IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験で歯科助手になる方法|志望動機例・きついと感じる理由

転職事情

「歯科助手になりたいけど未経験だし続けられるか不安…。」という人多いですよね。今回はそんな未経験者さんのために歯科助手になる方法と仕事の上で大変な事を徹底解説しちゃいます。これから歯科助手に転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

更新日時:

未経験で歯科助手になるには?

最近ではコンビニよりもたくさんあると言われている歯科医院。求人でもよく「歯科助手」という項目が見られるようになりましたよね。未経験者歓迎の歯科医院も多く、転職に歯科助手を考えている人は少なくありません。ここではまず未経験者の人が歯科助手になる方法をご紹介します。

希望の医院を見つける

一口に歯科医院といっても営業方針やスタッフの人柄はバラバラです。働きやすさは医院によって大きく変わります。なので、働き出してから「自分には合わない…。」と辞めることにならないためにも、事前に自分の希望に合った職場を見つけることが大切です。 ハローワークで仕事を見つけた人に関しては職員の人に『よく求人募集が出ているか』を聞きましょう。人の入れ替わりが多い医院は求人募集も頻繁に行われているので、それだけ職場の雰囲気がよくないということになります。 ネットなどのサイトで求人を見つけた場合には、口コミなどを良く調べましょう。一番良いのは働いている人に直接聞くことですが、これはなかなかできることではないので自分の出来る範囲でその医院の事をよく調べると良いです。

書類選考を突破する

歯科助手になるには、まず履歴書や職務経歴書の書類選考をパスする必要があります。書類選考を突破できないと面接にも進めませんから、履歴書や職務経歴書は魅力的な内容をきちんと書き込まないといけません。 そのうえで大事なってくるのは ・魅力的な志望動機を書く ・自分がいかに優れた人物か伝える ・丁寧に書きあげる という3つです。 志望動機では「私は貴院の患者様にとって快適な医院を目指すという営業方針に大変感銘を受け、私もここで働きたいと強く思いました。」など『なぜこの医院でないといけないのか』をしっかり記入しましょう。 そして自己PRでは「私は今まで接客業をしており、老若男女それぞれに合った対応ができます。」など、今まで自分がしてきた仕事を絡ませながら「自分がどれだけこの医院にとって良い人材か」を存分に伝えてください また、字はその人のことをよく表すので、履歴書は丁寧に書きあげることが大切です。字を書くのが得意だとか不得意だとかは関係ありません。丁寧に書いていればその思いはきちんと相手にも伝わります。

面接は好印象で突破する

書類選考をパスすると、次はいよいよ面接です。面接ではあなたの見た目の清潔さ、コミュニケーション能力や立ち振る舞い方、そしてこの医院に合っている人材なのかを判断しています。 髪・爪は綺麗に整えられていますか?メイクはナチュラルメイクになっていますか?歯科助手は見た目の清潔さが大事です。面接時はいつものメイクはやめて、清潔さをアピールしましょう。 面接中の受け答えは明るくハキハキと喋ることを心がけましょう。歯科助手は患者さんの不安を取り除くお仕事です。明るく朗らかな印象を採用担当者に与えることができれば採用率はグンと上がりますし、面接を突破できればあなたは晴れて歯科助手になることができるのです。

未経験の歯科助手か覚えること

未経験の歯科助手の人が覚えることはたくさんあります。最初はその量につまづいてしまい「自分には歯科助手は向いていない。」と感じるかもしれませんが、歯科助手の人はみんなこの道を通っていますので焦らなくても大丈夫です。 未経験者の人が覚える中で一番大変なのは「名称」を覚えることだと思います。例えば一般的に良く効く『虫歯』という言葉ですが、歯科業界だと虫歯とは言わず、『カリエス』と言い、カルテには『C』と書き込みます。『ばっし』と聞くと『抜糸』を思い浮かべると人が多いと思いますが歯科業界では『抜歯(ばっし)』『抜糸(ばついと)』というので意味が全然違ってきます。 歯科助手として働きだすと作業内容を教えてもらいますが、しばしばこのような専門用語が出てくるので、「何を言われているのかわからない。」という状態に陥ってしまいがちです。そんな状態を回避するためにもそれぞれの正しい名称を覚えておきましょう。これさえ覚えておけば後の作業内容は比較的簡単に思えるはずです。逆に言うとそれだけ名称を覚える量が多いと言うことになります。

年齢別の未経験からの歯科助手

未経験で歯科助手になるといっても年齢によって「求められる人材」と「採用率」は変わってきます。歯科医院は「長く勤めてくれる人」を求めていますので、それぞれの年齢に応じてメリットデメリットがあるんです。

20代の場合

20代の場合、物事を覚える早さと柔軟な対応力を見込まれて採用されることが多いです。年齢も20代は若いので、長い年数勤めて欲しいと思っている医院にとっては一番ありがたい年齢になります。 しかし結婚予定などで半年後などに辞めるかもしれないといった場合「長く勤めてくれる人」という枠からは外れますので不採用になる可能性が出てきます。なので結婚予定はあるが、仕事は変わらず続ける予定の人はきちんとその旨を伝えておきましょう。

30代の場合

30代の場合、これまでの経験とコミュニケーション能力を見込まれて採用されることが多いです。20代よりも落ち着いており、どんな状況でも臨機応変に対応してくれるのではないかという期待もあります。 しかしお子さんの都合などで度々当日欠勤が続くと、歯科医院にとっては大打撃です。小学生くらいのお子さんならそんな心配はあまりありませんが、もっと小さなお子さんならそういった心配が出てくるので採用率は落ちてしまいます。歯科医院にはママさんに合った医院もあるので、その場合は理解のある医院を選びましょう。

40~50代の場合

40~50代の場合は、今までの豊富な経験と、適応能力を見込んで採用されることが多いです。突然のトラブルでも落ち着いて対処してくれるのではないかという期待もあります。しかし医院によっては「年齢不問」と書いてあっても20代だけを採用している医院も少なからずありますので、本当に年齢不問なのかどうか見極める必要があります。 また、覚える量が多い事から「覚えられないんじゃないか」と不採用になるケースも少なくありません。しっかり勉強して覚える意思があることを採用担当者に伝えましょう。しっかり覚えてくれれば若い人たちよりも頼りになる事が多いので、諦めずに頑張ってください。

未経験がきついと感じる理由

未経験の人がきついと感じる理由は、仕事をする上で覚えなければいけない事がたくさんあるからだと言えます。虫歯の事をカリエス、前歯の事を1番、2番と言うように専門用語を覚えなくてはいけないということもそうですがそれだけではありません。 患者さんを指定されたチェアーまで導入したり、退出する方法。治療の際の先生のアシスト。使用した器具の消毒や滅菌方法。受付での会計や予約の取り方など、未経験者は最初に覚えなければいけないことが多いんです。 なので最初に「自分にはできない。」と挫折する人が多く、せっかく歯科助手になれても3か月以内に辞めてしまう人は少なくありません。誰だって最初は未経験者です。1、2か月ですべて覚えることができなくても仕方ありません。 歯科医や歯科衛生士は何年も学校に通って知識を付けています。未経験のあなたが数か月でその知識に追いつけるはずがないんです。採用担当者はそれをきちんと知っています。あなたに求めているのは『即戦力』ではなく、『頑張って長期間働いてくれること』なのです。 最初は覚える量が多く挫折しがちですが、一度覚えると仕事内容はいたってシンプルです。せっかく手に入れた歯科助手という仕事を無駄にしないためにも諦めずに頑張ってください。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング