IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職で不安なこと|就職での不安を解消する方法・不安の改善法

就活の悩み・不安

人生を大きく左右する就職に不安を感じない人の方が少ないはずです。就職に対する不安を克服し、内定をゲットしましょう!今回の記事では、就職に対する不安と、その不安を解消する方法、改善する方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

更新日時:

みんなが抱える就職の不安

初めての就職

新卒、或いはフリーターからでも正式に正社員となる、と決まりますと色々と不安になることがあるでしょう。キチンと続けていくことができるのか、毎日しっかりと通勤することができるのか、大きな失敗をしないのか、といった不安です。この手の不安というのは、みんな一度は思うことになります。 また、初めての就職でない場合でも、その職場に馴染むことができるのかどうか、という不安は抱えているものです。こうした不安を抱くな、とはいいませんが誰しも就職をするときにはこうした不安を抱くのです。ですから、みんなが抱える就職の不安というのは、似たり寄ったりであり、多くの場合、乗り越えることができるのです。そうなってしまうのは確かですが、上手く乗り越えられるようになりましょう。それが自分のためになることです。

就職の不安の解消方法

解消できるの?

いざ、これから就職をしようとするときの不安の多くはまさに杞憂であることが多いのです。そして、前述の通り、みんながみんな似たような不安を一度は抱くのです。就職をするときに不安になることはある意味ではもうしょうがないのです。時間が解決する、ということもよくあるのです。まさに案ずるよりも産むが易し、という言葉があるでしょう。この通りである場合も多く、うじうじと考えているよりも実行してみる、つまりは実際に働いて見るとそれは大してことではなかった、となる場合があります。そのことをよく理解して、「誰でも同じこと」と思い込むことが一つの不安の解消法としてお勧めできます。

よく寝てよく動く

ストレスや不安を解消する一つの確立している方法として、運動をして、よく寝る、ということがあります。具体的な不安に対する解消に繋がるわけではないのですが、多くの就職に対する不安は今現在、どうこうできるわけではないのです。ですから、とにかく気にしないように運動をして、よく寝ることによって、その不安をストレスに転換しないようにするのです。これも立派によい方法であるといえます。

未来に対する不安

殆どの場合、就職の時の不安というのは「こうなったらどうしよう」「仕事ができるだろうか」といった『まだ起きていないこと』であると認識して見ましょう。実際に起きていることに関しての不安ではなく、あくまで未来に対する不安であるのです。極端にいいますと、どんな人でもその不安が実際に起きるのかどうかすらわからないのです。

楽観的に考えよう

ですから、この手の不安の解消法として『楽観的になる』というのがあるわけです。そうすることによって、上手く不安と分かり渡り合えることになるでしょう。自己啓発の本で世界的な有名な本で『道は開ける』というのがあります。デール・カーネギーという人が書いた本です。非常に有名な本であり、日本でもかなり売れています。この本の一節に、『おが屑を挽くな』という言葉があります。おが屑とは木を鋸で挽いた後の木屑のことです。そんなものを挽いたところで意味がないのです。 この言葉から言えることは、『気にしても仕方ないものは仕方ない』ということです。この名言は起きたことに対する投げかけという意味合いが強いのですが、就職に対する不安はおきてすらいないことでもあるのです。だからこそ、人の不安に対する解消法として『忘れる』、というのがあるわけです。

将来の就職の不安への対処法

就職できるかどうかの不安

就職に対する不安というのは、何もこれから就職をすることに対するものではないです。就職できるだろうか、という不安もあるでしょう。これも一種の「就職に対する不安」といえるでしょう。将来、就職できるかどうかの不安に対する方法としては、まずは行動をすることです。できることというのは、意外とたくさんあるのです。

例えば学生であれば就職活動に関する情報を集めることもできるでしょうし、既卒であれば求人サイトに登録をする、ということもあります。スキルを磨く、というのもありでしょう。何かの資格取得のために勉強をすることによって、一歩ずつではありますが就職に近づくことになります。就職には時期というのもあります。求人がよく出る時期というのもありますし、就職氷河期というのもあります。 数年サイクルでそのようなことがありますから、一喜一憂しないことが重要になります。 既に就職活動をしていて、なかなか採用されない、というのが不安である人でもまずは「巡りあわせがよくないのだ」と思うようにしたほうがよいでしょう。具体的な不安解消になるのか、といえばそれは違うのですが、しかしまずは落ち込むことがないように、メンタル面でネガティブにならないようにする、というのがやり方としては正しいのです。 まず、気持ちとしてそうした方向性に持っていくことが実は将来の就職に対する不安解消に繋がるのです。もちろん、具体的な行動を伴うことでもあります。勉強をしたり、履歴書の添削をしてみたり、多くの求人サイトに登録をする、といった行動と一緒にやってみる行動、考え方になります。一番不味いのが、落ち込み、ネガティブな気分になってしまって、就職の為の活動に消極的になることです。そうならないようにまずは考え方を変えることです。 就職活動がなかなか上手くいかなったとしてもまずは「巡り会わせが悪かった」と思うのです。もちろん、反省とか改善点を省みることは大事ですが、まずメンタル面で強く、意思を持つことです。それが将来の就職に対する不安を解消するコツの一つであるといえるでしょう。

フリーターの抱える就職の不安の改善策

フリーターの経歴でもアピールすること

フリーターの人はやはり将来的にどうしても就職に関する不安を持つことが多いでしょう。 まず、とにかく行動することです。様々な求人に応募するようにしましょう。行動をしないことには何も始まらない、ということを自覚することです。その上で考えることは、スキルを磨くことであり、また、フリーターでもそれは考え方次第、アピールの仕方次第では立派な武器になる、と認識することです。 フリーターの人が不安に思うのは社会経験なし、と判断されることが多い点です。つまりは、経歴、キャリアとしてフリーターというのはどうしても低く評価されるのでなかなか正規雇用としての就職が難しい、と思っている人が多いのです。しかし、フリーターであろうと働いていたことは確かなのですから、そこをアピールできるようになりましょう。これが具体的な解決方法になります。 フリーターの人が抱える就職に対する不安は、評価されないのでは、という点にあるといっても過言ではないでしょう。しかし、やり方次第では今までのフリーターとしての働き具合も評価されることがある、というのをまずは認識するのです。そうすればフリーターの人でも就職への道が見えてくることになります。これこそがまさに不安に対する改善策の一つであるといえるでしょう。

不安感を克服しよう!

これから就職が決まっている人の不安、或いは就職できるかどうかの不安など就職に関する不安の方向性は様々ではありますが、いくつかの解決方法がしっかりとあるのです。まずはメンタル面からです。悲観的にならないようにする、というのがまず不安解消には大事になります。「誰しも悩むこと」、ということをまずは理解して、不安に対して上手く折り合いをつけることです。

とにかく行動してみよう

これから就職できるのかどうかの不安であるならば、とにかく行動をすることです。フリーターでも自分のことを評価してくれるところがある、と思いましょう。また実際にそうであることも多いのです。ですから、まずは積極的に行動ができるように心理的な面から克服していくようにしましょう。 当然スキルを磨いたり、求人サイトなどに登録することはやりましょう。実際に行動することと共に、心が折れることがないように多少なりとも楽観的に考えることがどちらの場合でも有効的であるといえるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング