IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定承諾電話の仕方と時間帯・電話での話し方例

内定後

内定が確定した際に伝える内定承諾電話ですが、どのように連絡をすればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では内定承諾電話の仕方や、どのように話すかについて紹介します、内定承諾電話の受け答えについて知りたいという方は、ぜひ読んで下さい。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

内定承諾電話とは

内定の通知をいただいた後に、電話にて内定を承諾しますと担当者に伝えることです。内定承諾電話は、就活生と採用企業が社員と雇い主として1番最初にするやりとりです。企業側からしてみれば「この人ならきっと会社に貢献してくれる」と大いに期待しています。 そこで、マナーを無視した電話をしてきたら、マイナスイメージがついてしまいそういった第一印象は入社後にも少なからず影響してしまうと言えますので、内定承諾電話は大事なのです。

内定承諾電話の例

内定承諾電話マニュアル

まず、自分の大学名と氏名を伝え、採用担当者の所属部署、氏名、肩書きを伝え電話を代わってもらいます。採用担当者がいた場合は、内定をもらったことへのお礼を伝え、内定承諾の意思と今後の抱負を述べます。 もし、相手から連絡事項や持ち物等指定された場合はメモを取り、話が終わったらこちらから電話を切ります。担当者が不在だった場合は、戻り時刻を尋ね、こちらからかけなおす旨を伝えて電話を切ります。

内定承諾電話をかける際の注意点

まず、時間帯に注意します。朝や昼休み時、終業間際は一般的に忙しい時間帯なので電話をかけないようにします。無駄話をせず、必要最低限の話で止めておくことも大切です。そして、電話する前に必ずメモを用意しておきます。

内定承諾電話をしてみよう

内定承諾電話の例を紹介します。 電話担当者(以下:電):「お電話ありがとうございます。株式会社○○でございます」 私:「わたくし、○月○日に内定の連絡をいただきました。○○大学の○○○○と申します」 電:「お世話になっております」 私:「お世話になっております。○○部の○○様はいらっしゃいますでしょうか」 電:「少々お待ちください」 私:「よろしくお願いします」 担当者(以下:担):「お電話代わりました、○○です」 私:「お世話になっております。○○大学の○○です」 担:「お久しぶりです」 私:「この度は、内定の通知をいただき、ありがとうございます。入社後も精一杯頑張りますのでよろしくお願いします」 担:「はい、ぜひよろしくお願いします」 私:「お時間を頂戴して申し訳ありませんでした。失礼いたします」 相手の出方によって、私の部分は多少言い方をアレンジしたりしながら、内定の通知に対するお礼と、今後の抱負を 簡潔に伝えます。 抱負を伝えた後に「確認したいことがあるのですが、よろしいでしょうか」と伺い、 「入社までにこちらから送付しなければならない書類などはございますか」というように 入社までに準備するべきことを確認することで、より入社までの準備を効率よく進めることができます。

内定承諾電話の仕方

内定承諾電話で伝えるべき5つのポイント

電話をかける前に、自分が伝えるべきこと、聞いておくべきことをまとめておきます。 会話が始まってしまうと緊張してしまいますので、あらかじめまとめておくことで 焦らず、スムーズに話を進めることができます。

内定承諾電話ポイント①:「名前」

最初にきちんと自分の名前を名乗ります。当たり前だと思っていても 緊張して意外と忘れてしまうこともあります。

内定承諾電話ポイント②:「内定へのお礼」

内定をいただいたことに対して、きちんと感謝の気持ちを伝えます。

内定承諾電話ポイント③:「内定への意思」(内定承諾)

しっかりと自分の入社の意思を伝えます。

内定承諾電話ポイント④:「入社への意気込み・気持ち」

入社するにあたって、自分の意気込みや頑張っていこうという気持ちを伝えます。 長々と話す必要はなく、落ち着いて簡潔に伝えます。

内定承諾電話ポイント⑤「必要な書類、手続き等の確認」

何度も連絡して手続きなどの手順を聞くことがないように、入社までに必要な書類や手続き スケジュールの確認をしておきます。また、事前に聞いておきたいことがあれば確認しておきます。

話すときのポイント

緊張すると早口でしゃべってしまいがちです。そうなると、担当者は言葉を投げかけようとしても、それが分からずに一報的な会話になってしまいます。なので、落ち着いてゆっくり話すことを意識しましょう。一言終えたら腹式呼吸をして、会話中に「間」を作ることでゆっくりと話をすることができます。 また、電話口で緊張してしまっても、丁寧に感謝の言葉と誠意を伝えることを忘れなければ その気持ちは担当者に伝わります。そうすれば、内定承諾電話で好印象を持ってくれ、 入社後の人間関係が円滑になるきっかけにもなります。

電話で話す例文(モデルトーク)

例文①

「内定を頂いております。○○と申します。先日は内定のご連絡を頂きありがとうございます。本日は御社からの内定のお話を有難く受けさせていただきたいと思い、お電話いたしました。 精一杯がんばっていきますので、これからもご指導よろしくお願い致します」

例文②

「お忙しいところ恐れ入ります。内定を頂きました○○と申します。先日は内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。 本日は、御社からの内定をありがたく受けさせていただきたいと思い、お電話をいたしました。入社後は御社に貢献できるように努力して参りますので、これからどうぞよろしくお願い致します。入社までに必要な手続きなどありましたが、お教え願えます」 実際には相手あっての会話ですので、一気に読み上げることをせず焦る気持ちを抑え、しっかりと相手が話せるような「間」を考えた話し方を心がけると共に相手が何を話しているのかを聞く心の余裕をもって話すようにしましょう。 電話で内定を承諾する場合、担当者とのコミュニケーションを重視してしっかり会話をするように心がけます。ただ、会話を重視しすぎて本題を伝えられないのは良くありませんので、上記のモデルトークを参考にしながら、内定承諾を伝えるようにすると良いでしょう。

内定承諾電話の時間帯

まず大切なのは、相手の業務を妨げない時間帯を選ぶことです。 多忙な時間帯にかけてしまうと、先方から「非常識な人間だ」と思われてしまいます。

おススメの時間帯

電話をかける時間帯は、午前中なら10時台、午後なら14時から16時がおススメと言えます。始業直後から10時頃までは、朝礼やメールチェック、急ぎの仕事や至急の対応などで多忙なことが多く慌ただしい時間帯です。特に月曜日や祝日明けなどは、休みを挟んでいますので対応しなければならない業務が重なってきます。 至急伝えなければならない場合などを除き、午前中に連絡するのであれば10時台がおススメと言えるのです。11時台でも問題のないケースも多いのですが、11時30分から13時30分頃まで昼食休憩をとる時間帯の企業も多いので、やはり10時台がおススメなのです。 午後の場合、お昼休憩終わり直後もミーティングや急ぎの対応に追われやすいですが、午前中の作業が終わり、いったん区切りができる時間帯もできやすいです。14時から17時の時間帯が比較的落ち着いてる場合が多いと言えます。 しかし、17時以降で終業時刻が近づいていると、帰るまでに片付けなければならない作業に追われていることもありますので、17時以降の連絡は避けましょう。午後に連絡をするのであれば、14時から16時の時間帯に電話をかけるのがおススメの時間帯と言えます。 事前に会社の始業時間や休憩時間を調べておくと、電話をする時間の目安になります。 また、終業時間も把握しておき、最低でもその1時間前までに連絡を済ますようにしましょう。内定承諾電話をかける時間帯で相手に好印象を与えるか、そうでないかが決まってしまうことにもつながりますので、電話をかける時間帯を意識するのは重要なのです。 内定承諾の電話の印象は入社後のイメージにもつながるとても大事な印象であると言えます。感謝の気持ちと承諾を受けることでこれからも精進するという気持ちを相手にしっかりと伝えることができれば入社後も良い人間関係を築くことができると言えます。

内定承諾電話をして入社に備える

この内定承諾電話は、入社のためのやる気の意思表示と言っても過言ではありません。そして今後の自分の印象にもつながります。時間や言葉をよく考えて承諾電話をしましょう。

関連タグ

アクセスランキング