IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験/無資格でも医療事務になれる?志望動機例・求人の探し方

転職事情

就職や転職が一筋縄ではいかなくなった昨今、未経験者の就職、転職の際には資格を武器にしている方も少なくないかもしれません。その中でも今人気なのが医療事務。今回は医療事務にクローズアップし、実際には未経験や無資格でも就職できるのかをご紹介します。

更新日時:

医療事務の主な仕事内容

たとえば在籍中に転職を考える方の中には、在籍中に転職に有意な資格を勉強したり、実際に資格を取得するなど、準備を整えてから転職をものにする方も少なくありません。中でも、資格取得の際に女性の中で一番人気と言われる医療事務。理由は、女性には結婚、妊娠、出産という人生での大きな転機がありますが、そういった時に一時的に現場を離れたとしても復帰しやすい、続けられやすいという点が人気の秘密のようです。 医療事務はいわば、その病院や医療機関の顔ともいえます。医師や看護師と患者の間に立ち、医療に関わる事務業務を一手に担っています。患者の命に携わっている点では医師や看護師と同じ立場ですので、小さなミスも許されない、正確性を求められる仕事です。なお、働くのはコンビニエンスストアの2倍以上あるとも言われる病院や医療機関ですので、働く場所には困りません。

具体的な医療事務の仕事内容

【受付、案内業務】 初診の患者に、初診受付で診療申込書を記入してもらう案内をします。また、患者には病院の案内を行ったり、診療科への誘導、説明も行います。どちらも患者とのコミュニケーションが取れるだけでなく、患者の状況に合わせた臨機応変な対応や、機転を利かせた対応が求められます。 【レセプト 】 レセプトとは、正式には診療報酬請求と言います。国民は健康保険証を提示すると最高でも医療費の3割負担で診察を受けられます。保険者に対して、この7割部分を請求するために作成するのがレセプトです。患者の氏名、性別、生年月日などの個人情報のほか、患者の健康保険加入情報や請求元の医療機関名、診察料、病名、診察月に行われた投薬、注射、処置、手術、検査、画像診断、リハビリなどの点数が記載されています。 【会計業務 】 患者からいただく金額を算出します。そして保険割合に従って患者負担金を徴収するのが会計業務です。

未経験・無資格でも医療事務になれる?

医療事務を目指す-未経験の場合

医療事務の資格を取得する最大のメリットとしては、レセプト業務と言っても過言ではありません。レセプトは病院や医療機関が治療や医療サービスの費用を受け取る上で最も重要な仕事になります。医療保険の種類や仕組みについての知識、カルテを読むために必要な医学的知識、診療報酬の算定に関する知識と計算方法など、レセプトに関する知識・スキルは最も重要です。 では、資格を取得したとして、未経験でも就職、転職は可能なのでしょうか?現在は資格を取得する一つの手段として、インターネットで資料請求や実際に通信教育に申し込みができる時代です。医療事務についてはさまざまな通信教育の企業が取り扱っており、学習期間も通信費用もさまざまあります。インターネットの通信教育の良いところは、未経験でも資格を取得すれば、就職先も紹介してくれるところです。通信教育を活用すれば、未経験でも就職できるチャンスに巡り合うことも可能です。

医療事務を目指す-無資格の場合

では無資格の場合は、就職、転職は難しいのでしょうか。そんなことはありません。先にご案内したことと逆説になりますが、医療事務の資格を取るのは、あくまでも医療事務で働くための手段にすぎません。レセプトの資格や知識はあるに越したことはありませんが、実際のところ、医療事務で働くために資格は絶対条件ではなく、現場では「医療事務の資格を持っている」より「実務経験が○○年ある」という方が重要視されることも多いです。 ということは、資格がない場合、未経験者でもOKとされている求人にとにかく応募し、医療事務で働きたいという熱意、これを伝えるしかありません。そして就職できた際には、未経験だからこそ積極的に現場で受付業務や案内、誘導などの接客対応力を養いつつ、通信教育などで資格取得に励むと良いでしょう。

未経験の場合の医療事務の面接内容とは

未経験者がいざ医療事務の面接を受けることになった場合、面接でどのようなことを聞かれるかを事前に把握して、しっかりと対策を講じておくのが良いでしょう。未経験者がクリニックで聞かれる質問はだいたい決まっているので、聞かれやすい質問順にご紹介します。

未経験者がクリニックで聞かれる質問

・これだけはほかの人に負けないと思うところを教えてください。 ・キャリアを形成する上でどんな医療事務になりたいとお考えですか。 ・なぜ医療事務の仕事を選んだのですか。 ・医療事務になるためにされていることを教えてください。 ・多数あった医療機関の求人の中で、なぜ党員を選んだのかを教えてください。 ・医療事務をするうえで、一番大切なのはどんなことだと思いますか。 ・休みの日はどう過ごすことが多いですか。 ・資格取得のためにどのような努力をされていますか。 ・電子カルテの捜査はしたことがありますか。 ・パソコンスキルはある程度のレベルに達していると思いますか。 ・前職を退職した(または退職したいと思った)理由は何ですか。

意外な質問もあったかもしれませんが、それぞれ自分らしい回答を用意しておきましょう。しかし、面接時にあきらかに面接対策している感を出してしまうと、ただ用意した答えを丸暗記して答えているだけで、言葉の抑揚がなくなり、会話ではなくなってしまいます。 また対策していた質問の答えと対策していなかった質問の答えに違いがありすぎて、話し方ですぐにわかってしまいます。こういったところもコミュニケーションスキル、強いては接客力、応用力に繋がりますので、未経験者だからと言って尻込みせず、アピール方法の一つとして面接対策をしていきましょう。よく言われるのが、面接時の答えを複数の単語で用意しておくと良いようです。

医療事務の面接で成功する志望動機とは

未経験者が応募する場合、経験者よりもさらに志望動機がクローズアップされます。正社員希望でもパート等のシフト時間勤務を希望でも、一番に押したい志望動機としてはやはり、「なぜ医療事務をしたいのか」「なぜこの病院(医療施設)を選んだのか」という点ではないでしょうか。ここで考えていただきたいのですが、なぜ未経験者でも応募可能にしているのか、考えられる理由は大体以下です。 ・受付業務など接客の要素が高いため、接客業の経験を重視している ・売上概念を持っている人材がほしいので、営業の経験を重視している ・未経験者を理由に給与を安く設定し人件費を抑えたい ・なかなか経験者の応募が少ないので採用枠を広げている 以上を念頭に置いておき、面接時にこれらを盛り込んだアピールをするのが大事です。

前職は接客業の場合/未経験/未資格

【アピールポイント】 ・接客業で培われたスキルが接客や患者への対応に活かせると思い志望した ・医療事務は未経験だが笑顔で地域の方と接することには自信がある ・来院される患者様のことを考えた対応を心掛ける ・いずれ医療事務の資格をとり、いちはやく仕事を覚え成長する意欲がある

前職で一般事務だった場合/未経験/未資格

【アピールポイント】 ・貴院が以前から地域に密着した医療体制であったことを知っており、強く共感したため志望した ・この地域の方々のために働着たいと考えている ・未経験者だが、前職で一般事務として長年勤務した経験があり、パソコンなどの事務作業には自信がある ・今後資格取得をきっかけに、医療事務として病院に貢献したいと考えている

現職が一般事務/未経験/資格あり

【アピールポイント】 ・家族の介護の経験から病院の医療事務という仕事を知り、自分も働きたいという思いから  資格勉強をして資格を取得した ・現職では事務に従事しており、これまでの経験も活かしながら活躍したいと考え志望した

お分かりになっているかもしれませんが、ポイントなのは志望した病院(医療機関)の強みを事前によくリサーチし、把握しておくことです。例えば、志望した病院(医療機関)のホームページやパンフレットに前もって目を通し、理念や設備など、その病院(医療機関)の強みとしている部分を褒めるようにするだけで、ぐっと相手に印象付けることができます。 または、採用後に自分がやりたいことや目指していること、自分が心がけたいポリシーを伝えるのも良いでしょう。これらを踏まえて、面接内容や志望動機、アピールポイントを考えていきましょう。そうすれば、未経験だからといって、落とされることもないでしょう。

医療事務の正社員とパートで違いはあるの?

医療事務のもう一つ良いところは、正社員やパートなど勤務時間を自分の生活スタイルに合わせてある程度選択が可能なところです。しかしそれに応じた労働条件もありますので、しっかりと把握しておきましょう。

【正社員】 正社員はもちろん直接勤務先と雇用契約を結びます。働く環境や給料面、勤務時間、有給の有無、待遇、福利厚生などの交渉は直接自分で勤務先と交渉が必要です。給料形態は、勤務先によって「完全月給制」「日給月給」「月給日給」「年俸制」とありますので、事前にしっかり確認しましょう。ボーナスも勤務先によっては、業績や貢献度によって支給されることも多くあるようです。 勤務時間はほとんどがフルタイムになります。勤務先が提示する規定を満たしている、または短時間制社員制度を導入している場合には、短時間勤務も可能な場合があります。また、正社員ですので、残務処理等で残業が発生することもあります。

【派遣社員】 派遣社員は登録した人材派遣会社と雇用契約をしていますので、給料面、勤務時間、有給の有無、待遇、福利厚生などの基本は派遣会社に準じます。給料形態やボーナスの有無も派遣会社に準じ、月給制、時給性など選べるところもあるでしょう。フルタイムだけではなく、時間内シフト制もあり、残務処理等で残業が発生することもあります。有給については、正社員よりは取得しやすい風潮があるようです。

【契約社員】 正社員と同様、直接勤務先と雇用契約を結びます。有期契約のため、雇用期間があらかじめ決まっており、双方の合意があれば契約更新も可能です。給料形態は、勤務先の規定に基づきます。ボーナスも勤務先によっては、業績や貢献度によって支給されることもあります。フルタイムだけではなく、時間内シフト制もあり、残務処理等で残業が発生することもあります。

【パート(アルバイト)】 こちらも直接勤務先と雇用契約を結びます。ほとんどがシフト制の時給制を取っており、中には15分、30分と細かな設定をしている場合もある模様です。ボーナスは支給されていないことが多いようですが、業績によっては一時金として支払われることもあるようです。有給は基本的にはシフト制のため難しいというのが現実です。場合によっては残務処理等で残業が発生することもあります。

このように様々な働き方があり、それぞれで労働条件も違いますので、そのほかにも交通費や社会保険など、不明点があれば事前に確認しておくのが、後々のトラブルを回避する方法です。

未経験で医療事務に飛び込む

医療事務は国家資格でも、何らかの公的な資格があるわけでもありません。しかし、ここまでご紹介した通り、医療事務は医師や看護師と同じく患者の肩と直接接し、大事な情報を扱い、対応する立場ですので、接客をしながら正確に迅速に対応するスキルも求められる、非常に難しい仕事です。 だからこそ、自分の生活スタイルに合わせて長く堅実に働いていくためには、資格の有無だけに囚われるのではなく、未経験でも熱意をもって業務内容を覚える意欲があるか、どんな小さなことでもミスしない高い意識を持てるか、が最終的に重要となってくるのではないでしょうか。これから医療事務で働きたいと思っている方は、ぜひとも事前に資料やインターネットで医療事務に対する知識を蓄えたうえで、自分の生活スタイルや希望の勤務体系に合った求人を探してみてください。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング