IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

謳い文句をつける意味・使い方と例文・類義語や同義語

更新日:2020年11月20日

言葉の意味

特に何か商品を売るときに必要だと言われている、謳い文句という言葉を知っている人も多いのではないでしょうか。この記事では謳い文句の意味や使い方、同義語などについて紹介します。謳い文句を使う機会があるという方は、ぜひ読んでみて下さい。

謳い文句の意味と使い方

どんな意味があるの?

特に何か商品を売るときには謳い文句というのを使うことがあります。改めて謳い文句とはなんなのか、といわれるといまいち上手く説明できない人も多いことでしょう。簡単にいいますと『特徴やメリットなどをわかりやすく説明した文言』ということになります。

例えば端的にいえば『他よりも安い』というのも一つの謳い文句になってきます。人の興味や注意を引くことができるようになればそれはとてもよい謳いもなくであるといえるでしょう。上手くすればそれだけで一気に多く売れることができる、注目を浴びることができるようになりますから、企業の商品販売においてはまさに死活問題ともいえるような部分になります。ちなみに明らかに違っている謳い文句を出すことは商品においては禁止されていたり、特定の文言は駄目、となっていることもあります。

法律的なこと

商品にとって謳い文句というのは非常に重要になります。ですから、かなりしっかりと考えられていますし、また少しでも興味を引いてくれるような凄いものにしたいと考えるのは当たり前でしょう。 しかし、過剰な謳い文句、根拠がない謳い文句というのは実は禁止されています。具体的には不当景品類及び不当表示防止法という法律に触れることになります。当初は公正取引委員会が所管していたことですが、現在では消費者庁に全面移管されていることであり、この法律において謳い文句で嘘をついたり、過剰に効果を表現したりすることは駄目、としているわけです。勧告などが行われるわけですが、場合によっては消費者庁による「措置命令」となることもあります。

また、薬効に関してもかなり厳しくなるようになっています。つまりは、サプリメントなどですが実際に見てみればわかりますが、『何々に効く』ということをいうことは駄目です。薬ではないので特定の疾病に対して効果を謳うことは薬事法違反になります。ただこの法律にはやや抜け道的なことがあり、イラストに関してはほぼ放置されている、ということにもなっています。このあたりがかなり闇深い状態になっているのですが、とにかくこうしたことからも見てわかるようによくも悪くも『謳い文句』によって売上げが大きく左右されるので企業側もかなりギリギリを攻めている、ということがわかることでしょう。

類義語・同義語

似たような言葉として

謳い文句という言葉には色々と類義語同義語があります。 例えば、キャッチフレーズ、キャッチコピーなどは英語ではありますが既に日本でも大きく普及している言葉であるといえるでしょう。或いは日本語でいえば、売り文句、或いはあおり文などもそうでしょう。宣伝文句、誘い文句、口上なども十分に類義語になります。大体、これらは同じ意味合いであるといえますから、基本的には使い方はそこまで違うことはありませんからどれでもよいので使ってみるとよいでしょう。

謳い文句をつけるとは

宣伝の一つ

謳い文句をつけることには意味があります。よりその商品の魅力を伝えることができるようになりますし、ひきつけることかできるからです。謳い文句をつけるとは、要するに宣伝の一つであるといえます。ですから、それを専門にやっている職業の人がいるくらいであるのです。多くの場合、謳い文句とは短いことが多いです。長い名文を作り上げることができたとしてもキチンと読んでくれるのか、ということは非常に微妙なところであるからです。なので、まずは短文で締まった文言で惹きつける、というのがよい謳い文句であるといえます。なかなか難しいことではありますがかなり有名なものもたくさんありますし、参考にしてみるとよいでしょう。

企業に謳い文句を

場合によっては商品どころか企業そのものに謳い文句をつけることがあります。~といえば○×企業、みたいな印象、イメージを持ってくれるようになりますとこれはまさに成功したといえるでしょう。だからこそ、コマーシャルを打ったり、広告を出したりするわけです。当然、企業イメージとしてはプラスである必要性があります。 そして、その企業を端的に表現することに相応しい文言であるといえます。特に大変なのは一度定着しますとなかなか変えることができない、というのがこの企業の謳い文句の難しいところになります。例えば『安い』というイメージを上手く謳い文句でつけることが成功したとしましょう。それが当初のイメージ戦略として正しいことであり、また狙いであったとすればこれは実に素晴らしいことになります。

しかし、今度は安さのみならず、品質、高級感で勝負していく必要性が出てきた場合、この企業はイメージを180度転換する必要があります。新しい謳い文句をつけて、企業ブランドに高級感を出させる必要性があるわけです。ですが、これが極めて難しいことになります。同名ブランドでそれが上手くできたところはそれこそ経営の教科書に載るようなレベルの成功になります。ですから、同じ企業でも分社してブランド名を変えたりして、完全に別イメージを最初から作りあげることなどをするのが定石になっています。それほどまでに謳い文句などによってつけられた企業イメージというのは一度定着してしまうと変更をするのが難しい、ということになっているわけです。気軽につけることもありますがそれは一商品である場合であり、企業イメージを考えるときには、企業の謳い文句を考えるときには相当に注意する必要性があるのです。

初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング