IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職エージェントの裏事情(ゴリ押しはある?面談対策/年収交渉)

転職サービス・サイト

転職エージェントが抱える裏事情がいかに転職活動に影響を及ぼすかについて書きました。また、それらの裏事情が具体的に現れる場面を挙げ、転職希望者が転職エージェントとうまくやり取りをするための参考になるように心がけて書きました。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 転職エージェントは転職が成立しなければ収入にならないため、ごり押しなどが起こる
  • 登録時の面談や、面接対策時の対応などで裏事情で動いているかどうかはある程度推測できる
  • 悪質なエージェントは少ないが、常に冷静に見ておくことで、結果として良い転職につながる

転職活動の時に心強い味方となってくれる転職エージェントですが、当然彼らにも彼らの都合があり、それによってごり押しなどのトラブルが生まれることがあります。 疑ってかかる必要はありませんが、知識として知っておくだけで振り回されにくくなるので、自分にあったエージェントを見つけるためにも役に立つでしょう。 担当アドバイザーからの評価が低く対応が悪いということも起こることがあるので、転職活動の際は「マイナビエージェント」や「リクルートエージェント」などの大手を中心に、複数のエージェントに登録しておきましょう。

転職エージェントの裏事情を知りましょう

皆様、転職の際には転職エージェントを使うことが多々ありますよね。転職エージェントは、転職の強い味方です。 しかし、何でもハイハイと転職エージェントの言うことを聞いていると、転職が上手くいかない場合があるのです。それはなぜでしょうか。

転職活動に影響を及ぼす裏事情に注意!

それは、転職エージェントにも裏事情があるからなんです。皆様は転職エージェントの裏事情について考えたことはありますか?どんな業界にも裏事情はありますが、それは転職エージェントであっても同じことです。 これらの裏事情というものは、どんな企業も自社の利益を獲得しなければならないという側面があるため、当然に生じてしまうものなんです。どんな企業も、顧客を大切にしつつ、自社の利益を追求しなければなりません。それは、どんな企業も本音と建前を使い分けていることを意味します。 この本音と建前こそが裏事情なんです。つまり、転職エージェントの裏事情をよく理解することで、自分により最適な形で転職エージェントが提供するサービスを利用することができます。裏事情に精通することは、複雑な社会を渡り歩いていくために欠かすことができないのです。 今回は、そんな転職エージェントの裏事情について、皆様にご紹介したいと思います。

はじめに、裏事情とはどのような構造から生じるのでしょうか

転職エージェントに裏事情が存在することは確かなことです。では、そもそも裏事情というものは、どのような構造から生じてしまうものなのでしょうか。 一般的に裏事情が生じる理由から、具体的に転職エージェントに裏事情が生じる理由を見ていきましょう。

営利団体であるがゆえに裏事情が生じてしまいます

一般的に裏事情はなぜ生じるのでしょうか。多くの場合、それは企業が営利団体であることから生じます。企業が営利団体であるということは、企業は経済的な利益を追求しなければならないということを意味します。 これは至極当然のことですよね。転職エージェントであろうが、他の企業であろうが、利益を得ないことには企業として存続することができなくなります。 企業としての規模を大きくしないとしても、現在の人員の給料を筆頭に企業の存続にかかわる費用を払えるだけの売上高を維持しなければなりません。 つまり、企業には定期的に入ってくる売上が必要であるということです。そして、売上は末端の顧客からもたらされるものです。 定期的に顧客からお金を落としてもらわないと企業は存続することができないのです。この点が、裏事情が生じる大きな理由になります。

転職エージェントに裏事情が生じる理由について、具体的に見ていきましょう

一般的に、どのような業界にも裏事情が存在することがわかっていただけたかと思います。 では、ここからは具体的に、転職エージェントに裏事情が発生する原因についてみていきましょう。転職エージェント特有の事情がありますので、必読です。

転職エージェントの役割を理解しましょう

まず、企業側から考えますと、企業は転職エージェントを通して質の良い転職希望者を獲得しようと考えています。昨今、日本は人口減少の影響もあり、企業にとって優れた人材の獲得は死活問題なのです。 一方で、転職希望者の側から転職エージェントの役割を考えますと、転職希望者は転職エージェントを通して自分の望む条件を合う求人を提示してもらいたいと考えています。転職希望者が自分自身でゼロから自分の望む条件の求人を探すのは困難を極めます。 昨今は内定を得るまでに1人あたり何社も受けるのが当然なので、転職希望者は転職エージェントを使うことで効率良く応募先を探すわけですね。 このように、転職エージェントは、企業と転職希望者の両者の利益を代理しているということが言えます。

