IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事に対する姿勢・改善方法|履歴書への書き方/例文/対処法

就活ノウハウ

仕事に対する姿勢をどう改善するかはっわからない、という方も多いのではないでしょうか。この記事では仕事に対する姿勢とその改善方法について紹介します。仕事に対する姿勢を改善したい・履歴書で書きたいと言うかtあはぜひ読んで下さい。

更新日時:

仕事に対する姿勢とは

それは、小さなミスが命取りになるということを常に忘れないことです。仕事の飲み込みは割と早く、新しいことを吸収しやすいタイプの人がその過程の中で小さなミスを連発してしまうことで書類上の不備や誤字脱字、計算ミスなどを修正することは「余計な仕事」になります。こういった小さなミスの積み重ねが仕事に対する姿勢が悪いというイメージがついてしまい信用を失ってしまうことにもつながってしまうので、確認やチェックを行い、小さなミスを減らしていくことで自分の仕事に謙虚な気持ちを持って取り組む姿勢でいることが大切です。 自分の取り組んだ仕事に対して確認やチェックを怠らないことはベテランであっても新人であっても仕事の姿勢として重要なことであると言えます。自分の仕事に責任を持ち、やり遂げることが仕事に対する姿勢で大事なことと言えます。

改善方法

仕事に対する取り組みについて見直してみること

「今の自分の仕事に対する取り組みはどうなのか」ということについて、見つめ直すことが改善の第一歩と言えます。仕事に対する姿勢において、見直すべきポイントを紹介します。

①:ビクビクしていないか

慎重を通り越してビクビク、オドオドしている状態が誰の目から見ても良くないことです。失敗しないかどうかと恐れを感じながらでは、ベストパフォーマンスを出すことはできません。「ミスをしたらどうしよう」「ミスをしたのでは」などと常に恐怖を感じた状態であれば、絶望的な精神状態に陥り、周囲との関係も難しくなります。

②:悲観的になっていないか

社内で誰かが昇進したり、重要なプロジェクトメンバーに選ばれたりしたとき、他人を羨ましく思ったり妬んでしまうことは、他人の努力やセンスを認めようとしないことが多いです。考え方を少し変えるだけで仕事に対する姿勢も良い方向へ変わっていくことにつながります。人の良いところは素直に認めて、自分の努力不足を認識して、謙虚に仕事に対して取り組むことです。

③:言い訳が多くなっていないか

自分のアイディアや製品をプレゼンするとき「うまくできていないんですが」「まだ完成していないんですが」など、自信がないと思われかねない言葉を多用していないだろうか。謙虚でいることは大切でありますが、ほどほどの自信も大切です。謙遜してばかりいると、周りから頼りないイメージを受けてしまい、自分にとって不利益を被る場合があります。堂々といることも、仕事に対する姿勢を改善することに大切なことです。

④:無感情な発言をしていないか

人の気持ちや相手の状態を考えずに発言をしていないだろうか。人との距離の取り方は難しいが、誠意ある姿勢であれば仕事に対する姿勢の評価を上げることにつながります。 誠意のない考え方は自然に言葉に出てしまうものです。しっかりと相手に向き合うことは仕事に対する姿勢で大切なことと言えます。 仕事に対する姿勢に謙虚さは大切ですが、それが過度にでてしまうと自信がなく頼りない印象になってしまいますので、仕事に対する姿勢を改善したいと考えるのなら常に自信を持ち、人とのコミュニケーションを大切にし、他人のことはしっかり褒められるような素直な気持ちをもってそして常に向上心を持って仕事に向き合うように心がけることが、改善へとつながると言えます。

履歴書へ仕事に対する姿勢の書き方

履歴書は自分の魅力を伝えるために大切な書類です。この履歴書の書き方で採用されるかどうかの大半が決まってしまうといっても過言ではありません。面接での受け答えが重視されることには間違いありませんが、緊張して自分の良さを出し切れない場合が多いでしょう。それをリカバーしてくれるのが履歴書なのです。履歴書1枚でも決して手を抜くことはできないものなのです。

志望動機欄に「仕事に対する姿勢」を書くこと

履歴書の志望動機欄に、志望動機以外にアピールポイントとして「仕事に対する姿勢」を書くことです。 こうすることで、採用担当者も応募者の人柄を知りやすくなるのです。

書き方について

理想は、志望動機の中に「仕事に対する姿勢」を書くことですが文章を考えることや構成力に自信のない人は「志望動機」と「仕事に対する姿勢」というように項目を分けて書くことがおススメです。履歴書で大切なことは、立派な文章を書くことではなく、分かりやすい文章を書くことです。シンプルで分かりやすい文章になるように書くことが大切です。

具体的な例文

「わたしは、○○という経験があります。また、仕事中には○○をするように常に心がけ、周りからも「○○ができる」と評価をしてもらうことができました。このような性格とわたしの経験が貴社のお役に立てるのではないかと思い、応募させていただきました」というように書いてみると良いでしょう。これなら、志望動機と仕事に対する姿勢を併せて書くことができます。

仕事に対する姿勢の書き方の例

仕事に対する姿勢は、まず自分で思いつくことを書き出してみることから始めます。 例えば「書類整理をちゃんとやる」「暇なときでもだらだらしないで他にやることを探す」といった場合これを更に履歴書向けに具体的に綺麗な文にしてみます。「書類整理をきちんとするタイプで、不要な書類は早めに処分、必要な書類はカテゴリごとにファイリングします」「手が空いた時でも「他にするべきことはないか」と仕事を探し、常に動くようにしています」文章力に自信のない人は、上記のように箇条書きで書いても良いです。 更に文章としてまとめると「わたしは、書類整理に対しては自信があります。不要な書類は早目に処分し、必要な書類はカテゴリごとにファイリングするなど必要な情報が必要なときにすぐに取り出せるように工夫します。また、自分が手が空いているときでも「他にすべきことはないか」と仕事を探し、他の人の手伝いやオフィス内の清掃をするなど、常に動くように心がけています」というようになります。仕事に対する姿勢を具体的に分かりやすく文章にすることを意識します。

仕事に対する姿勢がない人への対処法

仕事に対する姿勢がない人は、仕事を先延ばしにしてしまう傾向があります。そうしたことをなくすために、一度気持ちをリセットする必要があります。また、他人と比較をして自分の仕事に対する自信をなくしてしまうことも原因であると言えるので自分ができる範囲で仕事に全力で取り組むことが大切です。 自分には自分しかできないことがあると自信を持てるようになることが重要です。さらに、仕事ができる人のやり方をよく観察して自分のものにしてしまうことでさらなるスキルアップも可能と言えます。仕事ができる人と比べるのではなく、参考にすることで自分の仕事に活かすことができ、仕事に対する自信にもつながるでしょう。仕事に対する姿勢がない人は、発声が小さい傾向もあります。小さい声で話すことで、相手に聞き返されることが多くなってしまい、それによって萎縮してしまい悪循環になってしまいます。普段の話から少し大きめの声で話すことで、相手も自分の事を認めてくれた気持ちになり段々と自信を持って話すことができるようになるでしょう。 また、人の意見ばかり聞いていても、仕事に対する姿勢を変えることはできません。時には自分の意見を主張することが自分の仕事でも良い結果を、そして仕事への自信にもつながると言えます。また、自分で仕事をしているという実感を持つ事ができるので、いつも受身で仕事をしているよりも楽しく仕事に取り組むことができるでしょう。仕事に対する姿勢を改善するには、まず自分の日ごろの仕事の姿勢ややり方を見つめ直し改善するべきところは対策を練って、自分に自信を持てるよう仕事に取り組めるようになることが仕事に対する姿勢を良くすることであると言えます。

関連タグ

アクセスランキング