IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

札幌移住の方法と失敗例|仕事の探し方・移住支援制度や助成金

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

札幌に移住を考えている人もいらっしゃるかと思います。では札幌移住の方法や失敗例、札幌での仕事探しや、移住支援制度や札幌への移住にかかる費用、札幌への移住でどのような後悔があるのかなど、札幌に移住する前に知っておきましょう。

札幌移住の方法は?

本州から北海道の移住を考えてから行動して行くのに引越しをします。移住方法としては、引越し業者に依頼をして、陸路で荷物を運んだり、フェリーで海路から運ぶ事が多いです。その際、本州から北海道だと荷物が多いと大変です。なので、出来る限り荷物を減らして行く事をお勧めします。引越しの前に荷物の整理をしておいた方がいいでしょう。

都内の生活に疲れてのんびりとした地方に引越しをしたいと考えている方もいる方もいらっしゃると思います。その中で暑い所は嫌だと、寒い所で探している方もいると思います。そこで、今回は北海道の札幌について見ていきたいと思います。札幌は移住する上でどうなのか説明していきます。 まず、引越しの上で大切なのは家賃が安いのか高いのか、それに対して広さはどうか、地方であれば空港の利便性や交通の利便性なども気になります。なぜ家賃かというと生活していく上で家賃は1番大きな出費になります。札幌に移住して仕事を探す事になると思いますが、どのくらい収入が取れるのかわかりません。その中で家賃はできれば低い方が助かります。 もし収入がそれなりに取れたとしたら家賃を押さえておけば毎月固定で出ていくお金を減らせるので、その分余裕のある生活ができます。空港までの利便性は里帰りの際に実家に行く時や旅行に行く時なども空港までの距離や利便性は大切になります。あまり、里帰りをしない人や、旅行を考えてない人からしたら空港までの利便性はそんなに重要ではないかもしれません。 その様な理由で考えてみると札幌はとてもいい場所になります。では札幌は移住する事でどの様なメリットがあるのかみていきましょう。

札幌移住のメリットの人が温かい

引越しをすると住民票などの手続きで役所や、引越し後の生活用品を集めるためにスーパーや近くのコンビニの位置を知るためにもいろいろ回りますが、その時に地域の人と接することがあると思います札幌市民は移住者に対して親切な人が多いです。 皆さん親切に対応してくれることが多いですなので地方に行くと閉鎖的で冷たくサービスが悪いと言うイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが札幌に関してはそんなことありません。 移住した後に地方の住民達のルールがあるのかや、疎外感を味わいたくない、住民の人と馴染めるのが心配と言う方もいらっしゃると思います。そういった方にも札幌はです。人と人の距離感が適度にいいので、会社でもプライベートもいいという人もいます。

札幌移住のメリットの水が綺麗で美味しい

人の体は60パーセントが水で出来ています。そういった時に、綺麗な体を摂取するという事はとても大切です。綺麗で美味しい水を摂取する事によって、体質改善にも繋がります。例えば、水をたくさん飲む事は、ドライアイや乾燥肌、ダイエットなどにもいいと言われていて、体の基礎代謝を上げるためにも水をしっかりと読むことが大切です。厚生労働省の発表でも水を1日に2リットル以上飲む事をお勧めしています。 ただし、貯水タンクがある様なホテルや集合住宅は貯水タンクから水が出てくるので、そういったお水は飲まない方がいいです。美味しくて綺麗な水を飲めるのはとてもメリットな事だと思います。

札幌移住のメリットの公園が沢山ある

綺麗な公園が沢山あります。プライベートで色々回ってみたり、散歩してみたり、ランニングしたり、ベンチで本を読んだりするのにな公園は沢山あります。中でも丸山公園や大通り公園、中島公園など沢山の公園があります。札幌から全て徒歩圏内にあって気持ちよく過ごすことができます。特に大通り公園は札幌の中で有名な公園です。大通り駅と繋がっていて、噴水があり、夏はビアガーデンが開かれ、冬は札幌雪祭りの会場となっています。 円山公園は花見の名所となっています。桜の季節になると花見をしにくる方がすごく多く、秋は紅葉で一杯になります。札幌市街は未だに整備が行き届いていなかったり、緑化面積があまりなく、公共の交通機関ではアクセスが良い所はとても少ないです。外れに行けば行くほど車がないと何も出来なくなってしまい、車が必需品となってきます。

札幌移住のメリットの札幌市街であれば車は必要ない

札幌市内は他の北海道の市町村に比べて、地下鉄や路面電車、バスなどの公共機関が充実していて、車がなくても生活していけます。 電車はどこの線がいいのでしょうか。地下鉄には南北線、東西線、東豊線があります。この沿線に住むととても生活しやすい環境なのでです。地下鉄は初乗りが200円と少し都内に比べたら高いですが、駅の距離感が都内に比べたら広いので仕方ないです。最大でも370円までです。 地元の人達はみんな地下道が整備されて歩きやすいので、徒歩や自転車に乗っている人が多いです。もし、交通費を抑えたい方は札幌駅まで地下鉄に乗らなくても徒歩や自転車で行ける距離だといいでしょう。

札幌移住の失敗例

北海道へ移住する際に本州から北海道へ移住するとなると引越しの距離やお金が非常に高くついてしまうことがあります。移住で失敗してしまうと折角のセカンドライフが後悔に終わってしまいます。できれば良いセカンドライフを送って行きたいと思った時に失敗のない移住を考える必要があります。その際に、どういう失敗例があるのかを前もって調べておく必要があります。なのでここで失敗の無い様にどういったデメリットがあるのか説明していきます。

荷物を整理してからの移住でないと引越し資金が高くなる

荷物を整理しないで全て持っていく方は注意が必要です。本州からの北海道の引越しになると引越し料金が高くなります。なので、できる限り荷物を整理してからの引越しをお勧めします。荷物整理のときに、よく不用品をリサイクルショップに持って行く方もいますが、不用品は今はリサイクルショップに持って行くよりも、オークションに出品した方がお金になる事があります。 まずはオークションサイトに出品してみてください。少しでも高く売れれば引越しのための費用に充てることができます。もしオークションで売れなかった場合は売れ残りの商品をリサイクルショップに持っていってみてはどうでしょうか。オークションでも売れずリサイクルショップでも買取をしてもらえなかった場合は、粗大ゴミとして捨てる必要がありますが、その場合は費用がかかってしまいお金が余計必要になってきてしまうので出来る限り綺麗な状態にして出品したりリサイクルショップに持っていきましょう。 北海道への移住が決まった段階で粗大ゴミの回収は回収センターへ依頼する必要がありますので早めに予約を取る必要があります。その売れたお金を引越し資金にあてると金銭面の負担も軽くなります。

雪や寒さの問題

北海道への移住をセカンドライフで考えている場合デメリットについて知っておく必要があります。まず1つ目に大きなデメリットとして寒さや雪の問題があります。寒さが苦手な方は北海道への移住は向いていないと思います。ご存知の通り北海道は雪国です。いくらおいしいもの食べられたとしても寒さに弱い方はお勧めしません。 冬はよく地面が凍り付いてしまい車の運転がとても難しくなります。事故を起こしてしまう可能性もあるので本州から北海道へ移住を考えている方は車を乗る場合はそれなりの運転技術やスタッドレスタイヤ、チェーンを巻く必要があります。 仕事帰りに道路が凍結してしまうと家に帰るまでに車の場合は必要以上に時間がかかってしまうこともあります。何かを買いにスーパーに行く時に車を使う場合は気をつけなければいけません。北海道の場合はネット通販の送料が高くなってしまうことが多いので、出来る限り自分で買いに行くことを考えるとタイヤを滑らないタイヤに付け替える必要があります。そして道路が凍結していたり、雪が積もってしまった場合は気軽に買い物に行くことができなくなってしまうのである程度の買いだめが必要になります。 雪が降った場合に行を放置しておいてしまうとゆきのも見て家が潰れてしまうことや家が変形してしまうことがありますなのでたくさん行が積もってしまった場合に放置しておくことができず雪かきをする必要があります。 除雪を自分でできない場合は業者に依頼する必要があります業者に依頼すると1シーズン50,000円程度の費用を必要とする場合もあるので金銭面の貯金をしておくことも大事です。家庭用の除雪機を購入する場合は安くても250,000円から300,000円程度のお金を必要とするので除雪機を持っていない人思いますが、スコップなので雪かきをする場合もありますがそういった雪かき道具を雪が降る前に用意しておく必要があります。

初回公開日:2017年05月22日

記載されている内容は2017年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング