IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

製造業の仕事内容・平均年収とは|未経験が転職する際の志望動機

就活

製造業転職へ考えている人に製造業の魅力や仕事について、良い点や悪い点、給料面、資格等の説明と、志望動機や未経験者が転職する際の準備(細かい作業、簡単な計算、目視検査など)と転職したあとのモチベーション等について記載しています。

更新日時:

製造業へ転職する

製造業転職への魅力

製造業転職の魅力については誰にでも転職の可能性があることです。未経験者でも経験者でも年齢が若くても、高くても製造業の転職ができます。製造業といっても色々な職種があります。 食品関連や自動車関連、家電・電気関連などというように未経験者からとしては未知なる業界・世界で不安もありますが、魅力はあります。

製造業転職の仕事

製造業転職の仕事選びについて

製造業転職の仕事選びですが、製造業といっても色々な職種があります。例えば、IT関連や食品加工、金属加工、袋詰め工場、組立工場、段ボール製造やパン製造といったように様々な職種があります。 IT関連や電気、金属加工といったものは技術面が求められますが、自分がどの分類で、どの職種の仕事を選ぶかは、よく考えて選びましょう。

製造業の良い点

基本的には時間通りに終わる

製造業の良い点については基本的には決まった時間で終わることや決まった休みがあることです。未経験者でも製造ラインでの作業で、自分が分担している作業すれば問題はないでしょう。 事務職でも同じで、余程のことがない限り、時間通りに終わります。また自分の中で新しい知識、経験をつんでいく分、自分の成長を感じることができます。

製造業の悪い点

突発な時にはいつ終わるかわからない

製造業の悪い点については、単調な作業が続きますので、仕事を単純にこなせばいいという感覚の人には続かない事です。 また、突然の事態がおきたときには帰るのが何時になるかわからないし、残業が何日続くか、休日出勤も何日、何回続くかわかりません。問題が解決しない限り、残業、休日出勤から解放されないこともあります。 製造ラインにはいれば、一日が立ち仕事になりますので、体力に自信がない人にはきついでしょう。事務職についた場合でも一日のほとんどが座ったままなので、座った作業が苦手な人にはしんどく、つらいです。 製造ラインもそうですが、事務職でも書類やデータ入力といったように大量で短期間、突発的になるといつ帰れるかはわからなくなります。

転職の前に職業訓練校へ

職業訓練校に行ってからでも遅くはない

未経験者で製造業の転職を考えている人は、転職の前に職業訓練校に行ってからでも遅くはないでしょう。 転職してから知識や経験をつんでも仕事には影響はないでしょうが、知識や経験ある人と比べてしまうと未経験者はやっぱり遅れを感じてしまいます。 どの職種を選び、転職するかにもよりますが、職業訓練校で知識など勉強してからでも転職は大丈夫でしょう。

不安定な業界である

製造業は不安定な業界

製造業は不安定な業界です。製造業以外の職種もそうですが、特に製造業はグローバル化が当然になっている今、海外との会社と提携し、提携した会社の売り上げが悪化すれば日本の会社もダメージを受けます。 例えば、最近報道された家電業界のトップに入る東芝がそうです。グローバル化に伴いアメリカの会社と提携したものの、アメリカの会社が倒産し、その影響を受け、報道され知っていると思いますが東芝の売り上げがマイナスとなり、東芝の主な製造ラインとなるラインを売りに出したりして、赤字を減らす努力はしていますが、現実には報道されている状態で、世間の目からにしても倒産するのではと囁かれています。 このように家電業界もですが、世界の経済とつながりがありますので、どの製造業も不安定な業界といえます。自然災害でも不安定になります。

製造業へ転職

資格は後からでも大丈夫

先に製造業は不安定な業界ですがと書きましたが、それでも製造業への転職を考える人はいます。職種によっては経験や資格が必要で転職するにも難しいものがあります。 それは技術系です。機械、設備の知識、それに伴う資格が必要となるからです。製造業でも特に工場勤務は未経験者でも転職がしやすいです。 資格や経験は転職した職場や仕事内容にもよりますが、後からでも資格を取っても大丈夫です。

未経験者の製造業転職

未経験者は経験者より遅いスタート

先にも書きましたが製造業への転職は誰にでも可能です。未経験者でも年齢が若くても高くても、業種、仕事内容が自分に合い、やる気があれば大丈夫です。 未経験者が製造業へ転職した際、一番は自分に仕事ができるのだろうかという、やる気で補っていたとしても不安や失敗に負けそうなこともあるでしょう。 未経験者は経験者より遅いスタートとなりますので、不安になることや失敗することも当たり前です。それを乗り越えることができるかできないかで、せっかく転職しても仕事が続かなくなります。 失敗を恐れずに前向きでいくことが大事になります。失敗も一つの経験になります。

製造業転職の志望動機

熱意ある志望動機

転職する際に必要になるのが志望動機です。経験者でも未経験者でも熱意のある志望動機を書くこと、伝えることが重要になります。単に誰にでもできるからとか、転職しやすいからという理由ではダメです。 自分が選んだ仕事に対して、何に興味を持ち、どうしてその職種を選んだかの志望動機や熱意が、面接などで上手く伝えることが合否のポイントとなります。

有利になる資格、知識を持っているかどうか

資格と知識について

次に有利なる資格や知識を持っているかです。持っているかいないかで違いがでます。未経験者でも資格や知識があれば、経験者とスタートが同じになる可能性はあります。 資格と言っても工場ではフォークリフトやクレーンと言った重たい物を運ぶ機械の資格や加工する作業では溶接や金型と言った専門的な資格というように様々な資格があります。有利な資格を持っていることで仕事での職種、転職の幅が広がります。

例えば、世間では高校卒業と同時にほとんどの人が普通自動車免許の取得に行きます。自動車免許を持っているのと持っていないのでは仕事選びに差が出るよう、有利になる資格を取り、持っていることで転職の有利となります。 時間とお金がかかるのは当然なので、自分がどの職種に転職したいか決めたのち、取る資格を選んだほうがいいかもしれません。

工場での適正検査

適正検査に対する準備

転職した職種、職場、仕事内容によりますが、工場勤務での場合は適正検査があります。 ここでの適正検査というのは、目視検査、簡単な計算、細かい作業などを見られます。また集中力があるかどうかも見られます。 目視検査はモノに対して、汚れやキズ、間違いがないかの検査です。簡単な計算は足し算、引き算という小学生で習う計算です。 細かい作業はいろいろありますが、箱詰めや出荷などの手作業です。集中力はすべてにおいて関わります。集中力があっても計算ができないや目視検査ができないといったようにいろいろなケースで見られます。 普段は細かい作業や簡単な計算といったものが得意な人でも、面接や現場でといった特殊な場所で大勢に見られていると緊張で身体が動かなくなります。転職で面接受ける前などに対策、準備することがお勧めします。

トライアル雇用(試し期間)

トライアル雇用で見られるのは

工場での適正検査後、転職した職種や職場によりますが、トライアル雇用(試し期間)は約3ヶ月の期間があります。この期間で見られるのは器用か不器用かを見られます。 年齢にもよりますが、若い人で不器用な人の場合、時間をかけていけば習得はできると思いますが、年齢が高く不器用な人は時間かけても期間に間に合わないことや習得ができないということもあります。 反対に年齢が高くても器用な人はその仕事が続けることができます。また、体力面でも見られます。トライアル雇用(試し期間)は採用する側、採用される側にとっての判断ができる期間になります。

製造業の雇用形態

雇用形態の状況

製造業転職しても正社員になるのは難しいです。職種、職場にもよりますが、例えば自動車工場では、海外からくる研修生や実習生、期間工(期限がある人と期限がない人)、パート(短時間の人)、派遣社員が多く、正社員は少ないです。 景気の状態で人員を調整したい際に正社員だとなかなか切ることはできませんが、派遣社員、期間工、パートといった場合は景気が悪化した時や会社を立て直したいときに人員を切ることができるためです。 何年か前には「派遣切り」という社会問題もありました。リーマンショックからの影響で人員調整され、大勢の派遣社員は契約満了を迎えずに切られて、社会問題までいきニュースに取り上げられました。 もし正社員を選ぶのでしたら製造業ではなく、違う職種で探すことをお勧めします。

製造業転職後の給料

給料の比較

製造業転職後の給料は安いです。正社員の給料と派遣社員や期間工の給料、たいして差がありません。なぜかと言えば、正社員の給料は固定給になりますが、派遣社員や期間工といったものは時間給です。 時間給の単価にもよりますが、単純に毎日2時間残業し、たまに休日出勤を数回すれば、正社員の給料と同じになるか、正社員より多くなります。 ただ、正社員との違いと言えばボーナスがあるかないかです。正社員にはボーナスがありますが、派遣社員、期間工、パートといった場合にはボーナスはありません。 正社員でボーナスがあったとしても、査定の評価でボーナス額も変動します。職種によれば寸志と言ったものがあるかもしれません。よって、転職する前に給料面でもよく考えたほうがいいと思います。

工場経験と製造ライン

製造ライン

ここでは工場経験と製造ラインについてですが、まずは製造ラインです。製造ラインは人員で組立するラインがあれば、機械がメインでの組立ライン、または人員と機械での組立ラインがあります。 製造業の製造ラインはこの三種類が主に知られているのではないでしょうか?どの製造ラインで仕事に就くかは転職した職種によります。

工場経験

工場経験については、その職種にもよりますが、就いた仕事内容にもよります。自動車部品の組み立て作業や箱詰め作業、食品の袋詰め作業や目視検査(目で確認する作業)というように一つの作業を長く続けていく経験や色々なラインでの作業していく経験とありますが、その人その人の合う作業で経験を重ねることができます。

製造ラインの仕事

ラインでの仕事は単調

製造ラインでの仕事は単調です。単調作業が苦手な人には続かないかもしれません。ラインでの仕事は一日中立ち仕事です。 先ほど書きましたが、製造ラインは人員で組立するラインがあれば、機械がメインでの組立するライン、機械と人員での組立するラインがあります。人員でのラインは一人で作業するラインや二人から五人までの複数で作業するラインとあります。人員での組立ラインは体力が続かない人には無理です。 機械がメインのラインは最低でも一人はつきます。機械操作の確認をするためです。機械と人員でするラインは細かい作業は人員が、チェックするのは機械がします。 どのラインでも人員がつきますが、向き不向きがあります。夜勤といって二交代制もあります。性格にもよりますが、細かい作業が苦手で大雑把な人には向いていないでしょう。

製造業の仕事と転職方法

安定したポジション程、苦痛

安定したポジションほど、精神的に苦痛になりやすいかもしれません。なぜかと言えば、誰にもできない、難しい仕事となればなるほど、できる人員がいれば、その人員がやらされてしまうからです。

その仕事の内容が自分にあえば、続く可能性はありますが、仕事の内容によっては毎日イライラしてしまったり、上司や同僚と意見があわなかったりとした場合はせっかく転職しても仕事が続かなくなります。 かといって、いろいろな部署や製造ラインに動かされ、安定したポジションについても同じことになる可能性はあります。安定したポジションについたら、モチベーションがどう続くかを考えたほうがいいかもしれません。

転職後の人間関係

人間関係の問題

製造業転職しても人間関係は常にあります。どんな上司の元で仕事するのか、その上司は面倒見が良いのか悪いのか、一緒に働く同僚はどうだろうか、自分が配属される部署ではどうだろうかと色々な悩みや不安があります。 また、仕事中はモノを相手にするから人間関係には楽だろうと思う人がいるかもしれませんが、それは間違いです。

転職前も転職後も仕事する上で人が関わる以上、人間関係は発生します。良い関係が続けば仕事上でも悩むことは少ないでしょう。しかし、ちょっとしたことで人間関係が悪くなった時、悩みが大きくなり、仕事どころではなくなります。 製造業は小さなルーティンワークの集合体で仕事をします。そのため、閉塞した環境で同じ製造ラインでの人としか会話をしないことは当たり前です。 違う製造ラインの人達とは会話をしないということもあります。もともと価値観が違う人達が集まって仕事するのだから、距離もできてしまいます。人が作業している以上、問題が発生するのも当然で仕方がないことです。

人間関係は生涯で答えがでないものでしょう。仕事中にコミニュケーションは必要ないと考えている人がいますが、どの仕事でも作業していれば必ずしも誰かとコミニュケーション、会話が必要になります。 もちろん、コミニュケーションが苦手という人もいるでしょう。しかし、仕事する上ではコミュニケーションが必ずしも必要になります。結局は自分次第です。 深くて時間がかかる悩みがあれば、簡単に解決する悩みといったように様々な問題はありますが、乗り越えるかどうかは自分次第で、どの行動が正しくて、どの行動が間違っているかは誰にもわかりません。 状況によっては他の人に頼ることはできますが、結論をだすのは自分です。

製造業の休みは?

製造業の休みについて、他の職種の製造業ではわかりませんが自動車業界では冬の大型連休、夏の大型連休、ゴールデンウィークの大型連休があります。 もちろん会社のカレンダーがあり、決まった休みもあります。基本は土曜日、日曜日は休みとなりますが、その職場によっては平日が休みという場合もあります。また、大型連休があるため、一般のカレンダーにある祝日は仕事になります。

製造業転職は次のステップに繋がる

製造業転職は次のステップ

製造業転職について、簡単に7項目書いてみました。 ・一つ目は製造業の魅力、仕事選びです。 ・二つ目は良い点、悪い点です。 ・三つ目は有利になる資格や志望動機です。 ・四つ目は適正検査とトライアル雇用です。 ・五つ目は雇用形態と給料です。 ・六つ目は製造ラインと人間関係、経験です。 ・七つ目は製造業の休みです。   結論から言いますと製造業の転職は誰にでも可能です。若い人から年齢が高い人まで転職できるのが魅力です。 年齢にもよりますが、細かい作業ができ、大雑把な性格でない人は仕事が続くでしょう。製造業への転職は次の良い仕事を見つけるためのステップだと考えるのも一つです。 もちろん製造業の転職が悪いとは言いませんが、不安定な業界であるため安定に定年まで仕事ができるかと言えば、それは難しいかもしれません。 体力の問題や収入、人間関係などとあるからです。また、不安定な業界であるため、収入が良く、もっと安定して納得ができる仕事を見つけるためのステップだと考えたほうがいいでしょう。 色々な職種の製造業がありますが、本当に自分がしたい製造業を探してください。仕事内容や収入、人間関係など不安もありますが、それも一つの経験となります。 経験や資格は自分の次のステップで自信に繋がるはずです。これは製造業だけではありません。他の職種でも同じことが言えます。 転職したのに目標や自分がやりたい事が叶わない可能性もありますので、すぐに退職や再転職にならないよう、慎重に決めてほしいです。 今回の記事が製造業への転職を考えている読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。  

関連タグ

アクセスランキング