IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職で不安なこと|就職での不安を解消する方法・不安の改善法

更新日:2020年08月28日

就活の悩み・不安

人生を大きく左右する就職に不安を感じない人の方が少ないはずです。就職に対する不安を克服し、内定をゲットしましょう!今回の記事では、就職に対する不安と、その不安を解消する方法、改善する方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

みんなが抱える就職の不安

初めての就職

新卒、或いはフリーターからでも正式に正社員となる、と決まりますと色々と不安になることがあるでしょう。キチンと続けていくことができるのか、毎日しっかりと通勤することができるのか、大きな失敗をしないのか、といった不安です。この手の不安というのは、みんな一度は思うことになります。 また、初めての就職でない場合でも、その職場に馴染むことができるのかどうか、という不安は抱えているものです。こうした不安を抱くな、とはいいませんが誰しも就職をするときにはこうした不安を抱くのです。ですから、みんなが抱える就職の不安というのは、似たり寄ったりであり、多くの場合、乗り越えることができるのです。そうなってしまうのは確かですが、上手く乗り越えられるようになりましょう。それが自分のためになることです。

就職の不安の解消方法

解消できるの?

いざ、これから就職をしようとするときの不安の多くはまさに杞憂であることが多いのです。そして、前述の通り、みんながみんな似たような不安を一度は抱くのです。就職をするときに不安になることはある意味ではもうしょうがないのです。時間が解決する、ということもよくあるのです。まさに案ずるよりも産むが易し、という言葉があるでしょう。この通りである場合も多く、うじうじと考えているよりも実行してみる、つまりは実際に働いて見るとそれは大してことではなかった、となる場合があります。そのことをよく理解して、「誰でも同じこと」と思い込むことが一つの不安の解消法としてお勧めできます。

よく寝てよく動く

ストレスや不安を解消する一つの確立している方法として、運動をして、よく寝る、ということがあります。具体的な不安に対する解消に繋がるわけではないのですが、多くの就職に対する不安は今現在、どうこうできるわけではないのです。ですから、とにかく気にしないように運動をして、よく寝ることによって、その不安をストレスに転換しないようにするのです。これも立派によい方法であるといえます。

未来に対する不安

殆どの場合、就職の時の不安というのは「こうなったらどうしよう」「仕事ができるだろうか」といった『まだ起きていないこと』であると認識して見ましょう。実際に起きていることに関しての不安ではなく、あくまで未来に対する不安であるのです。極端にいいますと、どんな人でもその不安が実際に起きるのかどうかすらわからないのです。

楽観的に考えよう

ですから、この手の不安の解消法として『楽観的になる』というのがあるわけです。そうすることによって、上手く不安と分かり渡り合えることになるでしょう。自己啓発の本で世界的な有名な本で『道は開ける』というのがあります。デール・カーネギーという人が書いた本です。非常に有名な本であり、日本でもかなり売れています。この本の一節に、『おが屑を挽くな』という言葉があります。おが屑とは木を鋸で挽いた後の木屑のことです。そんなものを挽いたところで意味がないのです。 この言葉から言えることは、『気にしても仕方ないものは仕方ない』ということです。この名言は起きたことに対する投げかけという意味合いが強いのですが、就職に対する不安はおきてすらいないことでもあるのです。だからこそ、人の不安に対する解消法として『忘れる』、というのがあるわけです。

将来の就職の不安への対処法

就職できるかどうかの不安

就職に対する不安というのは、何もこれから就職をすることに対するものではないです。就職できるだろうか、という不安もあるでしょう。これも一種の「就職に対する不安」といえるでしょう。将来、就職できるかどうかの不安に対する方法としては、まずは行動をすることです。できることというのは、意外とたくさんあるのです。

初回公開日:2017年06月19日

記載されている内容は2017年06月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング