IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

京都移住計画の立て方|京都移住する際の仕事探し・コンシェルジュ

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

情緒と歴史のある古都・京都。観光地としてであるのは言わずもがな、近年京都への移住にが高まっています。この記事では、京都移住の魅力や意外な落とし穴、そして移住計画を立てるのにおススメのサイトを紹介していきます。京都移住に憧れる方は必見です。

京都移住は?

京都に住みたいと思ったことはありますか? 京都は歴史のある街で、観光地として国内外から非常にがあります。観光で京都を訪れた時に歴史的文化や街の雰囲気に惹かれて京都に住むことを憧れる人もいるのではないでしょうか。 観光地としては非常にのある京都ですが、移住地としてはどうでしょうか。京都市の人口は150万人と暮らしやすい規模で、景観も良く、確かに魅力的な都市です。学生や外国人も多くて活気があります。しかし京都は夏は暑くて冬は寒く、物価も高いなど、落とし穴もありますので、計画的に移住を考える必要があります。

京都に移住して馴染める?

歴史と文化のある都市である京都は、他県者(よそ者)を受け入れない、排他的であると言うイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。確かに京都の人には長い間伝統を守ってきたという誇りを持つ人もいて、地元の人や長い付き合いのある知り合いをとても大切にします。移住したばかりのころはなかなか難しいかも知れませんが、一度京都人の輪に入ってしまえば移住者でもきちんと認めてもらえます。

京都人の言うことは分かりにくい?

他県から京都へ来た人の中には、「京都の人が言っていることは分かりにくい」と感じる人が少なくありません。 京都では長居している客を帰らせたい時に、「ぶぶ漬けいかがどすか?」と聞いて、婉曲に帰ることを促す作法があると言われます。ぶぶ漬けとはお茶漬けのことで、勧められたからと言って真に受けてはいけません。早々に引き上げるのが正解です。 もっとも、これは落語や言い伝えの話なので実際に京都人がお茶漬けを勧めるわけではありませんが、京都人の言っていることが腹の中と反対である傾向はあります。これは住んでいるうちに本音が分かってくるようになり、応対にも少しは慣れてきますが、他県から来た人にとっては外国語を学ぶのと同等、またはそれ以上に難しい事ではないでしょうか。

いつ上洛されました?と聞かれたら

京都は御所が3つもあり、皇室と非常につながりがあります。そのため「京都こそ本当の都」「陛下はいつになったら京都に帰ってきはるんやろ」と考える京都人もいます。実際に、譲位後の陛下を京都に迎えようと言う計画も進んでおり、一万名以上の署名が集まっています。 さて、他県から京都に引っ越すと「いつ上洛されました?」と聞かれることがあります。「上洛」と言うのは東京における「上京」と似たような意味を持つ京都独特の言い回しで、「地方から京都に入ってくる」と言う意味合いです。京都以外の土地を「地方」とみなす人がいると言うことが垣間見えるのではないでしょうか。

京都の長所と短所って?

何事にも長所と短所はあります。魅力的に見える京都も長所と短所があり、移住計画を立てる前に考えておく必要があります。

文化遺産の魅力

京都の魅力と言えば文化遺産、名所旧跡です。実際に京都で生活すると自分自身が年中訪れるわけではありませんが、京都に住んでいるのなら常識として京都の観光名所は頭に入れておくと会話についていきやすくなります。 また、京都3大祭りも魅力の1つです。7月に八坂神社で行われる祇園祭、8月に行われる五山の送り火、10月に平安神宮で行われる時代祭りが有名ですが、これらに気軽に参加してみることが出来るのも移住の醍醐味です。更にお祭りの準備に関わる機会があれば、京都人の輪に入っていける大きなチャンスともなります。

京都は暑くて寒い?

京都は三方向を山に囲まれた盆地です。空気の流れが悪く滞留することもあって、内陸性気候のため夏は蒸し暑く、冬は底冷えします。特に暑さは厳しく、最高気温が沖縄や鹿児島を抜くことも頻繁にあります。暑さと寒さに弱い人は覚悟が必要です。 なお京都の特長とも言える町屋は憧れるかも知れませんが、木造建築なので断熱も悪く、実は過ごしにくいです。しっかりとエアコンの効く物件を探し、電気代もそれなりの予算を見積もりましょう。

京都は物価が高い?

「大阪で稼いで、神戸に住んで、京都で遊びなはれ」(京都はお金を使うところの意味) 「神戸の履きだおれ、大阪の食いだおれ、京都の着だおれ」(神戸は靴、大阪は色、京都は高価な着物) 関西で伝わるこの2つのエピソードを聞いたことがありますか?どちらも京都がお金を使う場所と言うことを意味しており、京都は物価が高いです。東京についで高いと考えておきましょう。 家賃や衣食住の生活費を抑えるために移住するなら京都はあまりできません。京都に移住するのなら、アパートを契約するのにかかる初期費用や毎月の余裕を持った収入確保が必要となります。

初回公開日:2017年08月30日

記載されている内容は2017年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング