IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接での正しい受け答え方・受け答えの例と改善方法

就活の面接

何らかの審査や選抜で行われる面接ですが、受け答えにこまってしまい慌ててしまうという方も多いのではない絵消化。この記事では面接での正しい答えの受け答えについて紹介します。面接で困りたくないという方は、ぜひ読んでみて下さい。

更新日時:

正しい面接の受け答えの仕方

どんな受け答えをするのか

面接では、言葉のキャッチボールをすることになります。つまりは受け答えをすることになります。基本的にボールは相手から投げられることなります。つまりは、質問をされてこちらが答える、というのが受け答えの流れになります。

最後にこちらから質問をすることもありますし、それはしたほうがよいのですがあくまで最後の話です。面接の最も重要な時間はまず相手からの質問で始まるといってよいでしょう。 受け答えの仕方ですが、まずははっきりということです。美声である必要はないですがキチンと聞こえる声の音量で話しましょう。大きすぎてもよくはないのですが、重要であるのは元気であること、溌剌であることをアピールすることです。 基本的に元気な人を企業側が嫌がる理由がありませんから、過度にアピールしすぎる必要はないですが、はっきりと答えるようにしましょう。また、基本は『結論から先に言う』ことが原則になります。何かとを問われた場合、それは~です。なぜならば、と続けることが受け答えとしては正しいことになります。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

面接の受け答え例

一連の流れの例

まず、部屋に入ることになります。ドアをノックして、どうぞといわれたら、ドアを開けて『失礼します』といいます。これも面接の受け答えの一つになります。 そして、椅子の前まできたら、『○○と申します。本日はよろしくお願い致します』といいましょう。 そして、『どうぞお座りください』といわれたら『失礼します』といって座るのです。 実に形式的なことではありますが、これも立派な面接の受け答えであり、できることが当たり前になります。プラスにはならないですができないとマイナスになりますから覚悟しておきましょう。

そして、色々と質問をされていくわけですが、例えば、 『今日、ここに至るまでの交通手段と駅を教えてください』などといわれたとしましょう。 この場合は『はい。まず家から○○線の○○駅で電車に乗り、○○駅で○○の線で乗り換えて、×○駅で下車しました。その後、バスで御社の近くの○○前バス停で降りて、そこからは御社までは徒歩できました』 と答えます。 はい、というのは『では、質問にこれから答えます』という意味合いもありますし、質問がキチンと聞こえたという返事でもあります。 まず家から、といきなり離してもさほど問題はないですが、ワンクッション置くためにも『はい』というのはいれることをお勧めします。

面接の受け答えでの「はい」の使い方

はい、はとても便利

面接の受け答えにおいて、最も多用される言葉は『はい』でしょう。返事にもなりますし、相手の質問を聞き取れたこととしての反応としても使えます。面接の受け答えはまず結論からいうのですが、『はい』と一瞬の時間を確保するために入れることはとてもお勧めできることになります。 その瞬間に質問の答えを考えることができますし、頭を切り替えることもできます。面接の時の受け答えにおいて、『はい』というのはとても便利であり、極めて有効的でもあります。 はい、とは即ち返事であり、一般的には『何々ですか?yes or no』という問いに対しての返事のみならず、はい、いいえ、で答える必要がない質問にも活用できるのです。言い換えますと、『わかりました』という意味合いがあるからです。 『~についてどう思いますか?』という質問であれば『はい、わたしは~については~』と答えることが可能なのです。

『受け答えのコツ』は、ゆっくりと答えること

面接での受け答えというのは、どうしても早口になってしまうことがあります。ですから、面接の受け答えのコツとしては『ゆつくり』と話すことを意識することにあります。これが一つの受け答えのコツになります。 それこそ、これはかなりゆっくりすぎないだろうか、と思うくらいでちょうどよいであることすらあります。コツというよりは原則になるのですが、『結論から言う』のは何度もいいますがとても大事です。面接の時の受け答えが下手な人に多いのが回りくどい回答をする、ということがあるからです。

大事になってくるのはとにかくわかりやすい言葉を使うことであり、結論から言うことなのです。わかりやすい言葉、というのもコツの一つになるでしょう。難しい言葉を使うことが大事というわけではありませんから、この点は注意しておきましょう。 わかりやすい受け答えをすることを心がけることも受け答えのコツとなります。

受け答えできない人の改善方法

練習すること

致命的なほど、面接の時の受け答えができない人がいます。色々と理由はあるのですが大半は緊張しているからです。また、とりあえず聞かれる可能性があるような質問に対しての受け答えを事前に考えていないからです。 まず、緊張をする人は練習あるのみです。誰でも緊張をするのです。ですから、模擬面接をたくさんやってある程度慣れてしまう、という手があります。そんなことで直るのか、改善できるのかと思うかもしれませんが、単純な方法ではありますが意外と効果的でもあります。 またどこで面接の練習なんかできるのか、といえば例えばハローワークなどでやっていることもありますし、求人サイトに登録したりしていますとそうしたイベントをしているという案内がくることもあります。 それこそ、まずは家族なり友人なりに面接官役をやってもらう、というのもよいでしょう。 面接という場で緊張するのは、質問にしっかりと答えないといけない圧力があるからです。 それに慣れるためには質問に答える、という行為の回数を増やすことがベストなのです。

事前に考えておくこと

面接で聞かれるこというのは、まず2つ、3つはスタンダードなものばかりです。志望動機、自己アピール、今までの経歴などこのあたりは聞かれる可能性が極めて高いといえるでしょう。面接の受け答えに慣れていない人はまずはこのことをキチンと文章にして丸暗記しておきましょう。 そして、聞かれたらそれを丸々答えればよいのです。これだけでもかなり安心して受け答えができるようになるでしょう。意外と多いのは事前に回答を考えておくなんてズルいのでは?と考えることです。これはそんなことはまったくありませんから、準備できることはすべて準備しておくべきなのです。 それは質問の回答にもいえることであり、予測できるのであれば備えるのはむしろ、社会人として当然であるといえるでしょう。面接で緊張をする人は上手く答えることができるか不安、というメンタル面での苦手意識が強く出て来ることが多いのです。 それを少しでも緩和するために、『ある程度のことは事前に考えておく』というのが面接の受け答えが出来ない人、苦手な人にはお勧めできる改善法になるのです。

面接の受け答えの根本

就職活動、転職活動をするときにはほぼ面接があるといってもよいでしょう。面接の時の受け答えの基本はハキハキと答えることにあります。まずは、『はい』と答えて、そこから聞かれたことの結論を答えるようにすれば上手くいくことでしょう。 なかなか面接の時の受け答えに慣れることができない、苦手意識が強い、という人はまずは練習をしましょう。様々なところで模擬面接をしてくれることがあります。ハローワークなどもそうですし、求人サイトなどが主催していることもあります。友人、家族に面接官をやってもらう、というのもありです。 とにかく慣れることが面接は意外とできることになりますから、何度も何度もやってみることです。ある程度、聞かれることが予測できますから、それに対する返答を完璧に組み上げておく、というのもよい方法になるでしょう。面接の受け答えははっきりと元気に言うことです。目をしっかりとみて話すことができればある程度は成功する可能性が高くなるのです。

関連タグ

アクセスランキング