IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

医療機器メーカの仕事内容・志望動機の書き方と例文

就活

医療機器メーカーに興味を持った人でも、志望動機の書き方に慣れず、苦戦を強いられている方は多いかと思われます。この記事では、就職活動で役に立つ医療機器メーカーの志望動機の書き方や例文、ポイント等をご紹介していきますので、参考にして下さい。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

医療機器メーカーの仕事内容

医療機器メーカーは、人工透析装置やMRI等の医療機器から、ペースメーカーのような精密機器、注射器にガーゼ等の消耗品まで、医療の様々な場面で使用されるものを製造してそれらを売っていく会社です。しかし、その仕事内容は様々で、大まかに分けますと「営業関連」「事務関連」「技術関連」の3つがあります。自身がどのような仕事をしたいかで希望する職種も変わってくるかと思いますので、「志望動機の書き方」へ入る前に、それぞれの仕事内容はどのようなものなのかを簡単に説明させていただきます。

営業関連

医療機器メーカーの大きな特徴として挙げられるのが、お客様が個人ではなく、病院や健診センター等、医療専門の機関である点でしょう。それらの機関で働いている医者や看護師、臨床検査技師等に対し、自社が製造・販売している製品やサービスを導入してもらう為に営業を行います。相手の要求を正しく理解し、その要求を満たす事が出来る製品を提案していく仕事内容から、提案営業とも呼ばれます。 営業の仕事といえば、ただお客様の所(この場合は医療専門機関)へ商品を買ってもらうよう話しに行くイメージがありますが、勿論それだけでは製品を売る事は出来ません。例えば、医療機器メーカーが製造している新製品は、毎月のように出てきますので、その製品がどのようなものなのかを説明しに行く事も仕事の内です。これはお客様が新製品の情報を知りたがっている為、本当にただ説明をするだけで、売り込みまではしないそうです。情報のみを欲しがっているお客様に対して、売り込みをしてしまったら買ってもらえなくなってしまいます。 他にも、医療機器メーカーの営業は日常的に手術や内視鏡室、臨床検査室等に立ち会う事が出来ます。営業がそこで果たす役割は、病院スタッフが使用している医療機器に対する不満の声を聴き、代替商品を提案する事や医療機器に関する説明を行う事です。前者の場合は、病院に勤めている人の「使いにくい」や「ここがもう少し何とかなったらなぁ」等という不満の声を聴く事で、その不満を解消できそうな製品を提案しやすくなります。 後者の場合は、医療機器が最先端の技術を使っているものが多く、医療のプロである医者や看護師であっても、医療機器の操作を容易に行えるとは限りません。その為、営業が専門的な見地から、医療機器の操作説明や使用する事による効果等を説明する必要があるのです。したがって、営業も医療機器の取り扱い方や特徴を理解しておかなければなりません。 その他に、こちらからではなく、お客様側から具体的な製品名とともに持ってくるよう依頼され、そのまま採用していただける場合もありますが、これはかなり珍しい事です。ちなみに、「臨床工学技士」という国家資格を取得しているならば、営業支援の仕事を任される事もあります。「アプリケーションスペシャリスト」や「クリニカルスペシャリスト」といった名前で求人を出しているケースが多いです。

事務関連

経理や財務、総務に人事等、会社のバックオフィス業務をするのが仕事となります。医療機器メーカーは一般事務よりも営業事務の割合が多い為、そちらを中心に説明させていただきます。営業事務は、営業をサポートする役割を持っており、一般事務よりも専門的な業務内容である場合が多いです。 業務内容の一例 ・来客対応 ・電話やメール対応 ・受発注管理 ・入出金管理・入金照合 ・備品管理 ・データ集計 ・顧客情報の登録・管理 ・社内文書の作成(請求書や見積書、顧客用のプレゼンテーション資料に提案書等々) 等、多岐に渡ります。会社によって求められる能力に偏りが出る事もありますが、営業事務として採用された場合は、来客対応とは別に営業担当者等と関わる機会も多くなってきますので、ビジネスマナーやコミュニケーション能力も求められます。更に、会社が製品を輸入する事もやっていますと、貿易関連の業務があり、医療機器メーカーでも語学力も磨いておかねばなりません。

技術関連

医療機器の研究やシステム開発、生産技術の向上等が仕事内容となります。必要な技術としては、ひらめきや独自性、教科書には載っていないものを創造しようとする発想等が特に必要とされています。ハードウェアではシステムエンジニア、プログラマー、研究や開発の経験者等、業務は多岐に渡るのでそれぞれの分野に応じた能力を持つプロフェッショナルが求められています。 注射器やカテーテル、体温計等、医療機器は患者さんの身体に直接触れなければならないものが数多くあり、そういった医療機器の場合はより安全で安定的に生産する能力を発揮しなければなりません。また、より良い製品を生み出す為に、知識や技術を駆使して改良していく事も必要です。このように様々な医療機器を高い技術や豊富な知識、経験を用いて、安全な製品を生み出しています。

医療機器メーカーの志望動機の書き方

医療機器メーカーの志望動機の書き方ですが、どこに気を付けていれば良いのかを念頭に置いて書くようにすると、あまり時間をかけずに書く事が出来ますよ。コツを箇条書きにしましたので、是非お試し下さい。 ・結論から書く ダラダラと結論を先延ばししていると、中だるみしてしまい、読む気をなくしてしまうので、最初に「自分はこう思っています。何故なら~」と書きだすとまとめやすいです。 ・自分が今やりたい事を書く 会社に採用されたら、やりたいと思っている入社後のイメージをしてみて下さい。 そうする事で、志望動機を膨らませる事が出来ます。 ・具体的な事を書く 抽象的な話や精神論等ばかりを並べて、具体的な話がないと全体的にふわっとしていて、つかみどころのない文章になってしまうので、会社の事業内容や自身が会社に貢献できる能力の根拠等を書くと文章が引き締まります。

医療機器メーカーの志望動機の例文

医療機器メーカーにおいて、あなたはどんな仕事がしたいのでしょうか。ご自身が医療機器メーカーへ入社後、やりたい事や成し遂げたい事、叶えたい夢等を明確にして、どの職種に就きたいかを決める事が出来ましたか?ここでは医療機器メーカーの志望動機の例文を、職種別にご紹介させていただきます。志望している仕事の例文を読んで、志望動機を書く際の参考にしてみて下さい。

医療機器メーカーの志望動機 ~営業~

大学に入って医学部と合同の部活動に入り、医者や看護師の方と知り合いになり色々お話を聞く機会があり、初めて医療という分野に興味を持った。 私は薬品よりもより治療分野に興味があり、営業の仕事を積極的にやりたかったので、医療機器の商社を中心に就職活動をしていた。 八神を志望した理由は他社よりも教育制度が整っている点に魅力を感じた。 あと実際に女性が営業職として活躍しているところを自分の目で見ることができたので、他所よりも働くイメージができた。

自分にとって興味のある事、やりたい事を整理して志望動機を書かれていますね。

介護用ベッドや車いすを中心に福祉用具を医療法人や介護施設などへ営業を行うスタッフとして、これまで約5年間、現在の会社に勤務してきました。新規開拓及び既存顧客への営業を意欲的に行ってきた「フットワークの軽さ」と、福祉用具に特化してきた「専門性」が私のアピ-ルポイントになります。異業種からの応募も歓迎という貴社にて医療機器販売の営業スタッフを募集されているのを拝見いたしまして、大変興味を感じました。是非、一度、面接の機会をよろしくお願いいたします。

前職で得た専門性を武器にしており、説得力のある自己アピールとなっています。

医療機器メーカーの志望動機 ~事務~

人の生活を支える仕事という軸を持って、就職活動をしています。 病院にお世話になったことがきっかけで、困っているときや精神的にまいっているときに支えてくれる人の存在の大きさに改めて気付かされ、医療・介護の業界に携わりたいと思いました。 数ある医療商社の中でも、医療だけでなく介護や健康分野にまで企業一体となってお客さんの生活に入り込んでサポートができるところが大きな魅力だと感じ志望しています。 御社で営業事務職として働くことで潤滑な医療環境を届けるというやりがいと責任を感じながら仕事がしたいと思います。

病院でお世話になった出来事をきっかけに、人を支える仕事をしたいという志望動機は仕事内容と合っていますね。

前職では、営業事務として4年間勤務しておりました。この度は、規模拡大を目指している貴社において、ぜひ今までのスキルを活かしたいと考え、応募させていただきました。前職では商社の営業事務として尽力していたため、採用して頂いた際にはその経験を活かし、営業の前線に立つ方々にも、お客様にも喜んで頂けるような活躍をしたいと考えております。

前職の経験を活かして即戦力となれる事をアピールしています。

医療機器メーカーの志望動機 ~技術~

貴社の”地域医療情報連携システム”に興味があります。「医療」と「システム」という2つの分野を並列にとらえた概念が今後の社会で重要な要素を占めるという考えに共感を覚え、将来的には消防署などとも連携した緊急時でも的確な搬送が行えるシステムを実現させたいと考えております。

地域医療情報連携システムを軸に志望動機を書いてますね。

低侵襲治療というコンセプトを基に造られた御社の製品を広めていく事で、患者さんの治療負担を少しでも軽くしていく手伝いをしたいと考え、志望しました。 幼い頃に入院した経験から、闘病生活耐えなければならないのは、病気そのものの辛さだけではなく、注射等の治療に伴う辛さもある事を痛感しました。 大きくなってから当社で開発された“世界で一番細い注射針”を見た時、注射の時間の度に泣いていたその時の経験を思い出し、あの時にこの注射針があれば私や同室の友人たちの入院生活にもっと笑っていられる時間が増えたかもしれないと思いました。 このように、患者さんの治療に伴う負担の軽減を第一に考え開発を続ける当社の製品を広めていく事で、患者さんの闘病生活に少しでも笑顔でいられる時間を増やしたいと考えています。

幼い頃の入院体験に基づいた志望動機となっています。

医療機器メーカーの志望動機で見られるポイント

医療機器メーカーの志望動機の書き方については、先に書いた通りなのですが、次はその志望動機でよくみられるポイントについてです。当然の事ながら、一つの医療機器メーカーに対して「ここで働きたい」と応募している人は大勢存在します。医療機器メーカーの採用担当者の方も沢山のエントリーシートや履歴書、職務経歴書等に目を通しますので、どれも似たり寄ったりな志望動機ばかりですと目に留めてもらいにくいです。その為、志望動機によく見られるポイントとして、良い点や直した方が良い点を3つに絞ってご紹介いたします。

人の命や健康を支えたい

医療機器メーカーの志望動機において、一番よくみられる理由です。確かに志望理由としてはこの上なく、素晴らしい立派なものなのですが、応募者のほとんどがこういった事を書いてくる、と想像してみて下さい。ライバルが多ければ多い程、誰も目立てない志望動機となってしまいます。 そのような事態を回避する為にも、別の志望理由を考えるか、もしくはこの理由に説得力のある具体的な話を盛り込んだ方が良いでしょう。それで採用担当者の方を納得させられるほどの内容であれば、テーマは同じだとしても他の人とは全く違う志望動機になる可能性があります。

自身の性格や価値観が伝わるエピソード

つまり、どんな人間であるかの自己アピールをしている志望動機がよく見られます。これは医療機器メーカーにおいて、営業を目指す場合には特に重要な事です。営業は病院やクリニック等へ赴いて、医療関係者らと直接会話をする機会がとても多い為、より人間性を問われるのです。したがって、志望動機を書く際には、自身の性格や価値観が伝わる具体的なエピソードを書き込むようにしましょう。

ビジネスマナーが身に付いているか

ビジネスマナーをきちんと身に付けているかどうかも、志望動機を読む際に見られています。どの仕事でもいえる事ではありますが、医療機器メーカーでもお客様と丁寧に話せるだけのビジネスマナーを必要最低限でも身に付けているのかをチェックされています。志望動機は文章で構成されており、相手の顔は見えないのでそこがきちんとしていないと書類選考の段階で落とされてしまいます。 書類選考を通ったとしても、面接で言葉遣いや身だしなみ等も見て、評価されるのでビジネスマナーはしっかり勉強、練習しておいた方が良いでしょう。その辺りを押さえておけば、面接で責任感や仕事に対する熱意、自身の考え等で自己アピールして下さい。

志望動機を完成させましょう

いかがでしたか? 医療機器メーカーには、営業や事務、技術職といった仕事がありますが、どの職種も人々の健康に直結する責任重大なものです。求められる能力はそれぞれ違ってきますが、きっとやりがいや生きがいを感じる事が出来るのではないでしょうか? 他にも志望動機の書き方や例文をご紹介させていただきました。これらを一読した上で、志望動機を書き上げて完成した文章を第三者に見てもらうというのも一つの手です。いくら、客観的に見ようと頑張っても実際に家族や友人、恩師等に見てもらうと分かりにくかったり、言葉が足りなかったりと思っていたよりも出来ておらず、志望動機を書き直す羽目になるケースが往々にしてあるからです。頑張って志望動機を完成させて、医療機器メーカーの内定を勝ち取りましょう。

関連タグ

アクセスランキング