IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

総務事務の志望動機の書き方・例文|新卒・転職・未経験の場合

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

総務事務とは、会社において必ず存在する業務であり、非常に幅広く、深い知識を求められる業務です。採用担当者はどのような志望動機を求めているのでしょうか。総務事務に必要なポイントをおさえ、内定獲得に向けて、あなたの志望動機を作りあげましょう。

転職者の場合の総務事務の志望動機

総務事務のスキルがあるのは非常に有利です。ただ、総務といっても簡単な作業から難易度が高いものまで様々。自分は難易度のある事務をどの年月こなしていたか、総務担当者であればその事務の煩雑さはどの会社でもすぐにわかります。 自分が具体的にどのような総務事務スキルを持っているのかを志望動機にてアピールしましょう。特に健康保険、厚生年金保険、介護保険の支払いを扱う事務作業は毎月中日から末日にかけて忙しく、さらに決算、年度末異動や新入社員の処理等々非常に煩雑です。このスキルを持っている人は非常に重宝されます。このスキルを軸にして志望動機の例文を作成してみましょう。

●私は前職で総務事務を担当しておりました。特に難易度の高い健康保険・厚生年金保険・介護保険の支払い、決算業務は社員数も多い会社でしたので非常に煩雑でした。 経験を積んでいる部署の方や上司と連携し、常に効率よく仕事を進めるためにオリジナルの早見表を作成して共有したり、ハローワークや厚生年金の担当の方と連携して前月の異動の推移を早めに取り寄せ、納税までにスムーズに計算作業に移れるように自分なりに工夫をして事務の効率化を図って参りました。 このようなスキルを活かして、御社の社員を会社の中からサポートし、そのサポートが間接的に社外のお客様につながっていることと信じて一層邁進していきたいと考えています。 また、総務は会社の顔である役割も兼ねていると思いますので、私自身が社員を前面にサポートすることで、社員の会社への信頼向上につながり、それが結果的にお客様満足度UPにつながるような循環を生み出すと私は考えます。その循環を生み出せるよう、是非私も貢献させていただきたいと思っております。以上が私の御社への志望動機です。

未経験者の場合の総務事務の志望動機

新卒編と同様、未経験者に必要なものもやはり「コミュニケーションスキルの高さ」です。ただ、新卒と違う点は、実際に総務事務は未経験者でも、社会に出て仕事をし、その仕事を通して学んだ実績があるということです。前職のスキルで学んだことを総務事務にどのよう活かすことができるか。これが非常に問われます。前職で培ったスキルを中心に志望動機の例文を作成していきましょう。

●私は前職で営業の仕事に携わっておりました。そこで様々な人に出会い、契約をいただく厳しさを学びました。初めての営業の仕事に、慣れないうちは失敗も多く、お客様とお話をすることが怖いと思う時期もありました。 しかし、地道にこつこつ、お客様と積極的にコミュニケーションをとることを常に一番に考え行動していくうちに、お客様とお話することが私の喜びとなり、契約もついてくるようになりました。お客様の「ありがとう」に応えたいという気持ちが私をここまで突き動かしてくれたのだと思います。お客様の立場に立ち、お客様にわかりやすい言葉を常に選ぶように心がけてお客様対応に努めて参りました。 そして、今までは営業一本でやってきた私ですが、営業以外の仕事で自分自身を試してみたいと思い、総務を志望させていただきました。社内にいたときに、営業以外でかかわった業務で印象的な部署が総務部であり、営業しかわからない私をフォローしてくれ、常にわかりやすく説明をしてくれ方々がとても印象的でした。 そういった部分では、業務内容は違えど、総務と営業、通ずる部分があると私は考えます。知識は浅いかもしれませんが、営業で培ったコミュニケーション能力を発揮し、縁の下の力持ちとして御社の社員の方を内側から支えていきたいと考えております。以上が私の志望動機です。

どこにいっても必要になる総務事務のスキル

いかがでしたでしょうか。 総務事務の知識は、全会社共通の知識もあれば、その会社独特のものもあったりと、非常に多岐にわたります。ただ、一つ言えることは、自分自身にも非常に役立つ事務であるということです。 会社に勤めていても、なかなか福利厚生や社会保険のことなど、自分に関わることだとわかっていても、知らないという方は非常にたくさんいらっしゃいます。そういう方たちのための総務事務なのですが、逆を言えば、自分自身が有意義な会社生活を送るためにも非常に役立つ知識ばかりです。 更にコミュニケーション能力も磨くことができ、自分のためにも会社のためにもなるのが総務業務という職種です。上記の例文や考え方を参考に総務事務の志望動機を作りましょう。

初回公開日:2017年05月18日

記載されている内容は2017年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング