IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

受付の仕事の転職方法|未経験でも受付に転職可能?・受付の求人に強い転職サイト

職種研究

この記事では、受付の仕事へ転職する方法についてご紹介しています。未経験でも受付に転職することができるのでしょうか。受付の求人に強い求職サイトもご紹介していますので、転職活動の参考としてチェックしてみてはいかがでしょうか。

更新日時:

受付の仕事内容って?

会社にやって来たお客様を訪問部署へ案内したり、代表電話へ応対したり、会議室を予約したりといったことをします。勤める会社によってどこまでが受付の仕事内容かという線引きが違ってくるのも特徴です。お茶出しまで受付の仕事だという会社もあり。 会社へ来訪された方と最初に接する立場にあるため、会社の顔と言っても過言ではありません。それ故、ビジネスマナーはもちろんのこと社内のことに精通している必要ががあります。

毎月会社へ来訪される方の社名・名前を覚えたりする必要も。他人に対する気配り、的確な応対能力などが求められる仕事です。

受付の仕事場は主に企業ですが、他にもアミューズメント施設のインフォメーションカウンター・カードカウンター・百貨店・病院などの求人が転職サイトなどでも増加傾向にあります。

必要なスキル

資格が必須というわけではありませんが、語学力(英語・中国語など)、秘書検定、パソコンスキルなどを求める会社もあります。接客経験やビジネスマナーがあるといいでしょう。

給料

給料は平均で約19万円前後です。雇用形態(正社員・契約社員・派遣社員など)によっても給料は変わってくるため、一概に「この給料」と断言することはできないともいえるでしょう。

受付の仕事の転職方法は?

①転職サイト

受付の仕事に転職するなら、まずは転職サイトへ登録してみてはいかがでしょうか。最近は色んな転職サイトがありますが、中でも女性の仕事に強い転職サイトへ登録するのがお勧めです。 ・リクナビNEXT ・マイナビ転職 ・doda などの転職サイトだけでなく、 ・とらばーゆ ・美受 などを利用するのも良いでしょう。転職サイトは自分の空いた時間に仕事を探すことができます。「自分のタイミングで転職をしたい」「たくさんの求人に目を通したい」「まだ転職活動を探し始めたばかりだから、とりあえず受付の仕事にはどんなものがあるか知りたい」という方向けです。

②派遣会社へ登録する

派遣会社へ登録して受付の仕事を探すのも良いでしょう。「派遣社員じゃなく正社員を希望している」ということであれば、それを派遣会社の担当コーディネーターに伝え、規定の派遣期間後に正社員として受け入れてもらえる「紹介予定派遣スタッフ」の仕事を紹介してもらうと良いでしょう。

③転職エージェント

転職エージェントとは、いわゆる人材紹介サービスのことを指します。自分の経歴・能力に見合った仕事を紹介してもらうことができます。 受付の仕事内容は勤務先によって様々なので、エージェントが紹介してくれる求人全てに応募することはせず「◎◎と◎◎という条件は譲れない」というような確固たるイメージを持つようにしましょう。 転職エージェントを通してしか募集していない求人もあるため、受付の仕事をしたい方は登録してみてはいかがでしょうか。 ・リクルートエージェント ・doda ・マイナビエージェント ・ハタラクティブ

未経験でも受付に転職可能?

受付の仕事をやったことがない未経験の方でも転職することは可能です。経験者のみを採用する企業・語学力が堪能な方のみ採用する企業などもありますが、未経験からでもOKという求人は少なくありません。 未経験者を採用する企業は、入社したあとに研修をおこなってから現場に出ることが多いようです。また、条件によって勤務形態――正社員・派遣社員・契約社員・アルバイトなど――が異なりますので、自分の希望に沿う働き方を選ぶようにしましょう。

受付の求人に強い転職サイト・エージェント

受付の求人に強い転職サイト・エージェント

①リクナビNEXT

自分の好きな時に求人を探したいときにうってつけなのがリクナビNEXTです。転職をする人の約80%ほどが利用しているといわれています。対応しているエリアは全国規模に渡り、求人量も豊富ですので、受付の仕事を探しているなら登録して損はないでしょう。

②doda

求人サイトとしての役割はもちろん、転職をサポートしてくれるエージェントとしてのサービスも展開しているサイトです。 20代~30代前半までの転職希望者に強く、優良企業で働きたいと思っている人には嬉しいサービスでしょう。人材紹介サービスについてポジティブな口コミ数がナンバー1で対応しているエリアは全国です。自分で好きな時に求人を探したいけど転職エージェントも気になっているという方向けです。

③とらばーゆ

女性のための転職サイトです。毎週2回情報を更新してくれるので、自分の条件に沿う案件をゲットできるでしょう。女性に人気がある事務・受付の仕事が多くあります。リクルートが提供しているサービスなので、初心者にも安心です。また、アプリもあるため仕事の休憩中などちょっとした時間に求人情報を探すことが可能です。

④マイナビエージェント

業界別の専任制エージェントが転職をサポートしてくれます。受付の仕事と言っても内容は千差万別だということは前述のとおりです。仕事環境や会社個々の風土などに精通したエージェントが多く在籍している人材紹介サービスです。 対応しているエリアは全国。現在、受付の仕事をしているけれどもっと給料の良いところで働きたいと思っている方にはオススメです。 また、面接を通過する率も高い傾向にあります。親切丁寧な応対をしてくれるという評価も多数寄せられています。ただし、40歳以上はNGですので、注意しましょう。

受付の仕事に転職する際の面接マナーって?

受付の仕事に転職する際の面接マナーって?

①受付での挨拶

面接は既に受付時から始まっています。受付の際に伝えなければならないのは「名前」+「何をしにきたのか」+「面接の約束時間」+「面接担当者の名前」です。 面接担当者の名前がわからない場合は、「ご担当者様」もしくは「ご採用者様」と伝えれば伝わりやすくなるでしょう。 《例》 「失礼致します。面接に伺った●●と申します。◎時◎分にお約束しているのですが、ご担当者をお願いできますでしょうか」 ※失礼致します、のあとに軽く会釈するのを忘れずに。

②面接時の挨拶

受付の際と同様、面接官にも必ず自分の名前を名乗った上で挨拶をおこないましょう。 《例》 「●●と申します。よろしくお願い致します」 ※お辞儀は深々とするのが◎。 気をつけたいのが面接が終わったあとの挨拶です。「本日はありがとうございました。失礼致します」と言っても問題ないのですが、面接の場と時間を設けてくれたことを感謝する一言を添えると「ああ、この人は丁寧な人だな」と印象が良くなります。

《例》 「本日は貴重なお時間を頂きまして、誠にありがとうございます。それでは失礼致します」 ※深くお辞儀 受付は会社の顔となる職種ですから、相手へ感謝を伝える一言を添えることができるかは重要な選考ポイントとなってくる可能性が高いです。忘れないよう、一言感謝の意を添えるようにしましょう。

志望動機の書き方や例文について

志望動機の書き方や例文について

受付経験者の場合:企業の求める人物像とマッチしている部分をアピール

受付業務経験者の場合は、会社が求めている人物像と自分がマッチしている部分をアピールするようにしましょう。 《例》 「前職にてショールームの受付業務に4年間携わって参りました。主な業務内容は外国人の来客対応、電話応対、展示物の説明などです。 留学経験もあり、英語力には自信があります。TOEICも年に1回受けており、語学力を磨くための努力を重ねてきました。 貴社であれば英語力を活かす機会が増える点に非常に魅力を感じ志望致しました。 笑顔と明るさを絶やすことなく、これまでの経験を活かして貴社に貢献したいと考えております」

受付未経験者の場合:これまでの経験をアピール

未経験者の場合は、これまで自分が経験してきたことが受付の仕事に活かせるというポジティブなことをアピールするのが望ましいでしょう。 《例》 「前職はアパレルショップのスタッフとして2年間勤務して参りました。売上目標を達成するためにどうしたら良いか、お客様に満足してもらうにはどうすれば良いか常に考えて仕事に取り組んできました。 これまでの仕事で獲得したお客様に対するおもてなしの心、そして接客マナーを余すことなく活かせる貴社の募集要項に心惹かれて志望するに至りました。受付業務に携わったことはございませんが、責任とホスピタリティ精神、そして笑顔を絶やさず貴社に貢献したいと考えております」

!注意!口語と書類で使い分けが必要なこと

口語と書類で使い分けが必要なもののうち、1番気をつけたいのが「御社」と「貴社」です。書類上では必ず「貴社」と書きます。※面接などでは「御社」と言うようにしましょう。

受付の仕事は初心者でもできる!転職サイトも活用しよう!

受付の仕事の転職方法についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。受付は会社の顔。来訪者へのスムーズな案内、的確な対応などが求められる花形の職種です。 「今も受付の仕事をしていて、もっと良い待遇のところに転職したい」「未経験だけど受付の仕事に転職したい!」と考えている方はぜひ、受付の仕事への転職に強いサイトやエージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング