IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験で翻訳の仕事に就くためには|面接内容と志望動機例と仕事事情

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

未経験者でも翻訳の仕事につけるのか、自宅で翻訳の仕事は可能かなどについて、今回はご紹介します。また面接ではどんな質問をされるのか、気をつけるべきことはなにかもご紹介していきます。未経験でも、翻訳の仕事に少しでも興味がある方はチェックです。

翻訳ってどういう仕事?

翻訳とは、ひと言でいえば「外国語で書かれた文章を日本語に訳す」という仕事です。大きく分けると翻訳でも3つのジャンルがあります。

実務翻訳

ビジネス書や学術書・契約書・マニュアルなど、企業や研究者が読むものを翻訳します。医療やインターネット・金融関係などの専門的な知識がいることもあり、学者が国際的な雑誌に論文を発表する場合、英語での執筆が必須であることも多く、書いた英文をチェックする作業を依頼されることもあります。また輸出する日本製品の説明書の英訳や、貿易会社で英文の契約書の翻訳をするケースもあります。

文芸翻訳

海外の小説や雑誌・歌詞、いろいろな文芸作品の翻訳をする仕事です。文芸作品なので、正確さもさることながら、その作品の持った雰囲気を大事に翻訳することも求められ、英語力だけでなく、日本語能力も高いものが求められます。翻訳の依頼者と契約や打ち合わせをおこない、進歩状況を報告したりもしますが、基本的には自宅でおこなうことが多いのが、文芸翻訳です。

映像翻訳

海外の映画・ドラマ・ドキュメンタリーを翻訳して、字幕を制作します。文字を読むスピードには限度がありますから、一定の文字数内におさえて字幕を作ることが大事です。各国の文化やスラングにもくわしくなければ、的確な翻訳はむずかしいです。配給会社や制作会社に所属して、映像翻訳する人も多く、仕上げた字幕は会社であらためて推敲されることもあります。

未経験でも在宅翻訳の仕事はできる?

未経験者が在宅で翻訳の仕事をすることは、可能なのかというのも気になるところです。在宅翻訳者になるためには、まず翻訳会社と契約をむすぶことからはじまります。 そのためには翻訳会社の実施するテスト(トライアル)を受ける必要があります。申し込みの条件として「実務経験3年以上」などという文言もよく見られ、一見未経験者は受け入れてもらえないようにかんじます。 しかし、未経験者では翻訳の仕事ができないのかというと、そうではないのです。次のような方法が実はあります。

未経験者OKの会社に応募する

なかには未経験者でも応募できる会社もあります。申し込み条件のなかに「~年以上の実務経験が必要」などと書かれていなければ、未経験者でも応募できます。翻訳の仕事をやってみたい人は積極的に挑戦してみるようにします。 また翻訳スクールで勉強・課程を修了した人は、複数の翻訳会社のトライアルを受験できる特典もあるので、その特典を活かして、応募することも可能です。

クラウドソーシングでキャリアアップ!

「ランサーズ」「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイトであれば、翻訳の未経験者でも仕事をすぐにはじめることができます。もちろん経験者の方が、仕事は受注しやすいですが、翻訳未経験者の場合、プロフィール欄でしっかりと自分の英語力をアピールするといいでしょう。 実際のスキルを証明する意味で、英文と自分が翻訳したサンプル文(あるいはその逆で、日本語の文章を自分が英訳したもの)を掲載しておけば、わかりやすいですね。

翻訳トライアルを受けながら、クラウドソーシングで受注する

初回公開日:2017年05月01日

記載されている内容は2017年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング