IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

不測の事態とは・不測の事態を使った例文6つ・不測の事態の備え方

更新日:2020年05月17日

書き方・例文

一般的に予想もしないでき事を表現する「不測の事態」という言葉があります。不測の事態は、自然災害だったり、会社でのトラブルやミスだったりとさまざま場面があります。不測の事態を使った場面別の例文6つと不測の事態の備え方・不測の事態が起きたときの対応をご紹介します。

不測の事態とは

不測の事態(ふそくのじだい)とは、予想もしないような驚くべきでき事という意味をもつ言葉です。予期しなかった事柄や思いがけない事態が起こってしまい動揺している心境を表しています。 不測の事態とは、どいういう状況なのか、不測の事態を使った例文6つと不測の事態の備え方をご紹介します。

不測の事態を使うタイミングとは

「不測の事態」という言葉を用いるときは、予想していなかったような突発的なアクシデントが起きた場合に使用する言葉です。「こんなはずではなかった」と後悔の念と共に使われる言葉でもあります。 予期せぬでき事が起きてしまい、悪い方向に結果に繋がりそうだと感じたタイミングで「不測の事態」という言葉を使います。

不測の事態を使った例文6つ

実際に「不測の事態」という言葉をどのように日常生活に活用したら正しいのでしょうか。さまざまな場面別に不測の事態を使った例文6つをご紹介します。ぜひ、生活での「不測の事態」という言葉の使い方の参考にしてみてはいかがでしょうか。

例文1:面接で予期せぬ質問をされたとき

就職面接の場面において事前準備をしていたにも関わらず面接官から思わぬ質問をされた場合に心境を表す意味で「不測の事態」という言葉を用いることがあります。 例文としては、「予想以外の質問をされること見越して不測の事態に備えておくべきだった。」という使い方をするこがあります。

例文2:第三者のトラブルに巻き込まれたとき

第三者による突発的なトラブルは、仕事やプライベートでも突然訪れます。例えば、仕事などで納品しなけらばならい商品が未曾有の災害で商品を用意して納品できなくなった場合などに不測の事態を使うことが多いでしょう。 「不測の事態により、大きなダメージが与えられてしまいました。わが社のこの先の業績はどうなるのだろう。」という例文になります。

例文3:頼りない部下を叱責するとき

新入社員が入社してきて右も左もわからない状態でも頭で考えるより先に行動してしまって次々とミスを起こしてしまう場合もあるでしょう。 頼りない部下を叱責するときにも「不測の事態に備えておけば、このようなミスは起こさないはずです。」といった例文を用いる事で冷静に部下を叱責することができます。

例文4:トラブルを回避できたとき

日常から「いつ何が起きるかわからない」と何事も慎重に行動をしたり、準備を整えている人が周りにいないでしょうか。常に不測の事態などを想定して準備をしている人は、仕事やプライベートのトラブルを回避できます。 「常に不測の事態が起こる可能性を考えて対処方法を知っていたために落ち着いて物事をを回避できました。」というような言葉の使い方がいいでしょう。

例文5:問題が解決されたとき

「不測の事態」という言葉は、これから失敗をどう取り戻せばいいのかと焦っている状態を表しています。 不測の事態を乗り越えて問題が解決に進んでいる場合の例文としては、「不測の事態を日常からシミュレーションしていたことで問題がスムーズにか解決に向かっている。」などの表現ができます。

例文6:予期せぬ災害が起きたとき

次のページ:不測の事態への備え方
初回公開日:2017年04月30日

記載されている内容は2017年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング