IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

放送作家とは+放送作家になるには+放送作家の年収(テレビ/ラジオ/フリーなど)+女性放送作家

更新日:2022年09月11日

プログラミング学習

放送作家とは

どんな役割か

番組制作に関係している人というのは、非常に多くいます。 それこそ、一人でやっていくようなものではありませんから、カメラマン、音声、役者、タレントもそうですし、営業担当もいるわけです。 そうしたメディアでの番組制作の仕事の一つとしてあるのが放送作家になります。 この放送作家とは一体何をする人なのか、といえば端的にいってしまうと「シナリオ」を作る人です。 番組進行の流れ、といってもよいでしょう。かなり大雑把なところもありますし、物凄く細かいこともあります。 どんな内容の番組であろうと必ずシナリオがあるわけです。 或いは台本といってもよいでしょう。それに合わせて収録をしていくことになるわけです。 ナレーションの台詞一つでもやはり台本の沿って行われるわけです。 それを書くのが放送作家の仕事になります。 当然ですがすべてを放送作家が勝手に決めるのではなく、プロデューサーやディレクターなどと一緒に会議をして企画を進めていくことになります。 細かい台詞回しや進行などに口を出すプロデューサーもいますし、放送作家にその方面はすべて任せてしまう、ということもあります。 もちろん、現場との打ち合わせも放送作家はすることになります。 どんな場面で、どんな効果を出すことができるのかなど放送作家自体が専門ではない部分もあるからです。 そうしたことを考慮して、番組の台本を書いていくのが放送作家なのです。

放送作家になるには

どうすればなれるのか

放送作家になるためにはどうすればよいのか、といいますと実は決まったルートが確たるものとしてあるわけではないのです。 有名な放送作家の人はいろいろといるわけですがルートは本当にまちまちです。 資格があるわけではありませんし、テレビ製作会社に入ればなれるというわけでもないからです。 学歴も必須というわけではないです。 では、どうすればよいのかとなりますがルートとしては大学などに進学として放送コンテンツなどに関する知識を得ておくことです。 或いは専門学校でもよいです。放送作家を目指すための専門学校というのは意外とあります。 そこからコンテストに応募してみたり、或いはコンテンツ制作会社に放送作家志望として入社することです。 ここで重要なのはキチンと放送作家志望として入社することです。 そうでないとカメラマンなり音声機材の操作、編集などをするルートに入れられる可能性があるのです。 学歴は不要、といいましたがそれはなるための必死条件ではない、という意味であり、基本的に勉強をしていることは求められます。 何故かといいますとやはり放送作家は番組作りに関する知識があり、またその進行方法や台本の書き方など、最初から求められることになるからです。 つまり、入社してから頑張ります、というのでは駄目なのです。 独学でも構わないので放送作家としての能力、スキルがあることが最初から要求されるわけです。 その為、その手の専門学校なり大学の学科なりに通っていることは間違いなくプラスになる、といえるわけです。

変ったルートとして

本当に放送作家になるためのルートというのはこれが最善、というのが特にあるわけではないので面白いルートからなっている人はたくさんいます。 たとえば、その一つとして葉書職人から、というのがあります。 これは深夜のラジオ番組などで読まれる素人の葉書を書いている人たちであり、職人といっても商売にしているわけではないです。 かなりクオリティが高い葉書を送ってくれる人はやはり番組で読まれることが多く、そうした人たちに敬意を込めて、葉書職人と読んでいるわけです。 これも一つの放送作家になるためのスキル作りのようなものであり、そこからの伝手で、ということもありますがそれ自体はそこまでは期待できないです。 しかし、たとえばAKBのプロデューサー兼放送作家で有名な秋元氏は葉書職人出身でもあります。 その為、こうしたルートがある、というのはまず間違いないことでしょう。

テレビ局入社は?

テレビディレクターを目指すときなどはほぼテレビ局に入社するのがベストなのですが 放送作家はどうなのか、といいますとADからプロデューサーになっていき、放送作家としての活動も、ということは実はよくある話です。 ほぼ確実に番組コンテンツ制作におけるノウハウ、スキル磨きには向いているわけですし、狙い目であるのは確かでしょう。 また、コネ作りという点においてもやはりテレビ局入社から、というのは悪いルートではないでしょう。

弟子入りという手も

既に放送作家として活躍している人に弟子入りをする、という手もあります。 そうした場合、事務所としてやっているところが狙い目になります。 雇ってもらう、ということに近くなるのですがとにかく弟子入り希望ということで申込みをするなり、直談判をするのです。 ノウハウを得ることができる、ということもよいのですが伝手ができる、というのが何より大きなメリットであるといえるでしょう。

放送作家の年収(テレビ/ラジオ/フリーなど)

どのくらいの稼ぎか

放送作家ですがどんな採用のされ方をしているのか、ということによって稼ぎが大きく違うことになります。 例えばテレビやラジオではその番組一本でいくら、ということもありますが、そもそも制作会社勤務となりますと給料制であることが殆どになります。 テレビとラジオの場合、全般的にテレビのほうが給料が高いことが多いのですが、ラジオでも番組の放送作家となりますとやはり給料に影響してくることでしょう。 また、放送作家の働き方としてフリーがあります。 フリーランスで仕事を請け負う、ということが多くあるはわけです。フリーライターみたいな形になるわけですが、この場合は、何本いくら、一回の企画でいくら、ということになります。 このようにどんな形で採用されているのか、どんな形で報酬を受け取るのか、というのは違うわけです。 それこそ売れていない人でフリーであれば数万円単位の人もいて、別に生計を立てる手段がないと生きていけない人もいますし、30代で1000万円オーバーの収入になる人もいます。 それこそ、前述の葉書職人で技術を磨いた秋元氏の年収は物凄い金額になります。 まさにピンからキリまであるのが放送作家であるといえるのです。 ただし、最近では固定給による求人もかなり増えています。 その場合はさすがにあまりにも低すぎる、ということはありませんから、安心できることでしょう。

女性放送作家

次のページ:女性はいるの?

アクセスランキング