IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ムードメーカーの性格と特徴|ムードメーカーになるには?

更新日:2017年06月14日

コミュニケーション

今まで生活してきた中でムードメーカーという存在は必ず社会の中で存在してきました。ムードメーカーの存在は、いるだけで周りの雰囲気が明るくなります。今回の記事では、そんなムードメーカーの特徴や性格、職場環境におけるムードメーカーの存在意義について紹介していきます。

ムードメーカー

もし、あなたが「○○さんって、この職場の『ムードメーカー』だよね」と誰かに言われたのだとしたら、どのような気持ちになるでしょう。嬉しいと同時に、どこか誇らしいような気分にもなれるのではないでしょうか。 そんな「ムードメーカー」について、「ムードメーカーとは?」「ムードメーカーの性格や特徴」「職場環境におけるムードメーカー」「ムードメーカーになるには?」という4つの視点から、考察してみました。この言葉について、深く考えると同時に、組織における自身の在り方についても、考えてみましょう。

ムードメーカーの意味

「ムードメーカー」とは、和製英語であり、「そこに存在するだけで、その場面の空気や雰囲気を好転させることができる能力を備えた人」であるとされています。 「好転させる能力」の中身は、その存在感や技術、知識などによる牽引力である場合もありますが、例え、技術や知識などの、具体的な能力が欠如していても、そこに存在するだけで空気や雰囲気を好転させられる場合を指すこともあります。

ムードメーカーの性格や特徴

その① とにかく明るい

もはや懐かしいと感じられる、とあるお笑い芸人のネーミングではありませんが、少なくとも、暗い雰囲気の人は、ムードメーカーには成り得ません。どんな状況においても、まわりの人をつい笑顔にしてしまう雰囲気の持ち主こそが、「ムードメーカー」と呼ばれます。

ムードメーカーの性格や特徴には、さまざまなタイプがあり、これらすべてを兼ね備えた人も居れば、一部の性格や特徴が際立っている人もいるようです。では、具体的な内容を挙げてみましょう。

その② 「性善説」が根底にあり、人が好き

「ムードメーカー」と呼ばれる人たちは、基本的に人が好きです。そのため、人付き合いがよく、場を盛り上げるタイプの人が多いです。人が好きだと言う気持ちを裏付けるのは、根底にある「性善説」です。 ムードメーカーは人は誰でもそれぞれ事情はあるけど、基本的には皆良い人たちという思いが根底にあり、余計な、憶測で、人間関係を複雑にすることがありません。人間は、基本的には、自分のことを好きでいてくれる人を嫌いにはならないものであり、こうして、「ムードメーカー」は、周りの人たちに慕われ、結果として、組織全体の雰囲気を良いものにしていくのです。

その③ 根に持たない

人間関係にトラブルはつきものです。トラブルが発生した場合、それを「心地よい」と捕らえることができる人は。まずいません。「ムードメーカー」と呼ばれる人たちは、そんな「心地よい」と感じられない出来事はすぐに水に流してしまえる人が多いです。 「昨日は、つい八つ当たりをしてしまった。申し訳なかった。」と感じつつ出勤したら、相手から、満面の笑みであいさつをされ、思わず、謝罪すると「そうだったっけ?」などと、キョトンとするような人が「ムードメーカー」には、ふさわしいと言えます。

 その④ 「北風と太陽」における「太陽」のポジション

「ムードメーカー」の根底には「よい製品を作りたい」「お客様を喜ばせたい」などという誰もが納得できる信念があり、しかもその信念はブレることがありません。しかも、その信念は、決して押しつけがましいものではなく、「北風と太陽」の「太陽」のごとく自然に発散されるメッセージであることが多いと言えます。 何かを行う上で多忙を極めたり、トラブルを生じたりしたせいで、組織の結束が乱れるようなことがあったとしても、ふと横を見た時に、ブレることなく悠然と構える「ムードメーカー」の存在に気づいて、はっと我に返る人も少なくありません。「太陽」のごとく、自ら気づかせて、行動させる力が「ムードメーカー」にはあります。

その⑤ 彼らが人に与えるもの、それは「安心感」

「ムードメーカー」が人に与えるもの、それは「安心感」です。「安心感」を与える具体的な要素として挙げられるのは、本人に備わっている「威厳」「能力」「実績」や、それに伴って、行動や発言に説得力があることなどが考えられます。 しかし、先述したように、たとえ、そのような具体的な要素がなくても「どんな状況においても、のほほんとしている」「逆境でも笑顔を絶やさない」などというその人がもつ独特の雰囲気によって、安心感を得られるケースもあるでしょう。 人は、安心すると冷静になれます。冷静になれれば、まわりが見えるようになり、対策を講じられます。気持ちも落ち着きます。「○○さんは「ムードメーカー」だよね」という言葉は、「○○さんは、いつも私たちを「安心」させてくれるよね」と言い換えられるのではないでしょうか。

職場環境におけるムードメーカー

初回公開日:2017年05月14日

記載されている内容は2017年05月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング