IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【業界研究】住設機器業界の現状・今後の動向・将来性を学ぼう

更新日:2020年11月05日

就活

住設機器を開発したり取り扱ったりしている住設機器業界もまた、私達の生活に、そして社会に欠かせない産業となっています。今回は、住設機器業界に興味をお持ちの方や、業界研究をしているという方に向けて、住設機器業界の現状や動向、将来性についてご紹介してきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

住設機器業界研究:現状

まずは、住設機器業界の「今」について、学んでいきましょう。基本情報や業界シェアなどのデータを通して、住設機器業界の現状を研究していきます。

住設機器業界研究:動向

住設機器業界の現状について学んだら、次は業界で起こっている変化や動きについて、研究していきましょう。住設機器業界が抱いている課題や業界規模の推移から動向を追って、最終的には将来性について考察していきます。

住設機器業界の現状:課題

まずは、住設機器業界の課題や問題点についてご紹介していきます。解決方法や業界の方向性などを考えながら見ていくことで、業界の将来性などについて、新たに見えてくるものがあるかもしれません。 住設機器業界の課題1:国内需要の頭打ち 住設機器業界は今後、中長期的に見ると国内需要や規模が伸び悩み、成長力に欠けるという見方もされています。新製品の開発や海外進出を進めて、各企業が業績を伸ばす努力をする必要があると考えられています。(※3) 住設機器業界の課題2:販促活動のデジタル化 住設機器業界に限らず、あらゆる方面で進むネット化・デジタル化。電子パンフレットやwebサイトなどを取り入れる業界が増え、販促活動のデジタル化に注力しています。住設機器業界でも、販促活動のデジタル化が急がれています。その際、課題として挙げられるのが、製品やカタログの重複。媒体別にカタログやwebサイトを作成することで、検索結果によっては、同じ製品に関する複数のカタログや、同じwebサイトが、重複されて表示されることになります(※4)。このような状態は、ユーザーにストレスを与え企業や商品のイメージ低下に繋がったり、SEO上不利になったりすることが考えられる為、販促活動のデジタル化・ネット化も、進められば良いというわけではないのです。 ・住設機器業界の課題3:少子化・人口減少 現在の日本は、少子化傾向が続いており、将来的には人工が減少すると予測されています。このような流れは、住宅業界の将来に大打撃を与えると考えられており、住宅業界の市場規模は今後、減少の一途を辿るという見解もあります(※5)。以下は、上記の流れを踏まえた考察ですが、住宅業界の需要の減少は、住設機器業界にも大きな影響を与えると考えられます。新たに住宅が建設されなければ、住設機器の設置数も減り、業界規模の減少に繋がります。住設機器業界も、今後は少子化・人口減少の対策を練っておくべきだと言えるでしょう。

住設機器業界の現状:市場動向

続いて、住設機器業界の市場動向を追っていきます。業界規模の推移を見て、将来性について考察していきます。 住設機器業界の市場動向:業界規模の推移 以下は、住設機器業界の平成17年~平成25年までの、住設機器業界の業界規模の推移をあらわしたグラフです。

住設機器業界研究:業界研究本

これまで、住設機器業界の現状や動向、将来性などを研究してきましたが、更に深く学びたいという方向けに、研究本をご紹介していきます。

1.住まいの設備を選ぶ本 2010 spring 使ってわかった家事ラク設備の「満足」「不満」

業界研究に特化した書籍ではありませんが、さまざまな住設機器を見ることができます。内容は若干古いものとなりますが、近年の住設機器の歩みを学ぶことができるので、目を通しておいて損はないと思いますよ。

次のページ:終わりに
初回公開日:2016年11月21日

記載されている内容は2016年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング