IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】住設機器業界の現状・今後の動向・将来性を学ぼう

更新日:2020年11月05日

就活

住設機器を開発したり取り扱ったりしている住設機器業界もまた、私達の生活に、そして社会に欠かせない産業となっています。今回は、住設機器業界に興味をお持ちの方や、業界研究をしているという方に向けて、住設機器業界の現状や動向、将来性についてご紹介してきます。

2.パナソニックの会社研究 2016年度版―JOB HUNTING BOOK

住設機器業界に特化した書籍ではありませんが、住設機器業界の業績1位となったパナソニックにスポットを当てた、会社研究本です。業界有数の企業について、詳しく学んでみることで、新たな気付きがあるかもしれませんよ!

3.見学!日本の大企業 TOTO

水洗腰掛けトイレやウォッシュレット、ユニットバスなど、日本初の試みを取り入れた住設機器を開発してきた。TOTOの歴史についてまとめている書籍です。業界3位の業績を誇るTOTOについて研究することで、住設機器業界を更に深く学ぶことができるのではないでしょうか。

終わりに

住設機器業界は、今や当たり前となっている、暮らしの中の「便利」を次々に開発してきました。そして、これからも、私達の暮らしを更に便利にしていく製品を開発していくことでしょう。 そんな住設機器業界に就職することは、住設機器業界の未来を担うことに等しいと言えるでしょう。それは、人々の生活を更に豊かなものにしていくことに、繋がるのかもしれませんね。 業界の動向・課題と合わせて、各企業のから、優先順位を付けて、それぞれの企業の研究を行っていきましょう。こちらの記事がです。

関連タグ

アクセスランキング