IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職務経歴書で経歴アピールできる書き方の順番|メリット・デメリット

更新日:2020年08月14日

書類選考

職務経歴書を書くときにどの順番で経歴を書いていけばいいかご存知でしょうか。職務経歴書は基本的にフォーマットから作成者の自由です。なので特別な決まりがあるわけではありませんが、書き方や順番一つで印象が変わります。今回は失敗しない職務経歴書の書き方を紹介します。

職務経歴書とは

そもそも職務経歴書とは何かご存知でしょうか。履歴書と同じでは?と考える人もいるようですが、少し違います。履歴書でも今まで就いた職業を記載する欄はありますが、そこでどんな作業に従事したのかを細かに説明するものではありません。 職務経歴書は履歴書では書ききれない、今までの経歴をアピールするものです。なので基本的な書き方は自由です。枚数も多くなりすぎないように注意すれば2枚でも3枚でも構いません。職務経歴書はその人自身がどんな仕事をしてきたのか、そこでどんな成果を残し、どんな能力を身につけたのかを記す自己紹介文のようなものです。

履歴書よりも重要

職務経歴書は履歴書よりも重要です。履歴書はその人の住所や年齢、連絡先などの基本的なデータを知るためのものだと考えましょう。職務経歴書はそれらに付随してデータを強化していくものです。自身のアピールポイントを詰め込んだものが職務経歴書であると考えましょう。

職務経歴書の書き方

職務経歴書には決まった形はなく、基本的には作成者自身がフォーマットを決めます。だからといって自由にだらだらと書いているとせっかくいい経歴を持っていたとしても相手に伝わりません。上手く書くことができれば、たとえ経歴に自信がなかったとしても高評価が得られる場合だってあります。

職務経歴の順番

職務経歴を書く順番ですが、基本的にはどの順番で書いても問題はありません。職務経歴書のフォーマットは自由なので、新しい順番に書いても、古い順番から書いても構いません。ただ古い順番に書く編年体式の書き方が日本では主流ですので書き方が分からず、どれにしようか迷ったときには編年体式で書いておくと無難でしょう。

職務経歴の内容

どの順番で自分の経歴を書くのかが決まれば、次は内容です。今回は古い順番から書いていく編年体式であるとしましょう。書く必要のあるものは会社名、在籍期間、会社の規模(従業員数や年商など分かる範囲で結構です)会社の事業内容です。役職についていた場合はそれも合わせて書きましょう。 次にその会社で具体的にどんなことをしたのかを書きます。一日の作業の流れや、印象的だったプロジェクトについてなどなんでも構いません。そこであなたがやったことをPRできるものを選びましょう。そしてそこでの実績や取得した資格があればそれも書きましょう。一つの会社が終われば、同じように次の会社についても書いていきます。

手書きかパソコン入力か

履歴書の場合で手書きが主流ですが、職務経歴書はパソコン入力が主流です。職務経歴書の場合、履歴書と違い数枚になるのが普通なので、手書きだと読みづらい印象を受けます。またさっと目を通せば全体が把握できるぐらいにすっきりとした構成のほうがいいので、やはりパソコン入力のほうが作成もしやすいでしょう。

職務経歴書のサイズ

職務経歴書はA4サイズで提出しましょう。履歴書とサイズが違ったとしてもそれに合わせる必要はありません。

どの順番が最も経歴をアピールできるか

職務経歴書は経歴を書くにしてもどの順番で書いてもいいので、逆に困るという人もいるのではないでしょうか。どう書いても間違いではないのですが、どうせ書くなら最も自分をアピールできるように書きたいと思うのが普通です。経歴をアピールできる順番はシーンによって様々です。自分の状況にあった順番で書いていきましょう。

次のページ:書き方の順番別 メリットとデメリット
初回公開日:2017年05月01日

記載されている内容は2017年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング