IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

航空業界の仕事内容・年収|未経験者が航空業界に転職する方法

更新日:2020年11月06日

就活

航空業界に転職する際に大切なこととは何でしょうか。実際に面接や書類審査でポイントとなる点なども記載してみました。また、航空業界の情報収集の方法などもまとめてみました。これを読んで航空業界への転職をイメージできれば良いと思います。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

航空業界の仕事(仕事内容、職種、資格、平均年収・給与など)

航空業界の仕事は沢山種類があります。パイロット、整備士、グランドスタッフなどがあります。共通して必要とされる資格は英語に関する資格でしょう。国内であっても航空会社は色々な場面で英語を使用します。なので、募集要項にも英語力に関する記載が結構あります。目安としては、TOEICで何点くらいと記載されています。 点数は職種によって様々です。平均年収についても、最近では航空業界は厳しい状況が続いている関係もあり、特別高いとは言えない年収になっています。他の業種と年収を比較してみると航空業界は若干高い位でしょう。給料を見てみてもシフトなどの手当があるものの基本給を見てみると決して高いとは言えません。

どのような仕事ががあるのか

のある航空業界の職種はパイロットやキャビンアテンダントなどになります。ですが、これ以外も受付のグランドスタッフや整備士もがあります。整備士に関して言えば、高い技術を集めて製造されている航空機を整備できることもありがあります。受付のグランドスタッフなどは、英語を得意とする方が色々な国の人と会話をする機会があることからがあります。また、パイロットはやはりその仕事自体のやりがいと給料の高さがの理由でもあります。人の命をあずかる仕事ではありますが、その分魅力的な仕事だと言えます。

航空業界の魅力とは

一つとしては、航空業界は世界の人とつながりのある仕事であるのでがあります。普通に海外の人と接するような仕事というのは、なかなかありません、また、航空会社のマークを付けた制服で仕事をすることも魅力の一つだと言えます。航空会社とはブランドのイメージを大切にします。仕事をしていてもそのブランドのイメージを大切にしながら仕事をしている人が多いでしょう。また、航空会社に入社した場合、無料で航空機に乗ることが出来る会社もあります。旅行好きの人にはこれ以上ない楽しみの一つとなります。なんと言っても無料で自分の行きたい所へ行けるのは、航空会社の社員の特権です。

未経験者が航空業界へ転職する方法

未経験者の場合は航空業界で必要とされ英語力があるかどうかが大切になってきます。また、グランドハンドリングなどの仕事でも英語力があると採用される可能性が高くなります。必要とされている英語力とは基本的な英語力ではありますが、簡単な会話は出来た方が良いです。 さらに、航空業界は人の命をあずかる仕事でもあるので、人間性を重視する傾向があります。もし、航空業界への転職を希望するなら普段から英語力と人間性を身に付けるように生活していればかなり有利になります。面接の時だけ、そのように見せれば良いと考える人がいるかもしれませんが、実際にはベテランの面接官が本当のあなたを見抜くことがあります。大切なのは普段からの努力になります。

航空業界に向いている人

航空業界で向いている人は誠実な人であると言われます。接客担当であっても整備士であっても誠実に仕事に取り組める人が良いとされています。もし問題が起きた時でも誠実に対応できる能力が必要とされるからです。反対に航空業界に向いてない人は、普段から嘘をつくクセがある人でしょう。会社によっては許容されるような嘘でも航空業界の場合は、通用しない事があります。転職でも新卒でも航空業界は、誠実に仕事をコツコツとすすめられる人が必要とされています。また、一人で責任ある仕事をするような航空業界なので、自発的に仕事を出来る人も好まれます。

転職した後に注意すること

航空業界へ転職した時は次の事に注意しましょう。 ・入社した会社の社風を良く理解すること。 ・会社で習う遵守事項などをおぼえる。 ・簡単な作業から一つ一つ覚えていく。 などがあります。航空業界は、他の業界とは異なってシビアのところがあります。一つ判断を誤って何かをしてしまったら問題になることがあり注意が必要です。それも普段から習慣的に守ることを守っていれば、無理なく出来るようになります。人間性が影響をするところも結構あるので、無理に航空業界に入ろうとすることはないと言えます。自分に合っていると考える人が航空業界に転職すると良いでしょう。

航空業界に強い転職サイト

次のページ:航空業界に転職する主な志望動機
初回公開日:2017年05月13日

記載されている内容は2017年05月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング