IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

歯科衛生士の志望動機の書き方と例文・面接時の注意点

書類選考・ES

歯科衛生士の志望動機はどのように書けばいいのか、具体的な志望動機の例文を含めてご紹介します。また面接時の望ましい服装や髪型についてもご紹介しますね。新卒者・転職者の方、ブランクがあって、再び歯科衛生士として勤務したい方も必見です。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

歯科衛生士とは?

歯科医院で、歯科医師と一緒に、患者の歯や口の中のケアをするのが歯科衛生士です。同じく歯科医院で働く職種で、歯科助手がありますが、歯科助手が特別資格がいらないのに対し、歯科衛生士は国家資格が必要となります。歯科衛生士は、専門学校や短期大学で定められた教育を受け、国家資格に合格したうえで取得できる資格です。歯科助手は、患者の口の中に手を入れることは許されませんので、歯科衛生士と同様の仕事はできないのです。 歯科衛生士への転職・就職を考えているなら、エージェントへ相談してみましょう!複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがおすすめです。

歯科衛生士の仕事内容その1「歯科予防処置」

人間が歯を失うおもな原因は、虫歯と歯周病だとされています。これらの症状を予防するために、歯科衛生士が行うのが、歯垢・歯石などの口腔内の汚れを取り除き、虫歯予防のためにフッ素という薬を塗布する作業なのです。歯に汚れが残っていれば歯垢となり、硬くなると歯石となってしまいます。歯垢は歯ブラシでも取り除けますが、歯石はできないので、歯科衛生士が専用の器具を使って除去します。

歯科衛生士の仕事その2「歯科保健指導」

虫歯・歯周病を予防するには、常日頃からの歯みがきの方法が重要です。歯ブラシを歯にどのような角度で当てるか、またどう動かすのか、力の入れ具合についても指導するのが、歯科衛生士の仕事のひとつです。 歯みがきだけでなく、生活習慣や食事のとり方・噛み方も大切なので、その指導も歯科衛生士が実施しています。

歯科衛生士の仕事その3「歯科診療の補助」

医療行為のサポートをすることも歯科衛生士の仕事です。特に歯科医師が少ない病院では、歯科衛生士のうけおう仕事の幅も広がります。歯型をとるという仕事のほかに、診療する器具の滅菌や準備、レントゲン撮影の手伝いなどもあり、院内清掃や受付業務・診療報酬請求なども歯科衛生士の仕事に含まれます。

歯科衛生士の志望動機の書き方は?

では歯科衛生士の志望動機とは、履歴書にどのように書けばいいのか、面接のときにどのように話せばいいのかについてご説明しましょう。

できれば事前に見学を申し出る

実は歯科業界では仕事を求めている歯科衛生士より、歯科衛生士を求人している歯科医院の方が多いという状況が続いています。その差は5~8倍ともいわれており、歯科衛生士の資格を持っている人はほとんど就職・転職に困らないとされています。しかしだれもが「働きたい!」と願うような歯科医院はわずかで、やはり競争率は高くなります。ですので、万全な対策を練っておきたいものですね。歯科医院では「見学」を申し出るとまずOKが出ますので、一度歯科医院を見学させてもらってから、志望動機は練ってもいいでしょう。説得力が出ること間違いなしです。 志望動機や自己PRが苦手な人は、転職エージェントに相談してみましょう。転職のプロがあなたの強みやアピールポイントを引き出してくれます。あなたのこれからのキャリアを一緒に考えてくれます。

再度、求人情報にしっかり目を通そう

志望動機をどう書いていいかわからないという方は、もう一度ゆっくりと求人情報の詳細に目を通すようにします。どんな人材を病院が求めているのか、次第にわかってくるのではないでしょうか?次にケース別の志望動機の例文をいくつかご紹介します。あとは自分ならではの志望動機を盛りこんでアレンジ可能です。

歯科衛生士の志望動機例文

新卒の志望動機

先日医院見学をさせて頂いたときに、先輩の歯科衛生士のみなさんが、患者さんに笑顔で気持ちよく挨拶されている姿に心を打たれました。また患者さん一人一人に治療方針を丁寧に説明されている姿にも感動いたしました。卒業したばかりで、まだまだ足りない面はあるでしょうが、諸先輩方を見習って、私も患者主導の治療を一から学んでいきたいと思っています。

転職の志望動機【常勤からパート・アルバイトで転職するケース】

歯科衛生士として自身のスキルアップを図るとともに、歯科医師・歯科助手にとっても勤務しやすい場所になるように、気を配ってまいりました。一身上の都合により長時間の勤務は難しくなったため、パート(アルバイト)としてこの度転職をしたいと思っています。限られた時間ながら、みなさんと連携を強くして、貴院にとって役立つ存在になれるように努めていきたく存じます。

転職の志望動機【人間関係で悩んで転職するケース】

歯科衛生士として日々働く中で、歯科医師・歯科助手との連携が大事だということに気づきました。貴院のチームワークを大切にするという理念に感銘を受け、これまでのキャリアを十分に活かして、医院全体がよくなることを常に考えて勤務したいと思っています。 ※前職で人間関係で苦労したということは、マイナスイメージにつながるので、直接いうのではなく、これからどうしたいのか?というポジティブな内容で話す(書く)ように心がけます。

予防に力を入れている歯科への志望動機

歯科衛生士として勤務していて、本来の仕事ともいえる「予防歯科」を極めたいと思うようになり、転職を決意しました。貴院の患者さんへの対応や、予防スペースの取り方がすばらしいと感じております。 患者さんと一緒になって予防歯科にとりくみ、早期発見・早期治療に努めていきたいです。

審美歯科への志望動機

患者さんの歯を美しくすることで、その人の気持ちまで、明るく前向きに変えることができる審美歯科に興味を持っております。貴院で働けることになりましたら、ホワイトニングやデンタルエステの技術を会得するとともに、患者さんの潜在的なニーズにもこたえられるような歯科衛生士になりたいです。

小児歯科に力を入れている病院への志望動機

「歯医者は怖い」という先入観は大人でもあり、小さな子供であれば尚更です。そんな中で子供たちになるべく恐怖感をあたえないように、十分な配慮がされた貴院でぜひとも働きたいと感じています。子供たちが「たまに遊びにくる場所」と思ってくれるような、歯科医院作りに少しでも協力できればと思います。

訪問歯科に力を入れている病院への志望動機

小さい頃からおばあちゃん子でもあり、高齢者の方と話すことが好きでした。介護福祉士の資格取得にも関心がありますので、今後はそちらのチャレンジもしていきながら、患者さんの「食べ物を嚙める喜び」「食事できる楽しみ」をサポートできるように、精一杯努めたく思います。

仕事にブランクがある場合の志望動機

○○年、第一子を出産したことを機に、勤務していた○○歯科医院を退職いたしました。現在育児も一段落したので、再度歯科衛生士として仕事がしたいと思い、貴院を志望いたします。

歯科医院見学時はどうすればいい?

面接に先立って、志望する歯科医院を見学するときは、履歴書も念のために持参したほうがいいでしょう。求職者の見学に慣れている歯科医院ならば、特にとがめられることもないですが、長期間求人をしていなかった歯科医院の場合、「見学するなら履歴書も持って来るのは当然」と考えるところもありますので、この点注意が必要です。自分の白衣やナースシューズを持っている人は持参したほうがよく、もし持っていない場合は、歯科医院に電話して見学などを申し込むときに、その旨を伝えておくのが賢明です。

歯科衛生士の面接はどんな感じなの?

歯科衛生士の面接では、何に注意するべきかについてご紹介します。ほかの会社と同じで基本的なルールが守れていれば大丈夫です。

面接の服装はスーツで

面接時の服装は、リクルートスーツが望ましいです。ふわふわとしたフレアスカートや、複数の色使いのズボンなどはご法度です。転職の方は、新卒時のリクルートスーツでサイズが合わないなら、白いシャツ・ブラウスに黒か紺・グレーのジャケットをはおり、下のスカート・パンツも色を合わせます。靴ももちろん、同色系のパンプスで合わせるようにするといいでしょう。

適度なメイクを心がけて

お化粧は派手すぎずに、かといってノーメイクもいけません。面接前に歯科医院のサイトを見て、スタッフの写真が載っている場合はチェックして、どのくらいお化粧をされているか確認するようにします。またアイラインの濃いメイク・あまりにも長すぎるつけまつげや、カラーコンタクトもしないようにします。

長い髪の毛はゴムでまとめて清潔に

志望動機以前に歯科医院では清潔感を重視しますので、髪の長い方はきちんとヘアゴムでまとめて、面接に行くようにします。目に髪の毛がかかっているというだけで、好ましく思わない院長もいるようです。ヘアピンでしっかり前髪もとめて行けばベストです。

しっかり志望動機を練って転職しましょう

歯科衛生士の方が転職・就職する場合には、できるだけ志望する歯科医院を見学して、あらかじめどんな病院なのか雰囲気を知っておくといいですね。その病院の歯科衛生士さんの仕事ぶり・患者さんへの対応も見ることができます。その上で、志望動機をしっかりと練って面接に臨むようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング