IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事における「理想と現実のギャップ」とその埋め方

就活ノウハウ

皆さんは仕事における理想と現実のギャップの中で悩むことは多いのではないでしょうか。特に新入社員となると、入社前と後での仕事のギャップに苛まれる方もいるでしょう。今回は、そのような理想と現実の狭間でどうすべきか、その埋め方についてお話します。

更新日時:

仕事における理想と現実のギャップ

やりたい仕事としてる仕事が違う

皆さんは、仕事をしている中で、理想と現実のギャップを感じてしまうことがあるのではないでしょうか。このギャップは様々で、中でも多いのが自分のやりたい仕事としてる仕事が違うからという理由でしょう。やりたい仕事が理想だとすれば、してる仕事は現実です。自分がその仕事をしたいと思って入社してみても、必ずしたい仕事ができるわけではありません。 このギャップというものは、勤労意欲に大きくかかわってきます。ギャップが大きければ大きいほど、仕事をするか否か判断する材料になってしまいます。自分は、「将来~なビジネスマンになりたいという理想があるのに今していることはその理想とかけ離れている」と思ってしまうと、仕事に対して熱意をもって接せなくなってしまいます。 しかし、現実を見れば、退社して別の会社に転職するということは、現実的に不可能です。いくら理想とかけ離れていたとしても、仕事をやめることにして次の職を見つけるには、それなりにキャリアを積んでいないとすんなりと就職はできないでしょう。

入社前の理想と現実の差を大きく感じる

仕事におけるギャップでもっとも感じるというのは、やはり入社前と入社後のギャップでしょう。入社前は、その会社のいい部分しか当然見えていません。面接のときも、その人を採用したいと思っているので、いい部分しか見せないのが当たり前でしょう。 また、ネットなどで調べてみたとしても、信憑性の薄い情報などが乱立しており、参考にならないことがほとんどです。そして、いざ入社してみると、自分のしたい仕事ではない雑務などをやらされてしまうのです。その状況に陥ってしまえば、入社前に抱いていたビジネスマンの理想が崩れてしまうことでしょう。理想を高く持ちすぎてしまうと、そういった感情が生まれてしまうことは自然の摂理といってもいいでしょう。

どうして理想と現実の差が生まれるのか

このように、仕事でギャップが生まれるというのは、入社したうえでごく当たり前のことといえます。どうしてギャップが生まれてしまうのかというと、学生のうちに学生としてしか過ごしてきていないからということが挙げられます。 学生時代は、お金をもらって働くといっても、アルバイトがほとんどでしょう。アルバイトの延長線上で就職したのであれば、ギャップが生まれることはないといえます。一般企業になってくると、組織に配属するので、様々なしがらみがついてくることになります。そういったしがらみの中で生きていると、自分のルールが通用しないので、不満やギャップも生まれてしまうのです。誰もが未経験のエリアであり、未経験な仕事をするので、ギャップが生まれてしまうのも仕方ないでしょう。

理想と現実の狭間でどうすべきか

理想だけを追い求めても意味がない

理想と現実の狭間で生きるというのは、人間としてごく当たり前のことでしょう。しかし、念頭に置いておかなければならないのは、理想だけを追い求めていても意味がないということです。大きな理想を掲げて、仕事をするのもよいですが、大きすぎてしまうと意味がありません。実現不可能な理想を掲げてしまうのは、ただの理想主義であり、実現する可能性も極めて低いのです。現実を見てみればわかりますが、実現不可能な理想を掲げれば、掲げただけで終わってしまうでしょう。 しかし、実現不可能な理想を追い求めてしまうと、不毛な時間だけが過ぎてしまいます。 確かに、時間を費やすということは、人間において必要なことです。とはいえ、不毛なやり取りに時間を割いてしまえば、時間の無駄になってしまうのです。無理な理想ばかり追い求めたとしても、仕事をしていても何も身に付きませんし、何も面白くないでしょう。

現実だけを見ても面白くない

仕事をするときに、理想と現実を考えるときに、現実ばかり見る人がいます。しかし、現実ばかり見ていると、退屈な生活をしてしまうでしょう。何か夢があって仕事をしているにしても、実現できるかどうかわからないという理想であれば、現実を見てやめようとします。現実を見ている人は、リスクを極力避けるように生活していますし、安定志向といってもよいでしょう。そのため、何かに挑戦することなく、言われた仕事をただやっているだけという状況になってしまうのです。 そういう生き方も確かに良いですが、周りからは向上心がないと思われたり、挑戦しないと思われたりすることでしょう。ビジネスマンにおいて、堅物で真面目な人も必要ですが、野心がある人のほうが評価されやすいです。現実ばかり見ていると、この野心が著しく欠けてしまうので、意味がなくなってしまいます。

現実の先には理想がある

現実と理想は、常に隣りあわせといってもよいでしょう。現実の先に理想があり、理想を実現することができれば、現実になるのです。仮にも、部長になりたいという目標や理想があったとして、現実では無理だとしても努力しようとします。確実に部長に近づけるように日々努力していくことによって、理想を現実に変えることができるのです。 しかし、これが社長になりたいという目標や、会長になりたいと思っているのは少し無謀な理想になってきます。自分の野心がそこにあるのなら話は別ですが、掲げた理想をいかに達成していくかがカギになってきます。

理想と現実のギャップの埋め方

程よい目標建てが重要

理想と現実のギャップを埋めたいと思うなら、目標建てをすることが一番重要です。この目標というのも様々で、小さな目標から大きな目標まで様々です。重要になってくるのは、自分の力量で達成できる目標を作るということでしょう。漠然と目標だけを決めていても意味がありませんから、程よい目標が必要なのです。この目標を達成することができれば、自分の理想と現実のギャップを埋めることができるでしょう。理想は目標と紙一重であり、類義語といっても過言ではありません。しかし、理想が高すぎてしまうと、達成できずに夢に代わってしまうのです。

理想もクリアしやすい理想から

理想と現実のギャップを埋めることを目標にしているのであれば、理想もクリアしやすい理想から始めるとよいです。部長になるという目標があったとすれば、ステップを踏まなければなりません。係長、課長、部長へとステップを踏むでしょう。いきなり部長になるなら、左遷して別営業所に所属することができますが、現実味がありません。そのため、まずは係長になるように努力をすることが重要になってきます。理想を立てれば、その理想をどうやって実現していくかということを、考えるようになるでしょう。 それを考えたら、あとは行動するだけになってきますが、行動するにしても時間が必要になってきます。理想を達成するというのはそういうことで、時間をかけて初めて理想と現実を埋めることができるのです。期間は最低でも10年は覚悟しておいたほうがよいでしょう。

現実ばかり見ないこと

理想と現実のギャップを埋める上で、重要になってくるのは現実ばかり見ないことです。現実を見ていると、向上心がなく挑戦をしない堅物で真面目な人間になってしまいます。そういった人は、一部で評価されますが、理想と現実のギャップを埋めることは到底できません。 理想を埋めるとなると、それなりに努力が必要ですし、理想を掲げた以上達成しなければなりません。仮にも、それが実現が難しい理想だったとしても、その理想に向かって努力することは可能です。努力したうえで、どうなるかは個人の結果次第ですが、それが無駄になることはないでしょう。現実ばかり見ていると、この理想を埋めることもできません。多少現実を見ることも重要ですが、見すぎてしまうのもよくないでしょう。

関連タグ

アクセスランキング