IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

サービス業への志望動機の書き方・例文|新卒/転職

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

サービス業と一言で言っても幅は広く、その職種によって業務内容は様々です。それに合わせて志望動機も変わってきます。しかし共通しているのは、お客様ありきの仕事だということです。サービス業の本質を考えながら、志望動機の書き方をお伝えします。

事務の場合

私は学生時代にアルバイトで事務をしており、スキルを伸ばすため、自主的にExcel・Wordを学び、ツールの作成など積極的に業務効率化をはかっておりました。このように、私は常に業務が効率よく安全に遂行できる方法を考えており、新しく学ぶことには前向きな考えを持っています。私のこの長所は、新しいサービスを提供し続けている貴社でこそ役立てることができると思い志望いたしました。

志望動機が見つからない場合

サービス業への志望動機が見つからないとはいえ、志望動機がなくては企業は雇ってくれませんよね。あなたはなぜ、数ある企業の中から、その企業を選んだのでしょうか。サービス業に興味がなくとも、その企業を選らんだ理由は必ずあるはずです。その場合は、サービス業にフォーカスを当てるのではなく、企業の体制にフォーカスを当ててみてください。 例えば、福利厚生から見える会社から従業員への社員愛は感じませんか。大手ではなく中小企業を受ける場合は、少人数であるメリットを考えてみてはどうでしょうか。特別サービス業にこだわっているわけではなくとも、その企業を受けようと思っている限り、志望動機は必ず見つけられるはずです。様々な角度から志望動機となりうるポイントを探してみましょう。

志望動機が見つからない時の例文

このサービス業界の数ある企業の中でも、貴社の社員を大切に想う社風に共感いたしました。貴社の制度には、記念日休暇や社内でのイベント事、インセンティブの制度などがあり、社員同士の絆や労り、社員のやる気を大切にしている様子が伺えました。 サービス業界の中には、お客様を想うあまり、従業員同士の思いやりが欠けてしまう企業も多くある中で、社員を思いやる心がある貴社であれば、長く勤め、貢献していけると感じ、志望いたしました。

人間性の見える志望動機でサービス業界へ

サービス業の志望動機の書き方はみえてきましたでしょうか。 サービス業とは、目に見えないものをお客様に提供する仕事です。サービス業界に長くいると、仕事をこなすことに忙しくなり、ついつい忘れてしまいがちですが、お客様の立場からしてみたら、目に見えないものにお金を払うというのは不安になるものです。 そんなお客様の気持ちに耳を傾け、常に先回りした対応をし、お客様の満足いくサービスを提案・提供してあげるのがサービス業の仕事ではないでしょうか。 あなたがそのサービスにどう関わってくるかは職種次第ですが、ぜひお客様の立場に立った目線で、素晴らしいサービスを提供できる人材になっていただきたいです。そして、そんなあなたの人間性が見える志望動機を作りましょう。

関連タグ

アクセスランキング