IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気主任技術者とは?年収と仕事内容・資格の取得難易度・将来性

更新日:2020年08月14日

職種研究

高圧受電装置の保守管理など電気関係の仕事をする電気主任技術者。その仕事内容はおろか、その名前さえも聞いたことがない人も多いと思います。この記事ではそんな謎に包まれた電気主任技術者の仕事内容から年収、資格取得方法まで紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

電気主任技術者の年収

そもそも電気主任技術者って?

電気主任技術者とは、資格の一つになります。名前の通り、電気に関する資格になりますが、できることは高圧受電装置の保守管理、或いは点検ができるようになります。高圧受電装置というのは、必ず大量の電気を使う施設には設置されているものであり、それを管理するために必要な技術者になります。 電気はとても便利なエネルギーではありますが、受電設備の管理が適当ですと非常に怖いことになります。そこから火災が発生することもあります。高電圧の電気ほどその扱いは難しいことになりますから、そうした施設をキチンと安心して利用できるようにするのが、電気主任技術者になります。 高電圧の熾烈を定期的に保守点検するのが電気主任技術者の仕事になります。法律的にも高電圧受電設備を備えている場合は定期的に電気主任技術者の資格を持つ人からの点検を受ける義務があります。似たような名前の資格に電気工事士があるのですが、この電気工事士というのは工事が可能なのですが保守、管理点検ができないのです。 ですから、既に電気工事士の人がより広い仕事ができるように、と取得することも多くあります。まさに電気系の仕事をしている人にとってはキャリアアップに繋がることになる資格であるといえるでしょう。

年収は?

いくら電気主任技術者であるからといって、やはり違いはあります。しかし、ある程度の平均というのはしっかりとあるのです。電気主任技術者の平均年収としてあるのが、400万円~500万円前後になります。そもそも電気主任技術者といっても何種であるのか、ということによっても大きく違ってくることになりますから、あくまで平均は平均と理解しておいたほうがよいでしょう。それと独立して仕事をすることができるような職種でもあります。 何故かといいますと請負であちらこちらの設備を、ということができるからです。電気系の技術者というのは、意外と独立をしやすいこともあります。独立した場合は本当に自分のやり方次第で相当に稼ぐことができますから、なんともいえないのですが自営業者として年収500万円を超えることはそんなに難しいことではない技術者であるといえるでしょう。

電気主任技術者試験の内容と難易度

三種類ある

電気主任技術者というのは1種から3種まであります。それによって当然、試験内容が違ってくることになりますし、難易度も遥かに違うことになります。

まず、第3種の筆記試験が理論、電力、機械、法規の4つの科目があります。第2種と第1種の場合は、二次試験もあります。電力・管理、機械・制御の試験があります。試験の難易度なのですが、合格率でいえば第3種で10%程度、第2種は3~4%程度、第1種に至っては2%前後になります。これだけ見ても相当に難しい試験である、ということはよく理解することができるでしょう。受験資格はないので誰でも受験できるのですが、まず、電気主任技術者第3種であろうとも工業高校電気科を修了したレベルが求められるので、気軽に受けるような資格ではない、というのはよく認識しておきましょう。まったく知識がない人がこれから電気主任技術者の試験を受けようとしているのであれば独学ではなく、素直に学校に通うか、或いは通信教育を利用するのが賢明でしょう。

1種2種3種の違い

どんな違いがあるのか

1種と2種と3種というのがあるわけですが、それぞれ当然ながらできることが違ってくることになります。だからといっていきなり1種を取ろうとするわけではなく、普通は3種から取得していくことになります。職域として3種が一番狭く、1種が最も広い、というのは間違いないことです。

3種とは

第3種の電気主任技術者の資格を取りますと50,000V未満の電気設備、5,000kW未満の発電設備の維持・運用・管理が可能になります。事務所や工場などにおいて、49kWを超える電力が必要となる施設は、高圧受電にする必要がありますから、その維持、管理をするためには3種以上の電気主任技術者が必要になります。第3種の電気主任技術者に関して歯、認定校で所定の単位を取得して、一定の年数の実務経験を積んだ人は無試験で取得できるようになっています。

そのため、工業系の高校などを卒業していて、電気系の仕事をしている場合は自動的に取得できるようになる場合が多くあります。この資格のポイントになることは50,000V未満の電気設備、5,000kW未満、というところにあります。

2種とは

次のページ:電気主任技術者の選任とは
初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング