可能性があることが分かれば、転職先が検討している採用条件に合わせ職務経歴書に自分がどのように貢献できそうか等力強くアピールできる内容に作成することができます。技術職として転職する時のコツの一つとして転職先の求める技術職とマッチングさせることが大切です。

経験年数も大事

技術者として転職するためのコツの一つとして職務経歴書などに記入する経験年数があります。経験年数は長いほうが採用したあとに即戦力として、実力を発揮してくれるだろうと期待されますが、本当に実力が期待できる年齢や経験年数であるかチェックされます。 経験年数が長くなりすぎて応募条件の年齢で切られることもあります。また短期間で転職回数が多いと実務経験年数として不利になることもあります。 技術者としてやりたいことや転職先希望先が具体的になっている場合には35歳まで転職できるように目標をスケジュール化し実績やスキルを高めることも技術職として転職する時考えるコツの一つになります。

技術職の転職は難しい?

技術職の転職は難しい?

たくさんある職種の中でも一般的にスキルや資格など必要とする技術職への転職は難しいと言われていますが、決してそんなことはありません。文系の人でも技術職への転職で成功している人はたくさんいます。企業としても技術を発展させるためにもあえて文系の人材を加え視野を広げ斬新なアイデアを取り入れ企業を活性化しようとしています。 技術職の転職は難しいと偏見を持たず、自分の思いを技術に取り入れ企業の発展のために貢献したいという熱い思いを企業にアピールできるようにスケジュールを立てて挑戦することです。

技術職に求められる人物像は特別な人でない

技術職に求められる人物像は特別な人でなく、どこにでも共通することです。 技術職というとスキルや資格がないと無理、転職年齢は35歳が限界、建築系や工学系また機械系や薬学系などの出身でないと無理でさらに体力や忍耐力も求められ、さらに真面目で堅物的なイメージが一般的になり誤解されています。 中にはそのような人物もいるでしょうが決してそればかりではなく文系出身で明るく快活で、斬新なアイデアを形に変えようとする熱意や意欲をもち協調性も十分にある人物、これは技術職だけでなくどのような職種でも求められる人物像です。 技術職への転職は特別な人物像ではないということを理解し、また難しいと決めつけるのではなく自分がやりたい技術職へ年齢や資格などで諦めずに挑戦する意欲を持つことが大事です。

資格がなくても最低限必要な心構え

資格がないから転職は難しいと考えず、資格がなくても最低限必要な心構えがあれば技術職への転職できるチャンスがでてきます。 技術職に求められることに資格よりも技術職としての仕事に対する取組み姿勢や仕事の進め方です。資格がなくても最低限技術者として、自分の担当部分は途中経過を1つ1つ記録に残し、担当チームとして過去のデータなど参考にしながら議論し、検証を行い新しい結論が出るようにすることです。 そのためにはデータを改ざんするようなことがなくデータに対する信頼性があり、技術職として良い結果を出すための忍耐力や向上心をもち、データや書類の管理などが適正に行える几帳面さや、チームからの信頼性を得られるように心がけることが、資格がなくても転職で受け入れられる最低限必要な心構えになります。

前職の雇用形態

前職の雇用形態

技術職での転職には前職での雇用形態が影響し難しいと思われることがあります。前職で一つのテーマをチームとして取り組んでいるとき、チームの中で技術職として正社員なのか派遣や嘱託職員なのかで判断されることがあります。 例えば派遣や嘱託職員であっても転職の場合にはアピール材料として正社員と対等に議論を重ね、正社員に負けない成果を出していることを具体的に説明でき、正社員を希望しても会社の事情でなれない等の理由で、さらなるやりがいを求め転職を決意したなど熱意を込めてアピールできれば前職が正社員でなくても採用されるチャンスがあります。

技術職の転職年齢

技術職として転職する場合、年齢から難しいと思うことがあります。年齢的にはこれまでの経験と違った未経験の技術職への転職の場合は経験を積み重ね実績を出せるまでには年数もかかりますので若ければ若い方が有利です。 一般的に転職がしやすい年齢は25歳~35歳と言われていますが特殊な技術や経験、海外での貴重な経験などを持っている人の転職は年齢に関係なくチャンスがあります。場合によっては60歳以上でも技術顧問などで迎えられることがあります。技術職の転職年齢にこだわらず自分でチャンスを得るために積極的に挑戦していく強い意志が必要です。

転職回数の影響

技術職として転職する場合、転職回数が多く難しいと思うことがあります。転職では転職回数ではなく前職での経験や実績が評価され採用されることが多いです。 内容にもよりますが経験や実績は短期間で得られることは少なく転職回数が多いということは本当に前職の経験や実績が活用できるかどうか、前職でのコミュニケーション能力はどうだったのか人間関係のトラブルなどで技術職を続けられず転職しようとしているのではないかなどの疑問がでます。 また転職先で採用しても社員と協調性を持ち落ち着いて技術職ができるのかどうか、また途中で辞めるのではないか等不安がありますので、転職回数が多い人はそれらの不安を払しょくできるだけの熱意とアピールが必要になります。

未経験でも技術職へ転職は可能?

未経験でも技術職へ転職は可能?

未経験でも技術職への転職は可能です。技術職は担当する内容にもよりますが一般的に勤務時間も長く体力が必要とされ未経験者には技術職への転職は難しいと言われています。そのため技術職への転職は35歳までと年齢の限界説があるくらいです。 まして転職は即戦力となれる経験者が有利になり、未経験者は不利になることはやむを得ない部分もあります。しかし未経験者にも技術職への可能性は十分にあります、あなたがどこまで可能性を真剣に考え挑戦する気持ちが強いかで大きく変わります。

未経験で技術職への転職は足元にあり

未経験でも技術職の仕事は意外と足元にあります。もし同じ企業の中に技術部門があり仕事の内容なども理解でき、あのような仕事をしたいと常々考えていた場合などには他の会社への転職ではなく企業内での異動で技術職の仕事ができる可能性があります。 同じ企業である場合には上司や人事担当者にしっかりした理由と熱意を示すことが大事です。企業でも社内に技術職を知っており強い希望を持っている社員がいることは心強い思いもあり、転職には即戦力を求めても同じ社員であれば技術職に異動させてから研修や現場で教育しながら戦力にしていくという可能性は十分にあります。 ほとんどの企業では社内異動のシステムがあり適材適所という観点からも熱意のある社員を異動させるということは決して無理なことではなく活性化にもつながることになります。未経験でも社内にやりたい技術職があれば挑戦することも大事です。

未経験で技術職への転職には早い決断

未経験で技術職への転職には早い決断が転職の可能性を高めます。技術職の未経験者が単なる思い付きでなく真剣に技術職へ転職を考える場合には、できるだけ早い時期に決断することが実現の可能性を高めます。 転職する場合に求人情報をたくさん収集し、比較検討することになりますが未経験者が転職できる技術職には人材不足などのところも多く、本当に自分がやりたい技術職の求人情報がどんどん減っていきます。また未経験の場合には年齢でかなり制約されてしまいます、逆説的に言えばもっと早く決断していればチャンスがあったのに、ということもあるのです。未経験で技術職への転職には早い決断と行動が可能性を高めます。

年齢別の技術職の転職

年齢別の技術職の転職

年齢別の技術職の転職は一概に言い表すことができません。それは業界や技術職の内容によって年齢ではなく知識や豊富な経験を求める技能職や資格や体力などを求める技能職、また人員確保をしてから教育して技能職にするなど技能職への転職でも大きな差があり簡単に年齢別で技術職の転職について言い表すことができません。 しかし技能職への転職できる可能性としては年齢的に一般的な傾向があります。建設業など資格や体力を必要とするところや技術革新や進歩が著しいIT関係では年齢的には30代、製造関係では経験や指導力のある40代、特殊な資格や経験・マネジメントを必要とする技術職は50代以上でも転職できています。 また製造企業が商品によって生産中止となり人員削減などでリストラされ、また倒産になった企業の技術者が年齢に関係なく他の製造企業などに転職できている例もあります。技術職で転職したいときは年齢を意識せず多方面にアンテナを張り、チャンスを逃がさないようにすることが大事です。

技術職への転職成功の道

技術職への転職成功の道

技術職への転職成功の道は自分で切り開くことです。技術職へ転職するにはヘッドハンターや特別な関係がない限り、自分で切り開いていかなければなりません。転職エージェントなど利用するにしても自分でアクションを起こし、信念と熱意をもってアドバイスを受けながら計画的に進める必要があります。 どうしてもやりたい技術職が明確になっていれば職務経歴書などで具体的な実績や成果をアピールすることや得意分野や専門分野を明確にし、自分が転職先でどのような部分で貢献できそうかを熱意や真剣さが伝わるようにアピールすることです。 また未経験者でも社内での異動のチャンスもあります、また転職で未経験の技術職をやりたい理由や目的、また意欲が職務経歴書や面接でしっかりアピールできることで可能性は十分にあります。 自分のアクションが全てです、その可能性を切り開くのは自分です。経験・資格・年齢など気にしていたらいつまでもやりたい技術職へ就くことはできません。相手を動かせるよう信念を持ち続けチャンスを逃がさないようアンテナを張り可能性のある所にはどんどんアクションすることです。

関連タグ

アクセスランキング