IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

鉱業業界で人気の企業ランキング(業績・平均年収ランキング)

業界・企業研究

今回は、そんな鉱業業界にスポットを当てて、就職活動や業界研究に役立つ、2種類のランキングをご紹介していきます。業界研究の一環として、ぜひ参考にしてみて下さいね。

更新日時:

鉱業業界企業ランキング:業績ランキング

最初にご紹介するのは、鉱業業界企業の、業績ランキングです。鉱業業界で最も勢いのある企業は何処なのか、またより規模が大きく技術力が高い鉱業業界企業は何処なのか、注目してみてはいかがでしょうか? 以下は、鉱業業界各社の売上高を元にしたランキングです。 1位:国際石油開発帝石 2位:石油資源開発 3位:日鉄鉱業 4位:関東天然瓦斯開発 5位:企業K&Oエナジーグループ 6位:三井松島産業 7位:日本海洋掘削 8位:住石ホールディングス 9位:ジパング 引用元:「Ullet 業績ランキング(鉱業)(※1)」 鉱業業界は、他の業界と比較して企業の数が少なく、少数精鋭で市場を支えている印象を受けます。それでは、1位~3位の詳しい業績について、見ていきましょう。 業績ランキング1位:国際石油開発帝石 鉱業業界の業績ランキング1位に輝いたのは、国際石油開発帝石でした。売上高は1兆円となっており、業界内でもトップクラスの業績となっています。そんな国際石油開発帝石は、石油業界でも活躍する大手企業で、主に石油や天然ガスなどを採掘しています。 業績ランキング2位:石油資源開発 続いて、売上高2403憶円で鉱業業界の業績ランキング2位となったのは、石油資源開発でした。2位という順位ではありますが、充分な好業績と言えます。石油資源開発は、油田や天然ガス開発のほかに、新燃料の開発も行っている企業です。(※2) 業績ランキング3位:日鉄鉱業 業績ランキング3位は、日鉄鉱業。売上高は、1140憶円でした。日鉄鉱業は、新日鐵住金の系列会社。石灰石をはじめとする採石採掘をメインに、集塵機の製造事業なども行っています。(※3)

鉱業業界ランキング

続いて見ていくのは、鉱業業界企業の平均年収ランキングです。平均年収は、鉱業業界企業の年収の相場を把握する為にも、重要なステータス。年収の相場や平均的な金額を学んでおくことで、ブラック企業への就職や劣悪な待遇での労働といったリスクを、避けることもできます。その為、就職活動をしている方なら、業績や人気と並んで、知っておくべき情報の1つだと言えるでしょう。 業界研究をしている方は、業績ランキングの結果と、ぜひ見比べてみて下さい。鉱業業界では、どのような方針や特徴の企業が高額年収なのか、法則などを探してみることをおすすめします。

鉱業業界企業ランキング:平均年収ランキング

以下は、鉱業業界企業各社の、平均年収を元にしたランキングです。日本の経済と発展を支える鉱業業界ですが、その仕事に従事している人々の年収は、いくらくらいなのでしょうか? 1位: 国際石油開発帝石 2位:三井松島産業 3位:日本海洋掘削 4位:石油資源開発 5位:ジパング 6位:K&Oエナジーグループ 7位:関東天然瓦斯開発 8位:住石ホールディングス 9位:日鉄鉱業 引用元:「Ullet 平均年収ランキング(鉱業)(※4)」 業績ランキングと並んで、国際石油開発帝石が首位に輝く結果となりました。ランキング全体としては、鉱業業界企業の平均年収は、標準よりもかなり高額という印象を受けました。 業界や職種に関係なく統計された、2015年の労働者の平均年収は、440万円と言われています(※5)。鉱業業界企業の場合は、ランキング9位の日鉄鉱業の平均年収が、687万円。つまり、ランキングに登場した全ての鉱業業界企業が、標準と言われる金額を200万円以上も上回る平均年収ということになるのです。 それでは、1位~3位までの平均年収について、詳しく見ていきましょう。 平均年収ランキング1位:国際石油開発帝石 業績ランキングに引き続き、平均年収ランキングでも1位を獲得した国際石油開発帝石の平均年収は、940万円となっています。国際石油開発帝石は、2006年に国際石油開発と帝国石油が統合したことで誕生した企業です。2008年に現在の社名となり、鉱業業界だけでなく、石油業界までも牽引していく大きな存在となっています。(※6) 平均年収ランキング2位:三井松島産業 業績ランキングでは6位だった三井松島産業ですが、平均年収ランキングでは2位となりました。平均年収の金額は、858万円。三井松島産業は、鉱業業界の他、燃料や建機材、スーパー事業など、幅広い分野に進出している企業です。本社は、福岡県福岡市にあります。(※7) 平均年収ランキング3位:日本海洋掘削 続いて、平均年収850万円の日本海洋掘削が、平均年収ランキング3位に入りました。日本海洋掘削は、石油や天然ガスの採掘や、それらに使用する設備や機材の製造や整備、輸出入などを手掛ける企業です。(※8)

業界研究・情報収集を効率的に行うためには

業界研究や情報収集でよく目にする、企業の人気や評判に関する情報。これらの情報は、データとして覚えるだけでなく、何故その企業が人気なのか、人気の秘密は何なのかなど、情報を深読みしていくことが重要です。 ランキングと合わせて、業界の動向・課題も知り、各企業がどんな取り組みをしているのか、企業研究にも役立てましょう。こちらの記事がおすすめです。

リンク:鉱業業界の現状・動向・課題 [参考資料・引用元] ※1「Ullet 業績ランキング(鉱業)」 ※2「年収ラボ(石油資源開発)」 ※3「年収ラボ(日鉄鉱業)」 ※4「Ullet 平均年収ランキング(鉱業)」 ※5「DODA平均年収ランキング2015」 ※6「年収ラボ(国際石油開発帝石)」 ※7「年収ラボ(三井松島産業)」 ※8「日本海洋掘削株式会社」

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

このランキングの中でも1位の「リクルートエージェント」は、求人数も多く、古くから運営されているため、求人の動向を詳細に教えてくれますよ。 来週にでも、「自分のスキルで転職して年収が上がるのか」を仕事帰りに聞きにいってみましょう。想像よりも自分のスキルへの評価が高くて驚くかもしれません。 ※相談は無料

関連タグ

アクセスランキング