IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

品質管理の仕事への転職方法|未経験からでも転職可能?

職種研究

品質管理部門への転職は経験者でないとかなり高いハードルがあるのかもしれません。品質管理の業務には統計的手法をはじめとする特有のスキルの他、その製品などに関する専門的な知識も必要になります。品質管理部門への転職に関連する様々な事項を紹介します。

更新日時:

品質管理の仕事内容

品質管理の仕事は、一般的には製造業で生産される製品の品質の管理ということになります。会社によっては、品質保証や製品検査などの仕事も品質管理の組織のなかに含めることもあります。 まず、品質管理部門の本来の仕事内容をみてみましょう。

品質管理部門の業務内容

品質管理部門の本来の仕事は、工場のなかでの製品の品質を管理し、改善することです。単に不良品が市場に出ないように検査ではじくことだけではなく、企画・設計や製造現場の各工程で不良品を出さないように、各工程の作業手順や規則などを定め、監視して改善に向けての活動をすることがメインになっています。

品質管理部門の主な業務としては次のようなものがあります。  ●企画・設計の検証、妥当性確認の審査、確認  ●製造品質(QC)工程表、手順書の改訂・審査、維持・管理の確認  ●検査機器、測定器の管理  ●工程異常、部品・製品異常に対する是正、対策の管理  ●工程監査、内部監査の実施  ●QCサークルなどの改善活動の事務局  ●品質教育の実施  ●製品の最終検査(製造部などが行なうことも多い)  ●顧客クレーム対応

これらに加えて、会社によっては品質保証的な業務も品質管理部に含めている場合があります。品質保証は製品をお客様に販売した後も品質を保証することですので、品質管理よりも仕事の幅は広くなります。

品質保証の業務は?

品質管理部門の業務と重なるところもありますが、品質保証の主な業務としては次のようなものがあります。  ●企画・設計審査への参画、顧客ニーズの反映  ●購入業者、外注業者の管理、監査  ●方針管理の監視  ●取扱説明書などドキュメント類の審査  ●法令や各種規格などへの対応、審査  ●品質ISOなどの手順書類の作成、維持・管理  ●第三者監査などへの対応  ●顧客クレーム対応、クレーム情報などのフィードバック

品質保証の業務も含めると品質管理部門の業務は多種で多彩にわたっています。品質管理や品質保証の仕事は、品質管理に関する知識だけではなくその製品、部品などに関する知識も人並み以上に必要になります。 それらの知識を十分に持ち合わせていれば、転職の時などにもかなり有利になるものでしょう。

品質管理の仕事の需要

品質管理は工場で生産される製品の品質の管理ということになりますから、ほとんどの製造業の会社で必要となる職種と言えます。しかも、品質管理の業務を遂行するためには単純労働とは異なる専門的な知識も必要になりますので、品質管理業務経験者は多くの会社で求められている人材と言えるでしょう。 一般的には製造業での職種になるのですが、品質というのは製品の品質だけではありません。サービスの品質やシステム、業務・プロセス、人、能力の品質など多くのものに品質は付いてまわります。 会社が経営目標を達成させるためのマネジメントのなかにある具体的な取組みのなかに、これら様々なアイテムの品質向上、改善が含まれています。 ですから、品質向上、改善のノウハウを持っている品質管理業務経験者は、製造業に限らずどんな種類の産業の会社であってもある程度つぶしが効くと言えるかもしれません。異業種への転職などの時に不足しているスキルとしては、その会社、業界での専門的な知識などが主になるものと思われます。 本当の品質管理の仕事の需要は、全産業のあらゆるアイテムの品質改善に関わるところにあるのですが、そのような視点での考えがまだ認知されていないところがあるので、まだ製造業が主体となった需要に留まっているのでしょう。

品質管理に必要なスキル

品質管理に必要なスキルには、数学、特に統計的なデータの処理の能力や製品や部品についての基本的、かつ専門的な知識が必須です。また、会社内の各部署との調整や顧客クレームの対応などで上手な交渉能力も必要になります。 個別にそれらスキルの内容をみてみましょう。

製品についての専門的な知識

製品や部品などの品質を改善するためには、その製品などがどのようなもので構成されているのかとか、どのような装置、工程で製造するのか、というような専門的な知識がなければ検討もできません。また、製品や部品に不具合が発生した場合、その原因を追及したり改善のための対策を講じるにしても、その製品などに関する高い専門知識や設備や工程などに関しての技術的なバックグラウンドがなければ出来ないことです。 もちろん、品質管理部門の職制のなかで全ての人に高度な専門知識を求めることではありませんが、このような技量がないと不具合の故障解析や是正処置対策などの品質管理部門の重要な職責は果たせません。 製品などに関する専門知識の他、機械や電気、化学などの一般的な技術知識が無いと品質管理部門での業務の遂行は難しいものと思われます。

高い交渉能力と行動力

品質管理や品質保証部門の重要な業務に顧客のクレームへの対応、処置業務があります。顧客のクレームの要因となったことを突きとめて、それによる顧客の損害への補償や代替品の提供などの提案によって顧客の納得を得るところまでの交渉が必要になります。 その前提には会社内各部門との調整や、場合によっては会社経営陣の承認などの裏付けがあってのことになりますから、それらの交渉力も大変なものになります。 もちろん、これらは品質部門の責任者が主に行なうものですが、品質部門の従事者はそれをバックアップし一体となって事態の収拾にあたらなければなりません。 もう一つ大切なことは行動力です。 製造業の多くの会社の品質部門では三現主義が徹底されています。 三現主義=「現場」、「現物」、「現実」 「現場」に足を運び、場を確認する 「現物」を手に取り、物を確認する 「現実」をこの目で見て、事実を知る 何か問題が起これば、机上で議論するのではなく、スグに現場に行き、現物を確認し、現実を認識する、それが問題解決、品質改善への一番の近道なのです。 顧客のクレーム対応をするにしても、三現で自ら確認したものでなければ説得力がありません。

統計的手法

品質改善、問題解決をする上で三現主義が重要な視点となりますが、もう一つ「データでものを言う」ということが大切なことになります。感覚的に「このくらい」ということではなく、「20mm±0.1mm」というように数値化したデータで示します。定性的ではなく、定量的に示すものです。 それらの多くのデータを解りやすく目に見える形にするのが統計的手法です。代表的なものに平均値とか標準偏差、最大値、中央値などのものがあります。 Excelでもデータを加工して統計的にみることができますが、最近は品質管理用の統計解析ソフトとしてExcelのアドインソフトが多く見受けられます。 データはパソコンが統計的に加工してくれますので、どのような切り口でデータを加工するのか、加工された統計的データの結果をどのように評価するかなどが、品質管理部門の人たちに求められるスキルになります。

品質管理の七つ道具

品質管理を行なうにあたって、問題点を把握するために現象を数値的、定量的に分析するための技法に「QC七つ道具」があります。この道具をうまく活用すれば、身の回りにある問題の95%は解決するといわれているものです。

データの集計、分析に使われるツールとして  ●パレート図  ●グラフ、層別  ●ヒストグラム  ●散布図  ●チェックシート があり、予測や原因の抽出に使われるものに  ●管理図  ●特性要因図 などがあります。 これらのほとんどはExcelで簡単に処理できるので、品質管理部門では基本的な分析ツールとして使われています。

「QC七つ道具」が数値データを主にした分析ツールであるのに対して、営業や企画など言語データが多い間接部門などの品質改善に向けた問題解決のツールとして「新QC七つ道具」があって、品質管理部門でも活用されています。

新QC七つ道具には次のようなものがあります。  ●親和図法  ●連関図法  ●系統図法  ●マトリックス図法  ●アローダイアグラム法  ●PDPC法  ●マトリックスデータ解析法 いろいろ複雑に絡み合った言語データを整理して問題を浮かび上がらせます。問題が絞り込まれ計画などが立てやすくなるのですが、実際に使いこなすのにはかなり演習などを経ないと難しいかもしれません。

品質管理に関連する資格

品質管理部門に関係する資格で最も身近なものは「品質管理検定(QC検定)」です。受験者数も多く、品質管理部門に転職したい場合には持っていたほうが良い資格でしょう。 また、品質管理は統計的手法による解析、業務がキーとなりますので、「統計検定」や「統計データ解析士」、「統計士・データ解析士」などの資格を持っているとさらに有利になるでしょう。

品質管理検定(QC検定)について

QC検定は2005年から財団法人日本規格協会が主催となって、全国規模で試験を実施している民間資格です。近年の受験者数は年間で10万人を超え、合格者は累計で30万人を超えているとのことです。

資格は1級から4級まであり、それぞれ次のような人を対象にしています。 ●1級/準1級:品質管理部門、技術系部門のスタッフなど会社で品質管理全般についての知識が要求される業務にたずさわっている人 ●2級:QC七つ道具などで品質に関わる問題を解決することを自らできることが求められる人、小集団活動などでリーダー的な役割を担っていて、改善活動をリードしている人 ●3級:QC七つ道具などの手法を理解している人、小集団活動などでメンバーとして活動をしている人、大学生、高専生、工業高校生など ●4級:これから企業で働こうとする人、人材派遣企業などに登録されている派遣社員の人、大学生、高専生、高校生など 品質管理部門への転職を希望している人であれば、最低3級レベルの実力を持ち合わせていることが望まれますね。

2015年9月期の受験者数は約52,000人で平均の合格率は59.2%でした。 各級の合格率は  1級:14.6%  2級:26.8%  3級:62.7%  4級:91.6% で、1級、2級はかなり難関な資格になっています。

統計検定などについて

統計関連の資格には次の3つの民間資格があります。  ●統計検定:(一財)統計質保証推進協会、(一財)日本統計学会主催  ●統計データ解析士:統計科学研究所主催  ●統計士・データ解析士:(一財)実務教育研究所 一番人数が多いのは統計検定でQC検定と同じように1級~4級まで同じようなレベルのクラスがあります。

統計検定は年間5,000人程度の受験者で、合格率は次のようになっています。  1級:14.1%  2級:42.1%  3級:60.6%  4級:74.9% 1級は大学専門分野レベルの統計学、2級は大学基礎科目程度の統計学基礎ということで、3級、4級は門戸が広そうです。 転職の際に、余裕があれば持っていたい資格ですね。

品質管理部門の年収は

品質管理部門の年収ランキング

マイナビが2014年1月1日〜2015年12月31日の期間中にマイナビ転職に掲載された求人の「モデル年収例」から平均値を算出したもので、全366の職種をランキングしたもののなかから品質管理部門のものをピックアップしました。 順位       職種                    年収 23位  生産管理・品質管理(工業プロダクト)         640万円 116位 品質保証(電気・電子・機械・半導体・材料系)     521万円 130位 品質管理(電気・電子・機械・半導体・材料系)     513万円 184位 品質管理・保証(建築・土木・プラント・設備)     486万円 217位 品質管理・保証(食品・化粧品系)           466万円 219位 品質管理(ソフトウェア・ネットワーク)        464万円 229位 品質管理・保証(医薬品・医療機器系)         460万円 240位 品質管理・保証(化学・素材・バイオ系)        458万円 267位 生産管理・品質管理(アパレル・ファッション)     446万円 品質管理でも業種によって違うものです。エレクトニクス系が高いですね。 

年齢別の年収は?

同じくマイナビのデータから年代別の年収をみてみましょう。 技術関連(電気・電子・機械)のなかの品質保証・品質管理・生産管理・製造管理系の平均年収です(2013年データ)。 全世代の平均年収    440万円 20代の平均年収    355万円 30代の平均年収    441万円 40代以上の平均年収  574万円 400~449万円の人が全体の18.1%で最多、700万円以上の人も6.7%います。 技術関連(電気・電子・機械)の分類のなかでは中位の職種になっています。

品質管理の求人に強い転職サイト

品質管理部門に転職したい場合は、やはり技術系に強い転職サイトに登録するのが一番でしょう。転職の際のアドバイスなども一般の転職サイトよりは具体的で参考になるものと思います。技術系に強い転職サイトを紹介します。

技術系に強い転職サイト

「転職相談サービスはわかりにくい、不安がある」と言われる時代を終わりにしたい。ただ転職をサポートするだけの存在では、本当に満足のいく転職サポートはできない。ホテルのコンシェルジュのように、常にお客様(転職者様)目線で想い、考え、行動することで、“心から感動するサービス”を提供する存在、単なるコンサルタントを超える存在、それが私たち“転職コンシェルジュ”。

転職の際にアピールしたいこと

転職の際の職務経歴書や面接のときには自身の経験やスキル、意気込みなどを最大限アピールしたいものです。品質管理部門には未経験者には難しいところがあるかもしれませんが、品質管理の業務内容を良く把握して臨むことが重要です。

未経験で品質管理に転職する場合

品質管理の仕事は多岐にわたっていて、統計的手法など未経験者には慣れないことばかりです。品質管理に関する知識だけでなく、その製品などに関する専門的な知識も必要になります。 未経験者の場合は相手の会社も即戦力になるようなことは期待していませんので、積極的だとか忍耐強いとか協調性などの性格上の長所を大いにアピールしましょう。また、QC検定などの資格を早く取得したいというような意気込みも必要です。 数学とか電気、化学などの技術的な知識は品質管理業務のバックボーンになりますので、得意な分野があればアピールすることも重要です。

品質管理経験者として転職する場合

品質管理の経験者として転職するときは、QC検定や統計検定の資格があればより有利になります。資格を持っていなくても今までの職務経験のなかからの実績を相手側に訴求することが重要です。事例はQCストーリーに沿ったもので数値などを交えた成功例が望ましいですね。 品質管理部門ではクレーム対応などで多くの文書を作成しますので、文書作成能力はチェックされるところです。職務経歴書などに誤字、脱字、文体の不整合などないようによくチェックして臨みましょう。

品質管理部門への転職の壁は高い?

品質管理部門は他の職種と比較すると、統計的手法とかの特有のスキルとその対象となる専門的な知識も必要となり、簡単に転職できるような職種ではないように思えます。特に品質管理未経験者の場合は、会社側のニーズになかなかマッチングしないことが多いのかもしれません。 品質管理部門の基本的な業務に必要なスキルは、QC検定などの資格に必要な基本的なスキルと類似しているので、ある意味解りやすいものになっています。品質管理部門に転職するのであれば、そのようなスキルを獲得するなどの将来的な展望を持って臨むべきことではないかと思えます。

関連タグ

アクセスランキング