IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

タクシードライバーへの転職理由とは|転職サイトと失敗・後悔した点

更新日:2020年08月14日

職種研究

今回は「タクシードライバーへの転職」をテーマに、タクシードライバーへの転職事情や、実際にタクシードライバーに転職して失敗・後悔したこと、転職をする前に見ておきたいブログやサイトの情報、転職サイトについてもご紹介していきます。

タクシードライバーへの転職理由

タクシードライバーの求人数は、年々増加傾向にあります。「平均年齢が高い」「離職率が高い」「若い人が集まらない」等の理由により、人員が不足している状況が長く続いているためです。そのため採用倍率は低く、年齢が高くても採用面で不利になることもないため、タクシードライバーに転職をしたい方にとっては、採用面で有利な状況といえるでしょう。 ここでは、「タクシードライバーへの転職」をテーマに、タクシードライバーへの転職事情や、実際にタクシードライバーに転職して失敗・後悔したこと、転職をする前に見ておきたいブログやサイトの情報、転職サイト等についてご紹介していきます。

タクシードライバーへの転職理由①

「定年退職後の転職先」としてタクシードライバーへ転職を考える方も少なくありません。タクシードライバーの業界には、定年退職という制度がないところや、定年を延長することにより65歳を過ぎても働くケースが多いため、「定年退職後の転職先」に適しています。 実際に定年退職後にタクシードライバーに転職をする方も多くいるため、タクシードライバーの平均年齢を、他の職種よりも高く引き上げている原因にもなっています。定年退職後からタクシードライバー未経験で転職して、10年勤務するという方も珍しくないため、70歳を過ぎていてもタクシードライバーを現役で勤めているという方がたくさんいらっしゃいます。

タクシードライバーへの転職理由②

「長く働くことができる」ことにメリットを感じて、タクシードライバーに転職しようと考える人も少なくありません。上述しましたが、タクシードライバーには定年退職の制度がない会社が多く、あったとしても人手不足などにより定年を延長するケースも多いため、70歳を過ぎてもタクシードライバーとして働く人も少なくありません。 働ける年齢の上限値は何歳までなのかというと、それは会社の判断やドライバーの自己判断にもよりますが、基本的にタクシードライバーを引退する目安としては、判断力の低下が著しく現れ始める75歳が最も多いようです。他の職業では、定年退職は60歳〜65歳が一般的ですから、それよりも長く働くことのできるというメリットがタクシードライバーにはあります。

タクシードライバーへの転職理由③

「中高年ではじめることができる」ことから転職を希望する方も少なくありません。他のほとんどの職業では、一定の年齢をむかえると就職時に不利になってきたりしますが、タクシードライバーへの転職年齢は高くても問題になりません。 タクシードライバーがなぜ年齢をあまり重要にしないのかというと、人員不足・平均年齢が高いという理由以外にも、あまり稼げないタクシードライバーの方を雇っても「歩合給」により、会社が損をしないような仕組みになっているからです。

タクシードライバーへの転職理由④

「歩合給」を転職理由にする方も少なくありません。タクシードライバーは基本的に歩合給ですから、最初のうちは安定した収入を確保することが難しいかもしれません。しかし「効率よく仕事をする」「仕事に慣れてくる」「地理に慣れてくる」ことによって、収入を増やしていくことも可能な職業です。

タクシードライバーへの転職理由⑤

「ノルマがない」ことを転職理由にする方もいるようです。タクシードライバーは基本的には「歩合給」ですから、稼いだ額によって給料が決まります。月給・時給制と違い、利益を上げなければ人件費の支払いや会社の経営ができなくなるという心配がほとんどないため、ノルマがないタクシー会社がほとんどです。そのため、働く量は自分で管理し、休憩も自分の采配で取るように指示していることも多いようです。 「今日は体調が悪いから休憩を多めに取ろう」とか、「睡眠時間を多くとって体調を整えよう」というように、ノルマがないことによって自分のペースで仕事をすることができます。

タクシードライバーへの転職理由⑥

「パワハラの心配がない」「ストレスが少ない環境」ということを志望理由にする方もいます。タクシードライバーは、お客さんが乗車していないときは、基本的には一人でいることになります。会社の組織内で働くストレスが、タクシードライバーにはほとんどありません。サラリーマンなどの組織で働いていた方が、タクシードライバーに転職した際の離職率は、タクシードライバー全体の離職率よりも低い割合となっています。

初回公開日:2017年07月13日

記載されている内容は2017年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング