IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「パタンナー」とは?年収と仕事内容・向いている人

職種研究

皆さんは「パタンナー」という職業をご存知ですか?なかなか聞いたことがないという方も多いでしょう。そこで今回は「パタンナー」とはなんなのか、また年収やき給与はどのくらいなのか、ご紹介していきます。「パタンナー」について興味がある方はぜひ読んでみてください。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

パタンナーの仕事とは

パタンナーってどんな仕事?デザイナーとの違いとは

ファッションデザイナーが描いたデザイン画を元に洋服の型紙(パターン)を作る仕事です。デザイナーはシーズン毎に次に提案する洋服を考え、デザイン画を描きます。デザイン画の段階では、平面ですが実際の洋服は人が着ることができるように立体で作られています。どのようなパーツを組み合わせれば、デザイナーの描いたデザイン画に忠実かつ、着心地の良い服を作ることができるのか…それらを総合的に考えて、パターンを作成する仕事がパタンナーの仕事になります。

パタンナーの仕事内容

パターンを作るだけではない、パタンナーの仕事

デザイン画からパターンを作成し、実際に製品になるまでの作業を行います。原型と呼ばれる基本のパターンを展開していき、デザイナーのイメージする洋服の形に近づけていきます。切り替えの位置が数ミリ違うというだけでも洋服の印象が変わったり、着る人のスタイルをよく見せることもできます。 現在の流行だけでなく、その服を着る人の年齢や体型も考慮してパターンを作成します。体にフィットする着心地の良い洋服にするため、パターンができた時点で、仮縫いを行いトルソーや実際にモデルに着せてチェックも行います。デザイン画と照らし合わせたり、デザイナーの立会いの元チェックを行い、修正を重ねて、パターンを完成させます。その後、サンプルを工場に依頼します。 サンプルの検品や採寸、ボタンや付属の手配などもパタンナーが行います。 実際に製品にする際に使用する生地を使ったサンプルを見て、着心地の良い服になっているのかを確認し、修正を行い、製品用のパターンを完成させます。また、縫い方の指示や始末の指示を表す指示書も作成します。基本は、デザイナーの描いたデザイン画に沿って仕事を行いますが、実際の洋服になった時のことを常に考えてパタンナーは仕事を行います。素晴らしいデザインの洋服でも、着心地が悪ければ洋服として問題があります。時にはデザイナーに意見をしたり、意見を求められることもあるので、美しいシルエットや着心地について高い意識を持ち、技術を磨く姿勢が必要です。 服の良し悪しは、パタンナーの技術によって決まると言われるように、着心地の良い洋服が消費者の元に届くにはパタンナーの力が不可欠です。

パタンナーに必要なスキルとは

パタンナーとして活躍していくために持っておきたいスキル

近年、アパレルメーカーではアパレルCADを使用し、パソコン上で作成することが主流です。アパレルCADを使用でれば問題ありませんが、使用しているソフトもアパレルメーカーによって様々です。専門学校に通うとCADの実習があることもありますが、こちらは仕事をしながら覚えていけば大丈夫です。CADを使用することが主流にはなっていますが、場合によっては手描きでパターンを作成したり、トルソーに布を当てながら、立体的に作成することもあるので、どのタイプでも対応できる知識が必要となります。 また、パタンナーがサンプルを作成することもあるので、縫製のスキルも必要です。デザイナーが選定した生地で、デザイン画のようなシルエットになるのかどうかも踏まえてパターンを作成しなければならないので、生地についての知識も必要になります。デザイナーや生産管理との間に入ることも多いため、双方の要望をうまく汲み取っていけるようなコミュニケーション能力も必要となります。

パタンナーに向いている人とは?

当てはまる?パタンナーに向いている人とは

平面で描かれたデザイン画を立体的に洋服にしていくため、物事を多角的に考えることができる人が向いています。また、サンプルの計測など事務的な作業も多い仕事です。コツコツ仕事をすることができる人が向いています。どんなに優秀な人でも名前が出ることはほとんどありません。クリエイティブに表に立つというより、素敵な洋服の影で努力をすることにやりがいを感じ、技術を向上させることに喜びを見出せる人が向いている人だと言えるでしょう。

パタンナーの年収・給料

給料っていったいどれぐらい?昇給は?

初任給は平均20万円程度で年収280万円程度になります。小さなデザイン事務所などでは、さらに下回り生活するには少し厳しくなることが多くなります。とはいえ、技術職になるので最初はアシスタント的な役回りでのスタートが多いです。 簡単なアイテムから任せられ、徐々にコートやジャケットなどの重衣料と言われるアイテムを任せられるようになってきます。後輩の指導などの業務の幅も増え、伴って年収も上がってきます。ただ、30代でも年収300万〜ということが多く、年収が低いと言われるアパレル業界の中でも上がりにくいのが現状です。

パタンナーの働き方

パタンナーとして長く働くには

パタンナーは、技術職なのでフリーランスになることも可能です。技術を磨き、仕事の幅が増えれば様々な働き方を選択できます。質が高いことは前提ですが、量をこなすパタンナーになるのか、オーダーメイドにも対応できるような高い技術のあるパタンナーになるのかでも働き方や企業の選び方は変わってきます。 担当業務がある程度決まっているので、周囲の理解や協力と個人の技量で時短勤務やパートでも働き続けていくことができます。この点ではパタンナーはアパレル業界の中でも息の長い仕事だと言えます。

パタンナーになるには?

どうやったらパタンナーになれる?一番の近道とは

服飾系の専門学校、大学、短大などを卒業するのが一番の近道です。中でも、専門学校は企業と繋がりを持っていることが多くアパレルメーカーへの就職は有利になります。学校に通うことでデザインからパターン、縫製まで一貫して学ぶことができ、パタンナーの仕事以外の知識を持つことができます。これは、仕事をしていく中でとても役に立つはずです。 アルバイトや未経験から採用ということは少なく、就職の際ほとんどの場合、作品提出か実技試験があります。個人でも技術を持っている場合はこちらでアピールができれば、アパレルメーカーへ就職もできるかもしれません。技術を証明することができれば採用へ繋がる可能性がありますが、あまり現実的ではありません。パタンナーになりたい!と思うのならば、やはり専門学校に通うのが一番の近道です。同じ志を持つ仲間や、業界との繋がりや様々なコネクションを持つことができるので、転職の際にも役に立つことが多いです。

パタンナーに資格は必要?

持っておくと有利な資格は?

結論から言うと、パタンナーになるために資格は必要はありません。資格としてはパターンメイキング技術検定があります。2級が専門学校卒業レベル、1級が専門学校卒業後、実務経験5〜6年程度の知識と技術を持っていると想定されるレベルとなっています。就職の際、なにか少しでもアピールのしたいというのであれば、パターンメイキング技術検定の1級を取得しておくと良いでしょう。

パタンナーの転職とは

転職市場は?どうやって探すのか

転職サイトを見ても多く掲載されていないのがパタンナーという職種になります。総数は多くありませんが、一定の求人数はあるのでアパレル業界を専門に取り扱っている転職サイトやエージェントに問い合わせてみると良いでしょう。多くは、同じくアパレル業界でのコネクションからの転職が多いようです。

パタンナーになりたいというあなたへ

パタンナーとして活躍していくために

いかがでしてでしょうか。今回は「パタンナー」について様々な観点からご紹介してきました。パタンナーとして将来活躍していきたい!と考えている方には、専門学校に通うなどパターンだけでなくアパレルの知識を総合的に学ぶことをオススメします。 パタンナーと一言で言っても、レディースなのか、メンズなのか、キッズなのかスポーツウエアなのか、ニット専門なのか、布帛なのかなど様々な選択肢が出てくると思います。その中で、一番自分がやりたい分野を見つけ、まずはその分野で技術を身につけてください。その後どんどん技術を蓄積しすることで活躍の場を広げていけるはずです。今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング