IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験で翻訳の仕事に就くためには|面接内容と志望動機例と仕事事情

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

未経験者でも翻訳の仕事につけるのか、自宅で翻訳の仕事は可能かなどについて、今回はご紹介します。また面接ではどんな質問をされるのか、気をつけるべきことはなにかもご紹介していきます。未経験でも、翻訳の仕事に少しでも興味がある方はチェックです。

好印象を残す志望動機とは?

ではさらに、人事担当者に好感を抱かせる志望動機はどのように考えればいいか、ご説明します。

企業研究をし、自分とのマッチングを図る

企業がどのような人材を求めているのか、企業研究をしながらつきとめていきます。企業研究では、公式サイトや関連する書籍をフル活用します。そのなかで企業の求める人物像が、自分とマッチしているのかを考えます。

スキルや体験談を盛りこむ

翻訳の仕事をめざすのであれば、留学やホームステイ・海外インターンシップ・ワーキングホリデーなどの海外での体験談を志望動機に盛りこむようにします。その経験であなたはなにを学んだのか、なにをかんじたのか、ということを具体的に話すことができれば、人事担当者も興味を惹かれるはずです。

具体的な志望動機例

最後に志望動機の例文をひとつ紹介します。スキルと体験談を盛りこんで、生き生きとした志望動機にしましょう。

英語力と情熱を訴える

大学時代に1年間ですが、アメリカに留学しておりました。「海外の文化に触れてみたい」という単純な理由からでしたが、留学先で出会った恩師によって私の将来の夢は決定します。 先生は教師をしながら翻訳の仕事を副業でしており、先生が翻訳した本があまりにもすばらしく、私は読みながら泣いてしまったほどです。もともと読書は好きでしたが、この先生との出会いで、私は「翻訳の仕事をしたい」と強く願うようになり、以後英語力アップにも一生懸命努めています。 その結果で、TOEIC○○点(英検でも)を取得でき、この能力をぜひとも活かしたいと考え、御社に応募させていただきました。

語学力をみがいてあなたも翻訳の仕事に!

外国語を学ぶのが好きな人、外国語を使って働きたい人は、ぜひ未経験からでも翻訳の仕事をやってみるべきです。きっとあなた自身の成長にもつながり、充実感を数多く得られる仕事でしょう。

初回公開日:2017年05月01日

記載されている内容は2017年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング