IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

タクシードライバーへの転職理由とは|転職サイトと失敗・後悔した点

職種研究

今回は「タクシードライバーへの転職」をテーマに、タクシードライバーへの転職事情や、実際にタクシードライバーに転職して失敗・後悔したこと、転職をする前に見ておきたいブログやサイトの情報、オススメの転職サイトについてもご紹介していきます。

更新日時:

タクシードライバーへの転職理由とは|転職サイトと失敗・後悔した点

タクシードライバーへの転職理由

タクシードライバーへの転職理由

タクシードライバーの求人数は、年々増加傾向にあります。「平均年齢が高い」「離職率が高い」「若い人が集まらない」等の理由により、人員が不足している状況が長く続いているためです。そのため採用倍率は低く、年齢が高くても採用面で不利になることもないため、タクシードライバーに転職をしたい方にとっては、採用面で有利な状況といえるでしょう。 ここでは、「タクシードライバーへの転職」をテーマに、タクシードライバーへの転職事情や、実際にタクシードライバーに転職して失敗・後悔したこと、転職をする前に見ておきたいブログやサイトの情報、オススメの転職サイト等についてご紹介していきます。

タクシードライバーへの転職理由①

「定年退職後の転職先」としてタクシードライバーへ転職を考える方も少なくありません。タクシードライバーの業界には、定年退職という制度がないところや、定年を延長することにより65歳を過ぎても働くケースが多いため、「定年退職後の転職先」に適しています。 実際に定年退職後にタクシードライバーに転職をする方も多くいるため、タクシードライバーの平均年齢を、他の職種よりも高く引き上げている原因にもなっています。定年退職後からタクシードライバー未経験で転職して、10年勤務するという方も珍しくないため、70歳を過ぎていてもタクシードライバーを現役で勤めているという方がたくさんいらっしゃいます。

タクシードライバーへの転職理由②

「長く働くことができる」ことにメリットを感じて、タクシードライバーに転職しようと考える人も少なくありません。上述しましたが、タクシードライバーには定年退職の制度がない会社が多く、あったとしても人手不足などにより定年を延長するケースも多いため、70歳を過ぎてもタクシードライバーとして働く人も少なくありません。 働ける年齢の上限値は何歳までなのかというと、それは会社の判断やドライバーの自己判断にもよりますが、基本的にタクシードライバーを引退する目安としては、判断力の低下が著しく現れ始める75歳が最も多いようです。他の職業では、定年退職は60歳〜65歳が一般的ですから、それよりも長く働くことのできるというメリットがタクシードライバーにはあります。

タクシードライバーへの転職理由③

「中高年ではじめることができる」ことから転職を希望する方も少なくありません。他のほとんどの職業では、一定の年齢をむかえると就職時に不利になってきたりしますが、タクシードライバーへの転職年齢は高くても問題になりません。 タクシードライバーがなぜ年齢をあまり重要にしないのかというと、人員不足・平均年齢が高いという理由以外にも、あまり稼げないタクシードライバーの方を雇っても「歩合給」により、会社が損をしないような仕組みになっているからです。

タクシードライバーへの転職理由④

「歩合給」を転職理由にする方も少なくありません。タクシードライバーは基本的に歩合給ですから、最初のうちは安定した収入を確保することが難しいかもしれません。しかし「効率よく仕事をする」「仕事に慣れてくる」「地理に慣れてくる」ことによって、収入を増やしていくことも可能な職業です。

タクシードライバーへの転職理由⑤

「ノルマがない」ことを転職理由にする方もいるようです。タクシードライバーは基本的には「歩合給」ですから、稼いだ額によって給料が決まります。月給・時給制と違い、利益を上げなければ人件費の支払いや会社の経営ができなくなるという心配がほとんどないため、ノルマがないタクシー会社がほとんどです。そのため、働く量は自分で管理し、休憩も自分の采配で取るように指示していることも多いようです。 「今日は体調が悪いから休憩を多めに取ろう」とか、「睡眠時間を多くとって体調を整えよう」というように、ノルマがないことによって自分のペースで仕事をすることができます。

タクシードライバーへの転職理由⑥

「パワハラの心配がない」「ストレスが少ない環境」ということを志望理由にする方もいます。タクシードライバーは、お客さんが乗車していないときは、基本的には一人でいることになります。会社の組織内で働くストレスが、タクシードライバーにはほとんどありません。サラリーマンなどの組織で働いていた方が、タクシードライバーに転職した際の離職率は、タクシードライバー全体の離職率よりも低い割合となっています。

タクシードライバーへの転職理由⑦

「連休が取れる」ことを転職理由にする方もいます。各タクシー会社の勤務カレンダーにもよりますが、ほとんどのタクシー会社では3連休を容易に取得できるようです。一勤務あたりの労働時間が20時間以上になるタクシー会社が多いですが、そのぶん休暇が多めに取れるようになっています。

タクシー転職で失敗したこと・後悔したこと

タクシー転職で失敗したこと・後悔したこと

実際にタクシードライバーに転職をした方が、転職して失敗・後悔することにはどのようなものがあるのでしょうか。ご紹介していきます。

収入が不安定

タクシードライバーは基本的に歩合給のため、もらえる給料が毎月違います。転職してから仕事に慣れてくるまでは、安定して稼いでいくことが難しいようです。稼ぐコツがだんだんわかってくると、歩合給でも一定の収入は得られるようになり、収入を徐々に伸ばしていくことが可能になってくるようですが、タクシードライバーになって間もない頃は、収入が低いため転職して後悔する方も少なくありません。

長時間労働

タクシードライバーの勤務時間が、20時間以上になるタクシー会社も多く、一般的な仕事と比較すると長時間労働であると言えます。転職をする前にタクシードライバーはそういう職業だと分かってはいても、実際は体力的にきつく感じたり、体調を崩してしまったりして転職を後悔したという方も少なくありません。 タクシードライバーの勤務サイクルに慣れて、夜中でも日中のように行動できるようになるまでには、少なくても数週間はかかるそうです。夜中になるとどうしても眠くなってしまい、起きていられないという方は、慣れるまでにもっと長い期間が必要かもしれません。 勤務明けの睡眠時間帯や活動時間帯を自己管理して、生活リズムを作り直す必要がありそうです。

交通事故を起こす

交通事故を起こす

タクシードライバーは運転時間が長いため、交通事故を起こす可能性も高くなってきます。タクシー会社によっては、交通事故を起こして発生した損害金の何%かは、タクシードライバーの方が負担するということもあります。 交通事故以外でも、交通違反をしてしまった場合の罰金の支払いは自己負担になります。実際に事故を起こして損害金が発生してしまい、転職して後悔したタクシードライバーの方も少なくありません。 慣れている作業に対しては、危機感が薄れてきてしまう方は多いでしょう。そして致命的なミスに繋がってしまうということもありますよね。タクシードライバーは勤務時間も長いため、集中力や注意力を持続させる工夫が必要になってきます。

腰痛になる

タクシードライバーになって腰痛になることがよくあります。運転する時間が長いため、腰が圧迫され続けることになり、血行不良になり腰痛を引き起こしてしまいます。タクシードライバーへ転職する前には、全く腰痛を感じたことのなかったという方でも、転職後に腰痛になってしまうということも少なくありません。 タクシードライバーの方の中でも、転職したばかりの新人の方は腰痛への対処法がわからないため、腰痛対策をしないで仕事をしてしまい、症状をひどくしてしまうということがよくあります。腰痛対策として、合間を見てこまめに車から出てストレッチをする、なるべく腰に負担がかからないようにドライブシートを調整する、専用のクッションを取り付けるなどの対応で、ある程度は軽減することができるかもしれません。

お客さんとのトラブル

タクシードライバーは接客業のため、乗車中のお客さんとトラブルになってしまうこともあります。熟練のタクシードライバーの方でも、お客さんとのトラブルを全て回避するということは不可能なようです。ケチをつけて運賃を支払おうとしなかったり、酒に酔っていてタクシーの車内でゲロを吐くなどの「たちの悪い」お客さんも中にはいます。 それ以外にも、「道を間違える」「乗車中に交通事故を起こしてしまう」と、お客さんとトラブルになる可能性が高くなります。道を間違えないように、タクシードライバーとして活動する地域の道路を細かく覚えることや、お客さんに対して日頃から丁寧に対応をするようにしたり、治安のあまり良くない地域で活動をしないように気をつけることで、お客さんとのトラブルを極力抑えられるかもしれません。

タクシー転職に関するサイト・ブログ

タクシー転職に関するサイト・ブログ

実際にタクシードライバーに就いて自分が体験してみなければ、タクシードライバーの本質について気づけない部分がきっと多くあるはずですが、実際に現場で働いたことのある方の意見を転職前に知っておくことは、転職をして後悔しないためにも大切なことです。ここでは、タクシードライバーへの転職の際に、参考になるサイト・ブログなどをご紹介していきます。

タクシー転職のキッカケ

このサイトでは、「未経験からタクシードライバーに転職をして、高収入を得る方法」「タクシー会社の評判を調べる方法」「タクシー会社を選ぶ方法」「タクシー会社の給料の仕組み」「効率よく稼ぐ方法」等の記事が掲載されています。 どの記事も転職をする前に知っておきたいと思う情報がたくさん載っています。タクシードライバーで現役で働いている方・以前働いていた方の記事も多数ありますので、転職を希望される方は是非、参考にしてみてください。

八重洲タクシー

「八重洲タクシー」というタクシー会社のホームページです。タクシードライバーの現状(高齢化・転職率)について、歩合給の仕組みとメリットについて、長く働くことができる環境についての情報を詳しく知ることができます。

京王自動車株式会社

「京王自動車株式会社」というタクシー会社のホームページです。タクシードライバーに転職するメリット・デメリットについて多数掲載しています。 「タクシードライバーの1日」では、タクシードライバーの業務内容が時間単位で細かく分類してあり、分類された業務内容について丁寧に説明されているため、タクシードライバーがどういう業務を行なっていて、一般的な時間割はどうなっているのかをしっかりと把握することができます。 タクシードライバーの出勤日・休日のスケジュールモデル、就職を希望する人のよくある質問とその回答等も記載されていますので、疑問に思っていることが解消できるかもしれません。

おすすめのタクシー転職サイト

普通の求人サイトでは、タクシードライバー以外にも色々な職種も掲載しているため、タクシードライバーの求人同士を比較したいと思った時に、一件一件求人情報の詳細をみて調べないといけないため、効率がどうしても悪くなってしまいます。 「タクシー求人サイト」では、タクシードライバーの求人情報だけが記載されているため、すべてのタクシードライバー求人同士を一発で比較することができます。 タクシードライバーの転職をする際には、この「タクシー求人サイト」を活用することで効率を上げて、条件の良い案件同士を比較していくと良いかもしれません。タクシー求人サイトの中でも、特におすすめする転職サイトをご紹介していきます。

タクルート

タクルートは、対応エリアが全国となっています。そのため地方のタクシードライバー求人についても検索することができます。 転職をする際にタクルートを活用するメリットがいくつかあります。たとえば、タクルートを通して求人に応募して採用された際には、お祝い金をもらえます。 ほとんどのタクシー求人サイトでは、求人応募をする前に会員登録が必要になってきますが、タクルートでは登録なしで求人応募することが可能なため、気になった求人を見つけたらすぐに応募することができます。 タクルートの求人掲載中のグループ企業には、第一交通産業、日本交通株式会社、日本交通グループ、大和自動車交通グループ、東京無線、フジタクシー、宝交通株式会社、kmグループ、グリーンキャブ、エムケイ株式会社、つばめグループなどがあります。

タクQ

タクQの対応エリアは、東京、神奈川県、千葉県、埼玉県、宮城県、茨城県、京都、兵庫県、京都と少し狭い範囲となっていますが、業界大手タクシー会社の求人を多数、掲載しています。 入社祝い金が最大で45万円支給されたり、地方の方には旅費の支給制度や電話面接を行なってくれるなど、求職者にとって嬉しいメリットがたくさんあります。 タクQを通して入社すると、ちゃんと稼げるようになるまでサポートを行うなどアフターフォローまでしてもらえますので、未経験から転職をしたいという方にもおすすめです。

タクシー求人サイト 転職道.com

タクシー求人サイト 転職道.comの対応エリアは東京、神奈川県、千葉県、埼玉、愛知県、京都、大阪、兵庫県と、関東と関西を中心とした求人情報を多数掲載しています。履歴書を登録することで、アドバイザーによる求人紹介やスカウトを受けることも可能です。 タクシードライバーの説明会情報なども掲載しているため、未経験の人が転職する際に必要な情報を収集することができます。 タクシー求人サイト 転職道.comの求人掲載中のグループ企業には、小田急、グリーンキャブ、京王自動車、国際自動車、大和自動車、チェッカー、帝都自動車、東京無線、日本交通、日の丸自動車、コンドルタクシーなどがあります。

タクシードライバー求人本部

タクシードライバー求人本部では、タクルートと同じく対応エリアが全国ですので、地方のタクシードライバー求人も検索することができます。 このサイトから求人を応募することで、面接を希望する会社によっては電話面談や、出張面談をしてくれる場合もあるため、地方の方や面接地が遠いという方に活用メリットがあります。 サイト利用者の90%がタクシードライバー未経験者ということもあり、「第二種免許の資格援助の制度」や「研修制度」も充実しています。未経験で第二種免許を持っていない人が転職をする際には、このサイトを活用することをおすすめします。 タクシードライバー求人本部の求人掲載中のグループ企業には、日の丸交通、三和交通、コンドルタクシー、日の丸交通、第一交通、東京無線、名鉄交通などがあります。

タク転

タク転の対応エリアは、大阪・兵庫県ととても狭い範囲ですが、対応エリアを狭く絞っているぶん、この地域でのタクシードライバーの転職の際には、他の求人サイトよりも有利に転職活動をすることが可能です。 このサイトでは、他のタクシー求人サイトにはないメリットとして「選べる勤務体系」という3つの勤務体系から自分のライフスタイルにあった勤務体系を、応募する段階で選ぶことができます。 さらに、「二種免許取得の費用を全額負担する」「教習期間中も日当を支給する」「入社祝い金」などの支援も行っているため、まだ二種免許を持っていない未経験者からタクシードライバーに転職する人におすすめです。 タク転の求人掲載中のグループ企業には、明生キャブ、平和タクシー、播州交通、富士交通、大阪小豆島タクシーグループ、恵タクシー、明石タクシー、グリーンタクシーなどがあります。

タクシー運転手になりませんか。

タクシーの運転手に転職を考えている方の参考になっていただく、これを読んだことによっていい転職ができたら幸いです!

関連タグ

アクセスランキング