転職エージェントの収益構造を理解しましょう

では、次に転職エージェントの収益構造を見てみましょう。多くの場合、転職希望者が内定を得たタイミングで、企業から転職エージェントへ仲介手数料が支払われます。 つまり、転職エージェントは、転職希望者が内定を得ない限り、収益を得ることができないのです。

転職エージェントに裏事情が生じる構造は簡単です

では、このような収益構造を持つ転職エージェントは何を優先するのでしょうか。それは、転職希望者に内定を出させることです。それも内定が早く出れば出るほど転職エージェントには得だということです。 また、転職エージェントは一つではありません。転職希望者は複数の転職エージェントに登録することが多いため、転職エージェントとしては、自社の紹介した求人で内定を獲得してもらわないといけないんです。 他の転職エージェントが紹介した求人で、転職希望者が内定を得てしまうと、自社にお金は入ってきません。 転職エージェントは、他者に先を越されないように転職希望者に内定を獲得してもらわなければなりません。また、多くの場合、内定を獲得して入社した人物が早々に退職してしまうと、企業から転職エージェントへの報酬が減額されたり、なくなります。 そのため、転職エージェントは、入社した人物がすぐに辞めてしまうことも防がなければならないのです。これらのことが複雑に絡み合い、裏事情というものが生じてしまいます。

裏事情から発生する具体的な現象について

裏事情により生じる現象を知ることで、自分の転職を守りましょう

このように転職エージェントには裏事情が存在しますが、この裏事情は具体的にどのような現象となり転職希望者に影響を及ぼすのでしょうか。 裏事情ゆえに発生する現象を知っておくと、より自分に有利に転職エージェントを使うことができます。

裏事情から生じるゴリ押しについて

上述したような裏事情があることにより起きる現象として代表的なものはゴリ押しです。転職エージェントは、自社が紹介した企業に就職してほしいのです。また、可能な限り早く就職してほしいのです。 そうすることで、転職エージェントが転職希望者1人にかける時間が短くなり、転職エージェントに入る収益が増えることに繋がります。 そこで、先述したゴリ押しが行われるようになります。具体的には、どんなことが行われるのかというと、転職エージェントが他の転職エージェントの悪い点を挙げることなどがあります。 また、他の転職エージェントが紹介した会社を貶すような場合もあります。つまりは、自分の利益にならない求人の価値を低く見せることで、自分が紹介した求人に応募し、内定を獲得してもらおうとするわけですね。まさに裏事情と呼ぶに相応しいやり方ではないでしょうか。

内定後の返事待ちの期間を短く設定する場合もあります

また、裏事情から発生する現象としては、内定承諾期間の設定というものも挙げられます。これは、転職エージェントが紹介した求人で内定が出た場合、転職エージェントが勝手に内定承諾期間を定めてしまうことです。 そうすることで、転職希望者に他の求人の内定が出ることを防ぎ、仲介手数料を自分の懐に入れやすくするというものです。 企業が内定承諾期間を定めていないにもかかわらず、転職エージェントが勝手に期間を定める場合、企業が定めた内定承諾期間よりも短い期間を、転職エージェントが転職希望者に告げる場合の2パターンがあります。 どちらのパターンにせよ、転職希望者は本来であればあるはざの猶予を得られずに結論を出さなければならなくなります。 また、企業にとっても、本来であればじっくり考えて欲しいところを、短い期間で転職希望者が結論を出すことになってしまいます。 それは、転職希望者にとっても企業にとっても、良い影響はありませんね。これもまさに裏事情ゆえに生じる歪な現象であると言うことができます。

転職エージェントが企業へアプローチする場合もあります

また、裏事情により生じる現象は転職希望者だけでなく、企業へも発生します。例えば、仲介手数料が欲しいがために、転職エージェントは、企業を焦らせるような言動をとります。 人材獲得が難しくなりつつあるのを利用して、企業に対して、「このままでは人材を他の企業に奪われてしまうので、転職希望者に対してもっと見栄えの良いことを伝えてください」だとか、「とりあえず、募集条件を変えておいてください」などと提案するのです。 募集条件や、業務内容などは転職希望者が求人を選ぶ際の大きな判断要素となります。そして、それは企業の事業計画に基づいて算出されるものでしょう。それに対して、転職エージェントが好き勝手に口出しをするのは決して良いことではありません。 これも、転職エージェントが本来の領分を超えて行う不適切な行為であり、裏事情ゆえに生じるものですね。

転職エージェントは全力で、早期退職を阻止します

前述しましたが、転職希望者が内定を得たものの、すぐに退職してしまったような場合は、企業から転職エージェントに支払われる報酬が減額されたり、ゼロになったりします。 そのため、転職エージェントは、転職希望者の早期退職を全力で阻止します。例えば、「この仕事はやはり自分に合わないから辞めたい」と悩んでいる相手に対して、「そんなに早く退職してしまっては、次の転職先が見つからない」などと言うわけです。 昨今はただでさえ就職が厳しい時代です。そんなことを言われてしまうと、我慢してでも続けなければと思ってしまいますよね。そして、それは最悪、鬱病などに繋がってしまいます。 ただ、仲介手数料のことしか考えていないような転職エージェントにとっては、何よりも早期退職を阻止することが大切なんです。

すべての転職エージェントが悪質ではありません

当然のことですが、すべての転職エージェントが上述したような悪質なものではありません。しかし、構造的に、転職エージェントは裏事情を抱えているということは頭に入れておくべきです。 そうすることで、ご自身の転職活動を適切な形で行うことができます。不安な場合は口コミなども参考にすると良いでしょう。Mayonezの調査によるおすすめは「マイナビエージェント」です。

転職エージェントを使う際に注意すべき点を確認しておきましょう。

こちらでは、転職エージェントを使う際に注意すべき点についてご紹介したいと思います。上述したように、転職エージェントは構造的に裏事情を抱えています。 そのため、注意すべき点を事前に理解しておくことは、ご自身の転職活動を悪質な転職エージェントの思い通りにさせないためにも有意義です。 転職エージェントの裏事情に振り回されないように、時系列順に転職活動の際に注意しておくべきことを確認していきましょう。

面談が電話か、実際に会って行われるか

一般的に、転職希望者が転職サイトに登録する場合は、事前に転職エージェントと面談を行います。転職希望者の経歴や希望する職種などを事前に転職エージェントに伝え、その次に面談に進みます。 この際、面談を行うのが電話なのか、実際に会ってなのかという点は、転職エージェントにとって貴方が優先的に対応すべき案件か否かを見極めるヒントになります。 転職エージェントは、内定を取る可能性が高い転職希望者を有利に扱います。これは、内定を取らせることで企業から転職エージェントに報酬があるという裏事情によるものです。そのため、優先順位の高い転職希望者には実際に会って対応することが多いです。 それとは逆に、優先順位の低い転職希望者はとりあえず電話で面談を済ませることが多いです。 ただ、これは必ずしも絶対的な基準ではありません。登録希望者が多すぎる場合は、一律に電話で面談を行う場合もあります。

面談の時点で多くの求人を紹介されることがあります

実際に面談を行うと、その時点で数多くの求人を紹介される場合があります。これも裏事情と結びつけて考えると理由は明快で、より早く転職を確定してくれれば、転職エージェントに有利であるためです。 そのため、必ずしも転職希望者の要望に沿わない案件であっても、紹介されることがあります。 転職希望者としては、こういった対応に焦理を覚えることなく、ご自身にぴったり合う求人を待つ姿勢も大切にすべきです。転職エージェントの言動に焦って、転職を決めてしまうと後悔するかもしれません。 ただでさえ、転職は先が見えにくく精神的に追い詰められるものです。そこに付け込まれないように、転職エージェントには裏事情があるのだと頭に入れておきましょう。

受かりやすい求人を優先的に紹介されることがあります

また、転職エージェントは転職希望者に対して、転職希望者の要望に合致した求人よりも、転職希望者が内定を得やすい求人を紹介する場合があります。これも、より早く内定を取ってほしいとの裏事情によるものです。 転職希望者としては、自分の希望をしっかりと把握して、転職エージェントに踊らされないように気をつけることが必要となります。 しかし、紹介される求人について、必ずしも転職エージェントの裏事情により転職希望者の要望と異なるわけではありません。転職エージェントは、転職希望者のみならず企業の利益も考慮する必要があります。 そのため、企業が求める人材とはかけ離れたような転職希望者を企業に紹介することはしません。それをしてしまうと、企業からの信頼を失ってしまうためです。 そのため、転職希望者はご自身の要望とは異なる企業を紹介されたとしても、そのことだけで転職エージェントが裏事情により動いており、信用できないと決めつけるべきではありません。

転職エージェントによる面接対策から裏事情を推測できます

転職希望者が求人に応募した後は、転職エージェントから面接対策を施されることが多いです。これは、転職希望者が内定を勝ち取ってくれると、転職エージェントに報酬が入るため、転職エージェントとしても力を入れるポイントです。 しかし、中には簡単な文章で面接対策を伝えられただけで、実際に身のある面接対策を行ってもらうことができなかったという場合もあります。 これは転職エージェントにとって、その転職希望者の優先順位が低いことを意味しています。裏事情があるため、転職エージェントとしては、優先順位の高い転職希望者、つまりは内定を勝ち取る見込みの高い転職希望者の面接対策に力を入れますからね。 この面接対策は転職希望者にとってとても重要なものです。何度も転職を経験している人であれば、自分の力で対策をすることができますが、初めて転職をするような場合はしっかりと転職エージェントからフィードバックをもらいながら面接対策をする必要があります。 そうでなくては、転職の成功が遠くなってしまいます。面接対策があまりに簡易である場合は、しっかりと要望を出し、それすら無視されるようであれば担当を変えてもらうことも選択肢に入れておきましょう。 面接対策は、転職エージェントと裏事情を推測する上でとても良いヒントになります。

面談の出来に対するフィードバックも見逃せません

一般的に、転職エージェントは転職希望者が面接を終えた後に、そのフィードバックを行います。 これは、転職希望者の要望と応募した企業がマッチしているかの確認であり、また、企業が求める人材と転職希望者がマッチしているかの確認のためです。これを行うことで、転職希望者と企業の間にズレがある場合、それを修正しようとします。 この修正は、転職希望者にとっても、企業にとっても、転職エージェントにとっても利益になる場合がほとんどです。転職希望者と企業の間にズレがあるままでは、転職は成功しません。 ただ、転職希望者としては、転職エージェントの言いなりになるのではなく、自分自身の感覚も大切にすべきです。内定が出そうな手応えを感じても、面接してみた結果、応募した企業が自分の望む企業と違うと感じた場合は、内定を辞退する勇気を持つべきでしょう。

回答期限の長短からも裏事情を推測していきましょう

先にも申し上げましたが、転職エージェントによっては、自分の判断で決めた内定への回答期限を設ける場合があります。 内定への回答期限の平均は約1週間といったところです。それよりも明らかに短い回答期限を提示された場合は、転職エージェントが裏事情により動いていることを疑いましょう。 それらの対策としては、転職エージェントに対して、実際に応募先企業に回答期限の延長を打診してみて良いかを聞くことをお勧めいたします。 そうすることで、転職エージェントが勝手に回答期限を短く設定していた場合は、まず間違いなく回答期限を延長することができます。しかし、企業によっては回答期限をたった数日にするところもあるので、そういう場合は延長が難しくなります。

転職エージェントを介すると、年収交渉はしやすくなります

このように転職エージェントが抱える裏事情により、転職希望者の要望と必ずしも一致しない求人を紹介されることがあります。 なんだか転職エージェントを使うのが良くないことのように思えてくるかもしれませんが、上述したような悪質なことを行う転職エージェントは必ずしも多くありません。多くの転職エージェントは、転職希望者に親身に寄り添ってくれます。 また、転職エージェントを介することで、転職希望者は年収交渉がしやすくなります。転職希望者本人から直接企業に年収交渉をすることはとても難しいと思います。しかし、転職エージェントを介することで、直接のやり取りをせずに済むため精神的にとても楽になります。 また、年収交渉については、転職エージェントと転職希望者の利害は一致します。企業から転職エージェントに支払われる報酬は、内定の際の転職希望者の年収によるのです。 そのため、転職エージェントとしては、転職希望者の年収が高くなればなるほど、報酬も高くなるというわけです。 しかし、年収交渉というものは、それほど成功するものではありません。よほど企業が獲得したい人材でなければ、年収交渉は難しいと考えておくと良いでしょう。

転職エージェントの裏事情に振り回されずに転職活動を成功させるコツがあります

少しの心がけで裏事情に振り回されることがなくなります

ここまでで、転職エージェントは裏事情を抱えていること、そして、それらの裏事情が転職活動の具体的な場面においてどのように作用するかがご理解いただけたかと思います。 では、ここからは転職エージェントの裏事情に振り回されずに転職活動をしっかりと成功させるためのコツについてご紹介したいと思います。小さな心がけ1つで、貴方の転職活動の結果は大きく変わるのです。

自分自身を客観的に見つめることの重要性

転職活動においては、自分自身を客観的に見つめることができる能力が必要となります。これは、自分に適性のある職業を選ぶことのみならず、転職エージェントの裏事情に左右されずに転職活動を続けていくためにも役に立つ能力です。 自分自身にはどのような強みと弱みがあり、応募の対象としている企業はどのような人材を求めているのか、これらの点について客観的な認識ができていれば、いちいち転職エージェントの言動に振り回されずにどっしりと腰を据えて転職活動を行うことができます。 そうしますと、無駄に焦ることもなくなり、やがてやってくるチャンスをつかむことができるというわけです。 転職活動は見通しが立ちにくく、精神をすり減らす活動ですが、客観的な視点から待つべきときに待つことができると、結果として良いものを得られるでしょう。

長期的かつ計画的な転職活動を心がけましょう

転職活動をなるべく早く終わらせてしまいたいという気持ちはよくわかります。しかし、それでは、その焦りに付け込まれて転職エージェントの裏事情に振り回されてしまいます。 そのため、転職活動においては、長期的かつ計画的に臨むことが求められます。すぐに決めなければという強迫観念を捨てて、本当に自分が望む企業に就職するのだという強い気持ちを持つことは大切です。 それは、転職エージェントの裏事情に左右されずに転職活動を進めていく強さになり、また、面接においても良い評価に繋がります。企業としても、外的な事情に過度に焦らされてしまう人材よりは、長期的かつ計画的に物事に臨むことのできる人材を獲得したいと思いますよね。 資金面でも精神面でも事前に余裕を持って転職活動にあたることができると、最終的に貴方の望む求人を勝ち取ることができると思います。くれぐれも焦って転職エージェントの裏事情に惑わされないようにしてください。

転職エージェントにはしっかりと意見を伝えましょう

また、転職エージェントにはしっかりと意見を伝えることも大切です。転職エージェントの言いなりになってしまうと、都合の良い転職希望者だと思われてしまい、結果手として裏事情に振り回されてしまいます。 そうならないためには、ポイントポイントで、転職エージェントに対して要望を伝えていきましょう。 希望する求人はもっと違うものであるとか、もっと面接対策を積極的に行って欲しいだとか、要望は何でも構いません。それらがご自身の転職結果に繋がってきます。遠慮せずに意見を言ってみてくださいね。

貴方の転職活動は貴方が主役です

この記事のまとめ
  • 転職エージェントは転職が成立しなければ収入にならないため、ごり押しなどが起こる
  • 登録時の面談や、面接対策時の対応などで裏事情で動いているかどうかはある程度推測できる
  • 悪質なエージェントは少ないが、常に冷静に見ておくことで、結果として良い転職につながる

以上のように、転職エージェントの裏事情に影響さらずに、貴方の希望に沿った転職活動を行うことができるか否かは、貴方自身の積極性にかかっています。 転職エージェントのアドバイスはプロの意見だからと縮こまらずに、貴方自身の考えをもとに転職活動を進めていきましょう。 そうすることで、裏事情に左右されずに、貴方の望む結果を得ることができます。転職活動には大変な時もありますが、挫けず、前向きに取り組んでみてくださいね。マイナビエージェント」のほかにもいろいろな転職エージェントがあるので、いろいろなところに登録し、あなたに合うところを見つけましょう。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング