IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【履歴書】人事の心を掴む「志望動機」の書き方、例文20個

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

形式を整えた中でもっとも重視されるのが「志望動機」。あなたが企業を志望する気持ちが決まったなら、しっかり伝わるように書かなければなりません。ここでは履歴書の志望動機の書き方と、例文を紹介します。履歴書を書こうとしている皆さんはぜひ参考にしてくださいね。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書 志望動機の書き方

志望動機を書く際には、 ・どうしてその企業でないといけないのか ・どうしてその企業が自分を採用するのか という2つのポイントを抑えることが重要です。 そのためにまずは、業界や会社についてしっかり研究しましょう。ホームページを始め経済やビジネスの書籍を研究したり、会社説明会やOBOG訪問を積極的に行いましょう。

企業の特色や方向性をしっかりリサーチ

自分はなぜその企業や、取り扱っているサービス・商品に興味を持ったのか、思いや考えをまとめましょう。沿革によるその企業が歩んできた道のり、競合他社との比較などもしっかり研究しておきましょう。

会社説明会やOBOG訪問

企業を知る手段としてだけでなく、自分の志望動機を固めるうえでも、実際に勤めている先輩の話を聞くことは貴重な機会になります。できれば就活中にできるだけ多くの先輩に会うことをお勧めします。その上で志望動機をかためたら、次はこんなふうにリストアップしてみましょう。 ・企業に入りたい理由 ・大学の専攻など学んだ内容 ・クラブやサークル活動、アルバイトなどの経験で得たこと カードを作るとよいですよ。 1.自己カード 白いカードに数枚に分けて箇条書きし、コピーしておきます。 2.企業カード 今度は色のついたカードに、志望企業の求める人物像を書いてみましょう。

色カード(入りたい企業)の例:

「企業名:〇〇商社」 「主な事業:アジア市場への製造機械の供給」 「ほしがる資質・能力:」 ・製造業の海外展開に関する知識 ・製造業や、製造機械への理解 ・アジア文化への造詣 ・異文化社会における旺盛な行動力 自己カードの中から、企業の「ほしがる資質・能力」にマッチしている部分にラインを引く。 例えば ・韓国語を学びホームステイした。 ・ベトナムへ行き工場見学をした。 ・大学で『製造業の海外展開支援』を研究した。 ・日本の技術力をもっとアジアへ進出させたい。 ・中小企業の力になりたい。 ・志望理由1 アジア市場への供給力がある、業界だから。 ・志望理由2 中小企業の現地工場展開を支援しているところが魅力だから。 この2種のカードが志望動機を組み立てる材料になります。

履歴書 志望動機の注意点・ポイント

企業には大勢の学生が応募しています。目を通す書類の量は膨大。採用担当者の身になって想像してみましょう。まず丁寧に書かれていることは第一条件です。その上で、一見でわかりやすい書き方が必要になりますし、他の就活生と似たありきたりの志望動機では、目を引くことはできません。「この学生に会いたい」と感じさせる志望動機は ・我が社を選んでくれた理由が明確 ・我が社で働くイメージが学生と採用側の両者にある。 ということが大切になります。 「自己カード」と「入りたい企業カード」を並べて置きましょう。材料は揃いました。以下のフレームに沿って書いていきます。エントリーシートに比べて履歴書は一般的に記入枠が限られ、手書きで多くの文字数は入りにくいので、簡潔にまとめることが必要です。 1.結論 「私は貴社で~に取り組みたい」というビジョンを語る。 2.経験 「なぜその目標なのか?」を、経験を根拠として語る。 3.意欲 「なぜ貴社なのか?」を、企業の特徴をふまえて語る。 4.将来 「入社できたら、こう働きたい」と、展望と熱意を語る。 この形で志望動機を書いていくと、採用担当者も見やすく、あなたのアピールが伝わりやすくなります。新卒者らしいフレッシュさと、理路整然とした思考が印象に残る履歴書となるでしょう。 面接官がどんなところを見ているのかなど、面接対策に必要な知識を身に付けたい方は転職エージェントを活用するといいでしょう。プロのキャリアアドバイザーから、的確なアドバイスをもらうことができます。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。 また、登録(無料)することにより以下の情報が見放題です! ・みんなの口コミ(企業の選考情報の口コミ) ・通過エントリーシート ・会員限定記事 ・就活のノウハウ ・自己分析のやり方 など無料で出来ますので、初めての方でも安心して利用できます。

今の給料に不満がある職場の環境に慣れないそんな方はこちら

次のページ:履歴書 志望動機の例文20個
初回公開日:2016年11月21日

記載されている内容は2016年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング