IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職エージェントとの電話面談の流れと例・活用方法

転職サービス・サイト

転職エージェントを使う場合、時間、距離のなどうまく面接の都合がつかない場合、電話面接という形になります。ここでは転職エージェントの電話面談とは?、電話面談の流れ、電話面談の例(リクルートエージェントなど)、電話面談の活用方法などについてお話します。

更新日時:

転職エージェントの電話面談とは

電話面談してくれる大手転職エージェント

転職エージェントとのカウンセリングは電話面談は、転職エージェントによって対応がいます。一部の転職エージェントは、電話カウンセリングで非公開求人紹介してくれるので、希望通りに転職活動ができます。転職エージェントの電話面談でカウンセリングにおける不満点は以下のようになります。 ○結局オフィスで顔合わせが必要な転職エージェント ○電話面談後に求人紹介が来ない転職エージェント

dodaという転職エージェントは電話カウンセリングで完結せず、オフィス面談必要な転職エージェントです。一部の転職エージェントでは全て電話面談で完結することができます。業務多忙な場合、転職エージェントへ面接に行くことがなかなかできません。 一刻も早く職場環境を変えたい、転職をしたいという気持ちが強い場合、転職エージェントを使い電話面談だけで転職活動を転職サポートしてくれる転職エージェントがあります。意外と電話面談だけで対応可能な大手転職エージェントは多いです。、リクルートエージェントは直接会わなくても問題ありません。また、キャリアカウンセリングもあり効率的に求人紹介をし行ってくれます。

転職エージェントで電話面談のみで進めるメリット

転職エージェントで電話面談のみのカウンセリングを行うメリットを紹介します。 ○休日でも電話面談してくれる ○夜でも電話面談してくれる 例えば、朝は常に7時半出社で、上司の監視で自由に帰宅できず平日のに夜21時くらいまで動けないといった場合には、夜10時くらいまで「電話面談で対応してくれる」転職エージェントはありがたいでしょう。転職エージェントによっては、土曜日も候補日に入れてくれるので、フレキシブルで有効です。転職エージェントに簡単に相談し、「非公開求人」などを見せてもらい「転職するか」決めるといったこともできます。電話面談が完結する転職エージェントを上手く使うことで、よりよい転職へと結びつけられます。

転職エージェントで電話面談のみで進めるデメリット

転職エージェントで電話面接のみのデメリットは、転職エージェントへ直接職務経歴書など添削など、フィードバックまでに時間がかかることです。転職エージェントに経歴書の内容について質問したい場合でも、営業日で2,3日必要ですので、ストレスを感じる人はいます。実際に対面カウンセリングの転職エージェント、職務経歴書や志望動機の添削については対面、電話面談やメールの違いは大きくありません。

電話面談とメールのみで非公開求人紹介までサポートしてくれた転職エージェント

・オフィス面談が必要な転職エージェント ○リクルートエージェント ○JACりクルートメント ○パソナキャリア ○ワークポート ○エンエージェント ○アデコ ○doda

・電話面談、メールのみで非公開求人紹介の転職エージェント ○マイナビエージェント リクルートエージェントは、セレクションが厳しく、登録拒否される場合もあります。直接オフィスで一度は面談を受ける必要があります。マイナビは電話対応のみで、カウンセリング面談が可能な転職エージェントで帰宅途中に電話面談などといったことも可能です。 電話面談内容は、今やっている仕事の簡単な説明、どんな仕事に興味があるか、こんな業種はどうかといったやり取りが中心です。転職エージェントでは今後のキャリアをどうやって作っていくべきか、みっちりと話すことができます。担当転職エージェントがピックアップした求人リストからフィードバックし、それに対する追加の求人紹介がある場合、全て電話面談とメールベースで転職活動を進めることできます。 電話面談の対策アドバイス、メールで質問リストなどサポートも手厚く、職経歴書などもメール経由でかなり添削をしてもらうことができます。マイナビは、電話面談後のアフターサポートとして、職務経歴書、志望動機などをチェックしてくれます。企業面談には直接転職エージェントに行く必要があり、転職エージェントとは基本的にはメールと電話面談で完結します。

転職エージェントで電話とメールで求人紹介を受けるポイント

転職のネガティブな理由は電話面談でも、今の職場環境ではメンタル的に難しいなどと伝える必要はありません。転職エージェントとしてはあなたを候補者と考えているので、転職への熱意などをチェックしています、キャリアアップしたいから力になってほしいと伝えたほうが転職エージェントを味方につけられます。基本的にキャリアアップかつ職場環境も優れた会社に転職したいとすればいいイメージを保つことができます。

電話面談だけで転職エージェントを使い倒す

電話面談で、転職エージェントを利用していくケースで効率的に使うコツがあります。転職エージェントで電話面談対応している場合でも、転職エージェントのオフィス面談に行けるならいった方がいいようです。大きく差があるわけではなく、面談時間も30分~1時間程度で電話でのキャリアカウンセリングと同様です。 サポートの質は転職エージェントによってまちまちなので、転職エージェントをメールでも電話面談でも使い倒すほう事が重要です。転職エージェントに転職の意思があることをアピールしておく手段としては、直接のオフィス面談が有利かもしれないといった程度の違いです。 ○会社業務で忙しくて転職エージェントのオフィスには行けない 〇職場環境を変えたいので転職エージェントに電話面談だけでお願いしたい ○確度の高い求人案件の場合、転職エージェントの面接に行けるように業務を調整できる こういった内容を申し伝えれば、電話面談でも、転職エージェントから連絡をもらえます。電話面談では顔が見えませんが、オフィスにわざわざ行く必要性をあまりありません。人間関係、給料、ブラックすぎる労働時間など、感情的になりやすいですが、エ転職エージェントには客観的に伝えることが必要です。「キャリアアップ」「給料」「職場環境」でよりレベルの高い会社に行きたいと伝えれば積極的にサポートしてくれます。

転職エージェントの電話面談の流れ

転職エージェントの電話面談でのインタビュー内容

転職エージェントサービスに登録した場合、1~2週間以内に転職エージェントから電話かメールで連絡するとの返信メールがきます。転職エージェントのメールインタビューを受けることも、転職エージェントの電話面談で簡単なカウンセリングの場合もあります。紹介できる案件があるときは、登録直後に転職エージェントから電話がかかってくるケースもあります。スキルが条件に満たないケースでは紹介できる案件がありませんので、登録レジュメ(エントリーシート)の作りこみは大切です。

転職エージェントの電話面談で、転職活動状況や転職理由など質問されます、あらかじめ電話面談の質問の回答準備が必要です。

○現在の転職活動状況について ○転職の意思について ○転職先へはいつから就業可能かどうか ○現在の仕事内容について ○仕事のスキルについて ○転職先でどんな経験を積みたいか ○希望年収について ○希望条件について ○転職理由について

電話面談でも転職の意思が重要です。転職エージェントも営利目的でやっているので、意思がない人に相談することはありません。迷っているケースでも、よい企業があればすぐに転職するというような意思を転職エージェントに見せておく必要があります。転職エージェントに積極的に活動している所を見せておいた方がいいでしょう。転職エージェントには転職サイトから何件か応募しています、と答えるといいかもしれません。

転職理由は前向きな内容

電話面談では転職エージェントから希望年収、希望条件も質問されます、正直に答えましょう。年収は高めの希望を設定する傾向が強いので、転職エージェントは現実的な方向に修正していく必要があります。譲れないというポイントを、明確にしておく必要があります。 また、転職理由も転職エージェントに正直に答えて問題ありません。転職理由は収入が少ない、仕事が合わない、人間関係に悩んでいるといった事がほとんどです、転職エージェントもあなたの気持ちはわかっています。 しかし、今の環境から逃げたいといったネガティブな気持ちでの場合、うまくいかないことが多いです。転職理由が収入や人間関係などマイナス要因でも、次の転職先での未来展望にフォーカスして伝えることでイメージがよくなります。ネガティブなイメージだけだと求人を紹介しても無駄かもしれないと思われてしまいます。ですので、電話面談で転職エージェントに伝える転職理由は、ポジティブな内容に変えて伝えるようにしましょう。

転職エージェントの電話面談はカウンセリングへの振るい落とし

電話面談のあとに紹介できる求人がある場合、コンサルタントとの面談になります。コンサルタントに希望日を伝えましょう。通常キャリアコンサルティングは平日9時~20時、土曜は10時~18時開始が多いようです。面談当日は職務経歴書が必要になります。面談日時が決定したら電話面談は終了となります。このようなケースでは電話面談で、実際にキャリアコンサルティングを受ける人を選別しています。電話面談で落ちると、ずっと門前払いされるような状態になります。ですので、電話面談も一種の面接だと考えて挑むことが大切です。

電話面談の例(リクルートエージェントなど)

登録後の面談は、基本的に電話面談のみで可能です。オフィス面談ではなく電話面談のみのほうが有利だと感じるのは、下記の理由が挙げられます。基本的に時間が無駄になる可能性のあるオフィス面談は避けるように考えることが大切です、面談は電話面談で担当者の質、紹介企業のレベルを確認してから活動したほうが効率的でしょう。 ○事前に担当者の質を把握でき ○紹介企業のレベルも確認

サイトから登録申請を行う

希望条件入力から行いますが、入力する 「転職希望時期」が重要です。ここは必ず「すぐに」を選択しましょう。「現在の職種」 は必ず適切なものを選択します。大分類・中分類・小分類と職種が細かく限定されていきます、この職種の選択がコンサルタント側の選択分野の専門知識を持ったコンサルタントを選ぶことになるので、慎重に選択しましょう。 最初の登録が正確にされていないので、貴方の希望する儀業界に詳しいコンサルタントではない人が選択されうまく紹介が行われない場合があります。転職情報メールは受け取れる形にしておくことが大切です。プロフィール入力では、「英語力」が大切な項目です。TOEIC700 以上あるような場合は、リクルートエージェントではかなりの好感触になるはずです。次に必要とされる審査で高確率で突破することができます。

サイト登録しても、審査に通らないと求人は紹介されない

リクルートエージェントも商売でやっているので、もちろんいい人材の登録を望んでいます。いい人材とは、現在年収が高く、英語ができる人材のことを指します。そういうスペックの場合はすぐ内定をもらえます、リクルートエージェントとしても最重要の人材です。エージェントは年収の数%を採用した企業からもらい、事業が成立しているからです。しかし年収が低く、英語もダメな場合でも不合格ではありません。年齢が若い、転職決定者が多いIT・通信・営業系の経験者など優遇条件は多くあります。35歳以上、40代で登録している場合もあります。

リクルートエージェントはどんな会社

「リクルートエージェント」は最大手の総合人材サービスです。リクルートを母体とする人材サービス企業で、業界№1のシェアを誇っています。東京に本社があり、全国複数個所に拠点があります。転職未経験の場合、一番大きい転職エージェントがおすすめです。リクルートエージェントの特徴は、営業からエンジニアと多岐にわたっており、どんな職種にも平均的に対応可能で求人数が多いことが特徴です。

登録から担当者決定まで

リクルートエージェントのHPから自身の個人情報を入力し登録する場合、数日後に担当者から電話があります。基本的に、担当者はリクルートエージェント内部で決定されます。リクルートエージェントは、求職者の職種やキャリア、転職後の希望役職に応じて部署が分かれ、職種の要素が大きくそれに応じて担当が決定されます。担当者との相性が悪いケースでは、変更してもらえます。

担当者決定から面談まで

担当者が決定し電話での連絡の折に、「後日、挨拶含めヒアリングしたいので弊社に来社して欲しい」と伝えられます。電話で日程調整をして日時が決定します。

○面談前の準備 ○履歴書(データとペーパーの両方) ○職務経歴書 ○履歴書用写真

履歴書と職務経歴書は、外資系の企業へ応募するケースでは、英訳が必要です。また、転職理由や転職条件などを面談で聞かれるでしょう。面談では、非常に細かい点までヒアリングがあり、詳細に至る部分にまで修正などが入ります。リクルートエージェントを通じて転職を考えている場合は、面談前の準備は必須です。職務経歴については、自己分析になるので、まとめておくことがおすすめです。

実際の面談内容

面談は、挨拶と担当者の自己紹介からスタートです。個人情報保護の同意書や誓約書にサインとなります。リクルートエージェントは面談で丁寧でペットボトルで水を用意してくれます。面談は個室で行い、個人情報の漏洩に配慮しており、1台のPCとコピー機が完備されています。

○面談内容 ○なぜ、リクルートエージェントに登録したか ○家族構成 ○社会人前、学生生活はどうだったか ○自身の長所と短所 ○現職の入社理由と退職(希望)理由 ○転職の諸条件(会社規模、職種、勤務地、年収などの労働環境)

面談の場で求人紹介

面談した後日に、ヒアリング事項の条件に合致した求人を紹介されるのではなく、面談の場で、求人票がプリントアウトされて紹介されます。とても細かい内容までヒアリングされますが、案外あっさり紹介してくれます。 可能性を幅広く設けて、少しずつ条件を絞っていくやり方です。もちろん紹介してくれる企業でも、的外れのものがあります。持ち帰って、求人票を確認して後日、応募するかどうか決定することが一般的です。リクルートエージェントは、メールでのやり取りと担当者と登録者が閲覧できる管理画面があります、管理画面で求人紹介をすることもできるようです。

応募企業の選定と決定

紹介された求人票には、色々な会社あるでしょう。自分なりに考えて応募するかどうか決め、紹介された管理画面から可否を連絡できます。この管理画面から連絡した場合、「応募を受け付けた」というメールが登録アドレスに届きます。案件ごとに連絡をする必要があり、リマインドメールを書く場合大きな手間になります。応募意思を伝えた後は、書類選考へ進みます。履歴書や職務経歴書は担当者よりアドバイス、添削なども行ってくれます。

リクルートエージェントに行って面談を行う

審査が通った場合、 3日以内 に「携帯電話」に連絡があり、リクルートエージェントで面談が行われます。登録後の電話連絡はすぐ来ます。転職するかどうか迷っている場合は登録しないほうがいいでしょう。向こうも商売ですので、コンサルタントの勢いに飲み込まれる場合があります。 すぐ連絡がこないケースでは、審査が通らなかったという場合になります。通るか通らないかは運なので気にしないようにしましょう。他のエージェントでは審査が通ったりすることが多くあります。。中小のエージェントの場合応募者が多くないのでかなりの高確率で通ります。

パーソナルデスクトップの設定を行う

リクルートエージェントには、パーソナルデスクトップというシステムがあります。毎回エージェントのところへ行って面談する必要はなく、このシステムを通してやりとりを行います。求人紹介などの情報がこのシステムを介してメールが届きます。このシステムにログインして、提示される求人票をチェックしていきます。それらの求人に対して「応募する」「応募しない」の意思表示をシステム上で行い、応募する場合そこでの意思表示が応募となります。

エージェントを使って応募してよかったと思えるのがレポートです。「どういう選考をするのか」「社風はどうか」「業界の分析」など、過去に成功・失敗した場合の経験が蓄積されています。リクルートエージェントではこのシステムを利用することによって時間がない人でも転職活動をできるようにしています。このように充実したシステムは、中小エージェントでは実現できません。中小の場合は大抵メールや電話でやりとりになるので時間が多く必要になってきます。

内定後の入社条件の調整

エージェントを利用する理由の1つに入社条件、金銭面の調整があります。企業、登録者の両者にとって、入社前から金銭面について直接やり取りすることは避けたい部分でしょう。そういった場合、エージェントの担当者が間に入って直接聞きにくいことや、伝えにくい部分を代行します。今後の収入に影響する部分ですので、条件交渉の代行は大きなメリットといえます。

内定後、内定辞退

リクルートエージェントは、内定後から入社までのアフターフォローも充実しています。入社日を待つだけの状態になっても、入社までは不安があるでしょう。リクルートエージェントは入社前に入社する企業の方と食事会などを開催したりしてくれます。リクルートエージェントは、取引企業との関係が良好に行えるサービスです。大抵費用は入社する企業が負担してくれます。 内定辞退の場合は、リクルートエージェントも紹介するだけでになるので、どうしても入社させたい意向があるようです、内定を辞退する場合には入社を進められます。

電話面談の活用方法

電話面談の前に必要な準備

就活、転職活動の中で、一次面接は面談形式ではなく電話面談で行われるケースがあります。そういった場合、電話面談のための準備が必要になります。電話面談は、おおよそ1時間程度です。

電波状況の良い場所を確保

電話面談は直接会う面談と異なり、電話面談のみによる会話です。携帯電話による電話面談の場合は、電波状況がいい場所を探し利用できるかを確認することが大切です。 電波が悪い場合、質問も聞き取りづらく、選考がかなり不利になる場合があります。就活・転職活動である話ですが、電話面談の途中で会話が途切れてしまうような環境は絶対に避けましょう。

集中力を削ぐものを排除

仕事や業務の中、電話面談対応することは困難です。しかも電話面談には、集中力できる環境が非常に重要です。同僚が私用電話に聞き耳を立てたり、コーヒーショップで大声で注文されるような環境は集中力を低下させます。窓に向かって背中を向けて腰を掛けて、面接中にメモを取るような対応をすることで、集中力を高めることができます。

静かな場所

通常、面談は直接相手の会社で行います、電話面談の場合は場所を選びません。ですので、電波状況のほかに、質問が聞き取れて会話できる場所の確保も重要な事項になります。 子供がいたりすると、万全の態勢で面接することはできません。就活や転職活動で電話面談で行う場合、会話、電波の面で安心できる場所を確保してください。

相手に興味を持ち、積極性を示す

電話面談では具体的な質問をし、応募先の企業と役職をさらに知りたいという姿勢が大切です。役職と企業について自分で調べた内容を軸にして質問を準備するのも大切です。緊張感、恥ずかしさなどが相手に興味がないと誤解されないようにしましょう。電話面談が終わる前には必ず、採用プロセスの次の段階に進みたいという意思表示を繰り返し示します。電話面談後は簡単でいいので、お礼の電子メールを送り、次の面接に進む準備をするといいでしょう。

自分のストーリーを準備

履歴書のコピーをみながら職務経験を説明する場合は、スムーズに適切な勤務期間と業務内容を説明できるようにしてください。取り組んだプロジェクト、変革したプロセス、実施したイニシアチブ、解決した問題のエピソードを準備しておく必要があります。質問に適切に回答できるよう、基本的な情報はメモしてください。どんな面接でも、すべての面接でこの情報は必要となるので準備しておくことが大切です。

モチベーションを高く

就職活動ではもちろん、うまくいかなかったり、やる気がなくなる場合もあります。新たなチャンスを求めるパッションを失うことはよくありません。そのような場合は、やる気を高める言葉を集めるたり、好きな作家が書いたを読む、友人の励ましを受けるなどを試してみましょう。重要なポイントは、面接で落ちることは、個人的な能力や職務上の能力を否定されたということではないということです。キャリアの中で必ず失望することはあります。自分がコントロールできることに集中し、受けたフィードバックを次の電話面接に活かしていきましょう。

電話面談をうまく乗り切るコツ

電話面談を行う場合に、しっかりと臨む準備が出来たらあとは本番を残すだけです。

素早く答える

電話面談で、相手からこちらの状況は見ることはできません。質問に困った場合に、PCで調べれば問題ないなどと考えていると後悔することになります。電話ではちよっとした沈黙がすごく長く感じるものです。質問の後、その都度内容を調べているのでは、時間がかかりすぎてしまい、不自然になってしまいます。電話面談を乗り切るためのポイントの1つは、なるべく素早く答える事です。対策としてあらかじめ質問の回答を用意しておくことが大切です。

「えー」や「まぁー」は使わない

「えー」や「まぁー」などが口癖の場合、電話面談が始まる前に矯正をしておく必要があります。直接会う面談の場合はそれほど気にならないかもしれません。電話面談の場合、そういった言葉が目立ちます。「えー」や「まぁー」などの口癖はいい印象を与えません。対策は録音して自分の声を聞き、口癖をまず自覚し、意識して話すようにして矯正するのが大切です。

語尾までハッキリ喋る

就職活動や転職活動で、電話面談のコツは最後までハッキリ喋る事になります。○○だと思い○○○○したなど、ハッキリわかるよう語尾を意識して喋ることが大切です。表情が伝わらない電話面接では質問内容に、正確にはっきりした言葉で話さないと伝わりません。質問と答えが相手の意図したように回答されば電話面談を突破することができます。そ日頃から意識して語尾までしっかり話すようにするといいでしょう。

質問は面談形式の面接と大差はない

電話面談における質問は、通常の面談形式の面接と大きくかわりません。実際に電話面談での質問の例を紹介させて頂きます。 ○自己紹介して下さい ○どうやって、この募集を知りましたか ○現在のお給料はいくらですか?報酬に関する希望はありますか ○なぜ転職を希望されているのですか ○現在の職を辞める理由はなんですか ○あなたの長所と短所を教えてください ○最後に質問はありますか

電話面談開始時にすると良い質問

○相手が現在されている仕事は何でしょうか ○どのくらい今の会社に勤務していますか ○今日はどの程度、電話で話す時間がありますか ○どのようなポジションに空きがありますか

インタビュー中にすると良い質問

○どのような経緯で採用を検討されていますか ○職務の具体的内容はいかがでしょうか ○社内で成功されている方のタイプはどのようなタイプでしょうか ○どのような成果が期待されていますでしょうか

インタビュー終了時にすると良い質問

○他にどのような情報を提供できますか ○何か疑問点や不明点がありますか ○今後、どのようなプロセスになるでしょうか

テレビ電話面接

居住地域が面接を行う本社と距離が有るケースでは、「スカイプ」などのインターネット電話サービスを使用した「テレビ電話面接」を行う場合があります。

スカイプでの面接はスマホではなくPC

会社のミーティング等でもケースが多いのでなじみの人も多いかと思います。スカイプはインターネット回線を利用した無料の通話サービスです、基本的には全て無料で利用できます。インターネット回線を通じて通話利用しているので、電話とは異なり通話料がかかりません。通話したい相手がスカイプを利用している場合、日本国内、地球上のどこにいても世界中、無料での通話が可能です。スカイプを使う端末にカメラが付いている場合はテレビ電話も可能です。スカイプはパソコンだけではなく、タブレットやスマートフォンでも使用が可能です、転職活動の面接ではパソコンに専用のソフトをインストールすることがおすすめです。スカイプのWEBサイトを通じて、PCのOSに適した専用ソフトを無料でダウンロードすることができます。

スカイプ面接で印象を良くするポイント

○写り方を意識 設定によっては通話相手にあなた側の映像が表示されていない場合があります、必ずあなた側の映像が映る設定にしておきましょう。またテレビ電話はあなたの背景に、話している部屋の様子が映ってしまいます。意外と面接官は候補者がこういった細かい配慮ができるかどうかも見ています。部屋をきれいにしておくのも重要なポイントです。

○目線に注意 現在のノートパソコンはカメラが内蔵されているものがおおくあります。ノートパソコンを用いることで、すぐにテレビ電話を開始することができます、カメラは表示画面上部に付いている事が多く、相手を覗きこむような形になります、そういった場合、表情が悪く見えてしまうことがあります。自分を平行に映せるような付属カメラを購入する方法やパソコン自体の設置位置を工夫することなどで改善が可能です。

○声の大きさも カメラ同様にマイクも確認することが大切です。普通のトーンでしゃべった場合でも、思っている以上に先方に聞こえていない、その逆に大きすぎるパターンがよくあります。周囲の環境音といった部分も要チェックのポイントです。静かな場所を選んで通話を行うようにしてください。

スカイプ面接の前はリハーサル

テレビ通話は実際に使わないとわからないことが多いので、スカイプを設定がてらご友人やご家族など知り合いとリハーサルを行うことがおすすめです。最近のものは録画ができるものもあるので、自分で撮影をして後で確認してみるといいでしょう。もちろん初めてのテレビ電話の利用が面接の場合となると緊張するのが普通です。準備不足で失敗してしまう場合では元も子もありません。使い慣れている場合も、転職活動におけるスカイプの使用においては、事前に自宅の環境で確認しておくことがおすすめです。

関連タグ

アクセスランキング