エントリーシートの書き方の例文10選|自己PR・挫折経験・将来の夢

就活ノウハウ

就活でまず最初に必要となるエントリーシート。どうやって書けばいいのかわからないという人も多いでしょう。ここでは、エントリーシートの書き方の例をまとめました。

更新日時:

views10360

他の就活生より一歩リードしよう!

就活においてエントリーシートは重要です。しかし、どんなことをアピールしたら良いのかわからない方も多いでしょう。 今回は、エントリーシートの書き方のポイントを例文と照らし合わせながらご紹介していきます。 この記事を読みポイントを抑え、他の就活生より一歩リードしたエントリーシートを作成しましょう。

企業の求めている二ーズに応じた人材

エントリーシートはポイントさえ押さえれば、誰でも簡単に面接官の関心を得る文章を作成することができます。 まず、重要なことは企業側のニーズに応じた人材であることをアピールすることです。 では、企業はどんな人材を求めているのでしょうか。ガクセイ基地が取材した人気企業の中で求められている人材像によると、

・コミュニケーション能力のある人 ・向上心をもって、常に挑戦しようという気持ちがある人

この2点に当てはまる人材が企業のニーズであることがわかりました。 それでは、この2つのポイントを組み入れた例文をご紹介していきます。

面接官の関心を得るエントリーシートの例文

自己PR

[エントリーシート例文1] 私は物事に計画性をもって取り組むことができます。時間厳守のため10分前行動を心がけ、余裕を持って行動することでレポートなどの課題提出や、友人との約束に遅れたことはありません。そのことが評価され、飲み会の幹事や旅行の計画を頼まれることも多いです。 [エントリーシート例文2] 私の長所は協調性があるところです。私は大学時代に吹奏楽部に所属していました。部員たちとどのようにうまくやっていくか、一人一人の長所や役割を理解し、部員全員で一つの目標に向かって進んで行くという協調性を、部活動を通して培いました。 [エントリーシート例文3] 好奇心旺盛なところが、私の強みです。興味を持ったことは徹底的に調べ、行動することを大切にしてきました。インターンシップで活動していた際も、好奇心旺盛であることが幸いし、任された事業を成功させることができました。 [エントリーシート例文4] 私の長所は、初めて会った人とでもすぐに対話できるコミュニケーション能力があるところです。私は高校生の時から、アルバイトで接客業に携わっていました。常連の方や、初めて来店される方など様々なお客様がいらっしゃるので、それぞれに合わせた対応をお客様の雰囲気などから察知することができます。

失敗・挫折の経験

[エントリーシート例文5] 大学1年性の時、私はファミレーレストランでアルバイトをしていました。人生で初めてのアルバイトだったので、注文をとる際にお客様の言葉を何度も聞き返してしまい、先輩に注意されてしまいました。その経験から、メニューをしっかり覚えるなどの事前の準備や、先輩の注文のとり方から良いところを観察するという大切を学びました。 [エントリーシート例文6] 私の最大の挫折体験は、大学受験の失敗です。第一志望の大学に対して十分な準備を行わなかったことが原因で、志望していたわけではない合格の可能性が高そうな学校を選んでしまいました。浪人生として過ごした一年間は、その時の反省を生かし、志望校に合格することだけを考え悔いの残らないよう努力することができました。 [エントリーシート例文7] 私は去年、部活の大会においてチームに期待されていながら、予選落ちという結果で終わってしまい、悔しい思いをしました。そして、「チームに貢献できないこと」への悔しさを感じたことによって、自分のためだけではなく「チームのため」を思って練習に励むようになりました。

将来の夢・キャリアプラン

[エントリーシート例文8] 私の目標は、女性管理職として活躍しながら、子供に尊敬されるようなかっこいい母親になっていることです。販売での経験からお客様の求めているもの・提供できていないものを見極め、国内外における食環境のニーズを見極め、新たな販売形態を開拓していきたいと思います。 [エントリーシート例文9] 私はこれから、周りのビジネスパーソンから信頼されるような人人物になりたいと考えています。そのことは、会社への貢献、ひいては社会の貢献へとつながると考えたためです。そのために、私は入社後、自分の長所である協調性を生かし、求められる成果以上の結果を出していきたいと思います。 [エントリーシート例文10] 私は、世界でも通用する人材へと成長することが目標です。様々な経験を積み、様々な人と交流することによって、日本だけはなく海外へも意識を向けていきたいと考えています。全ての人をターゲットにする貴社では、お客様の気持ちを想像する力が大切になってくると思います。そこで、まずは貴社で、人への接し方を学んでいきたいと考えています。

企業から求められる人材になろう

いかがでしたでしょか。今回は、企業に取ったアンケートを参考に採用担当者が求めている人材のポイントについてご紹介しました。大切なことは、企業側が求めている「コミュニケーション能力のある人」「向上心をもって、常に挑戦しようという気持ちがある人」ということをアピールしたエントリーシートを作成することです。 この記事を読みポイントは抑えられたと思いますが、実際に内定者の方がどんなエントリーシートを書いていたのか気になりませんか。 気になった方は、キャリアパークの「【特別企画】人気企業100社の内定者エントリーシート全て集めてみた」を活用しましょう。 「キャリアパーク」では、他の就活生には入手できない超人気企業のESがみられます。 実際に内定をとった方のエントリーシートを参考にし、企業のニーズに応じた人材であることをアピール出来れば内定へ一歩近づけます。 憧れの企業へ就職し、充実した仕事と有意義な休日を送りたいですよね。そんな生活を送るためにまずは、キャリアパークでエントリーシートの書き方をマスターしましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)