IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【履歴書】封筒の適切なサイズと、使用してはいけないサイズ

就活ノウハウ

今回は履歴書送付に適したサイズの封筒について紹介します。企業の担当の方が履歴書を見る前に、違和感を与えないよう、履歴書ごとの封筒の適切なサイズを把握しておきましょう。

更新日時:

履歴書を入れるのに適切なサイズの封筒

履歴書を入れる封筒には、適切なサイズがあります。これは、新卒採用の際に限らず、転職やアルバイトなどでも同様です。もし、履歴書の大きさに合っていないサイズの封筒に入れてしまうと、履歴書が折れてしまうなどのトラブルも起きるので、適切なサイズの封筒を選びましょう。履歴書には2通りのサイズのものが市販されているので、それぞれに合ったサイズの封筒について見ていきます。

A版の履歴書に適切なサイズの封筒

履歴書のA版とは、A4サイズの履歴書を指します。開くとA3のサイズになりますが、半分に折って履歴書に入れるので、A4サイズの書類を折らずに入れられる封筒が適切なサイズとなります。そのサイズは、角形2号と言われるものです。角2などとも呼びますが、市販されている封筒には、「角2」のような表記でサイズが記載されているので、確認して買いましょう。

B版の履歴書に適切なサイズの封筒

つぎは、B版と呼ばれる履歴書についてです。B版はB5サイズで、開くとB4になります。なので、B5の大きさの書類を折らずに入れられるサイズが適切なサイズです。そのサイズは角形4号です。こちらも、角4と略して呼ぶこともあります。もちろん、角4より大きいサイズの、角3や角2、角1などのサイズの封筒であれば、B版の履歴書を折らずに入れることはできますが、余白が多くなってしまうので、適切なサイズ、ぴったりなサイズは角4といえます。

履歴書をクリアファイルに入れる場合

企業に履歴書を持って行く場合や、郵送する際に、履歴書をクリアファイルに入れてから封筒に入れるマナーがあります。クリアファイルに入れていなくても問題はありませんが、実用的な面や、受け取り側の印象などを考えると、クリアファイルに入れることをお勧めします。 その際の適切なサイズの封筒ですが、これも角2です。クリアファイルはA4よりも大きいサイズですが、角形2号の封筒はさらに大きいので、クリアファイルがピッタリと収まります。また、クリアファイルに入れる場合は、A版とB版のどちらのサイズの履歴書でも、角2の封筒を使用しましょう。

使用してはいけないサイズ

履歴書を入れる封筒には、適切ではないサイズのもがあります。封筒のサイズはたくさんありますが、履歴書を半分以上折らないで入る封筒であれば問題ありません。履歴書を三つ折りにして細長い封筒に入れる行為はマナー違反なので、気をつけましょう。 確実に履歴書に合ったサイズの封筒を選ぶには、今回ご紹介したサイズを選ぶのが確実です。封筒の色が茶色か白かにについては、マナー的にはどちらでも問題ありません。ただ、一般的には白い封筒が使われることが多いです。

適切なサイズは角2か角4

履歴書を入れるのに適切な封筒のザイズは、角形2号か角形4号です。A版サイズの履歴書や、クリアファイルに入れた履歴書を入れる場合は角形2号、B版サイズの履歴書を入れる場合は角形4号の封筒を使用します。長型と呼ばれるような細長い封筒は、履歴書を折らないと入れられないので使用しません。折らずに入れられる大きさの封筒であればどれでも大丈夫ですが、角2の封筒を選ぶのが一番いいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)