IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活サービス「リクナビ就職エージェント」の特徴・評判

就活サイト

既存の就活はまず希望する企業にエントリーすることから始まります。エントリーするためには大手就活サービスから企業にエントリーを行うわけですが、エントリーする条件は一体何を基準に行いますか?

更新日時:

リクナビ就職エージェントの特徴

今回紹介するリクナビ就職エージェントはリクナビと書いているので、言わずもがなリクナビが運営する人材紹介の就活サービスです。近年、新卒就活生向けの就職エージェントのサービスをよく見かけるようになりました。就職エージェントという就活サービスは就活生と企業の間に立ち、内定の仲介を行うというものです。

特徴その① 専任のアドバイザーが付く

リクナビ就職エージェントでは、就活生に専任のアドバイザーが付き、就活に対してサポートをしてくれます。 アドバイザーと相談しながら就活を行います。困ったときは電話やメールで相談が可能です。また、履歴書添削がマンツーマンで行えます。面接不合格後のフィードバックや内定後のケアも行っています。 そして、既存の就活ならば、就活サービスサイトで応募する企業を探しエントリーや、説明会の予約、面接の日時調整などを自身で行いますが、リクナビ就職エージェントでは就活生の代わりに行ってくれます。

特徴その② 選定された情報を提示

企業情報は膨大です。リクナビ就職エージェントでは、まず最初にエントリーシートを作成し、アドバイザーはその情報を元に企業をピックアップしてくれます。ある程度の自分に合う求人を選んでくれるので、見落としていた企業や知らない企業に出会えることがあります。 既存の就活サービスでは、膨大な検索結果から自分に合っている企業か判断できず、スルーしてしまうことがあります。結果として知っている会社しかエントリーしないということになります。 また、非公開求人を含めた求人紹介を行っています。これはリクナビ就職エージェントならではないでしょうか。

特徴その③ 手間と時間を削減できる

選任のアドバイザーが付き、自分に合う求人をピックアップしてくれて、面接の日時調整や不合格などのフィードバックを行ってくれる。また、選考の度にエントリーシートを作成することはない。ということは就活にかかる手間や時間を大幅に削減できるということです。 就活を全面的にサポートしてくれるために、効率的に就活ができます。

リクナビ就職エージェントの評判

このような就職エージェントは行きたい企業があり、そこしか目指していないという人には向きません。しかし、希望した企業の内定を必ず獲得できるとは限りません。就活は受験とは異なり、倍率も桁違いです。 よって、最初のうちは既存の就活を行い、行きたい会社がわからなくなった。就活に行き詰まりを感じるようになったら利用するようになったという就活生が多いようです。 やはり、就活はしんどいです。アドバイザーが付くことによって、自分のことを客観視してくれ、サポートをしてくれることは本当に気が楽になると思います。自己分析の手間が軽減されるのはとても魅力的です。 そして、めんどくさい作業をすべてリクナビ就職エージェントが行うため、進学も考えている就活生や東京に就職を考えている地方就活生にとっては効率的な就活サービスだと思います。

おわりに

就職エージェントのことを調べてみると、相性に左右されたり、紹介される企業が中小企業やベンチャー会社が多いといった点があります。また、就職エージェントの就活サービスによって扱っている職種や業種も限定されているため、カウンセリングの時に希望とマッチしなかったら、企業を紹介してくれなかったりということもあるようです。 しかし、リクナビ就職エージェントはあの大手就活サービスリクナビの姉妹サービスでもあるため、信頼があることはもちろん、紹介できる企業の幅も多彩でたくさんあります。 アドバイザーが付くことによって、見落としがちな企業に出会え、効率的に内定に結びつくかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング