IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ケアマネの転職方法と志望動機例・転職サイト

更新日:2022年07月30日

職種研究

ケアマネージャーは介護保険サービスを受ける時になくてはならない存在です。そのため、ケアマネージャーはストレスがかかる職種の割に給料が安くやめてしまう時があります。このように給料や待遇に不満がある人は転職して給料アップしたり、転職して環境を変えるのがベターです。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーの役割

ケアマネージャーは介護支援専門員といわれ、介護保険制度を担うために利用者と行政や地域との連携役をしています。 まず、利用者のお年寄りか家族、または地域包括支援センターに相談を受けます。その相談内容を元に利用者が介護サービスが受けられるように支援します。また、医師や看護師、介護事業所、福祉用具支援員などとも連携を取り、お年寄りをサポートしていく重要な役割です。 利用者が介護サービスを受けるためには要介護認定を受けることが必要です。そのための書類を作成して市町村に提出します。介護認定が降りれば、利用者を定期的に訪問してモニタリングをし、健康状態やサービスの連携を行います。それ以外に介護保険の給付請求やサービス担当者会議などの多岐にわたる仕事をする必要があります。ですから、介護保険制度には、ケアマネージャーという仕事が重要な役割を持っています。

ケアマネの転職方法

自分が転職する時にどのように働きたいかを明確にする

ケアマネージャーとして、どのように働きたいかという志望動機を明確にしておくことは、面接の時に聞かれた場合にすぐに答えられて、採用につながります。 ・自分がケアマネジャーとしての仕事にどのように意欲的に取り組むか ・今までケアマネージャーとして取り組んできたか ・ケアマネージャーとして未経験の人は、なぜケアマネージャーをしたいと思ったのか ・未経験の人は介護職としてどのような経験を積んできたのか ・どのように就職先に貢献していきたいか このように、数年後になりたいと思う自分なりのケアマネージャー像を描いておくと、志望動機を書きやすくなります。

転職先の情報を収集する

未経験のケアマネージャーの場合、まず求人票に記載されている文言で見分けることが出来ます。例えば、「経験者優遇」、「社会福祉士あればなお可」、「市町村職員と交渉が出来る方」等は経験者を求めていると受け取れます。「やる気のある人を歓迎」「研修制度があります」などと書かれているところは、未経験のケアマネージャーでも採用されやすい所です。とくに、未経験のケアマネージャーは研修制度がしっかりしている施設は安心です。 ケアマネージャーとして経験のある人が転職する場合、求人票から給料や待遇面を知ることが出来ます。給料を見る場合、月給で数万単位違ってくる場合があります。基本給以外に賞与や手当なども含まれて年収でどのくらいになるかを計算するとより具体的に把握することが出来ます。数人のケアマネージャーを採用している施設や事業所は、仕事の相談が出来てモチベーションも保つことが出来ます。ある程度、経験のある人がいる所はアドバイスも受けやすいといえるでしょう。 施設や事業所の情報公開システムで検索して情報を把握しておいた方が、後悔しない転職のためにも大事です。そこでは、昨年に各施設や事業所がどのような実績を上げているかやケアマネージャーが一人あたりどの程度事例を担当しているかが事前に簡単にわかります。給料が高くても残業が多いなどの理由で離職率が高い所は、転職してもすぐにやめることになる可能性もあるでしょう。介護業界の口コミなどを見てチャックするといいでしょう。

ハローワークと介護転職サイト

転職する場合、ハローワークで探す場合と転職サイトで探す場合とあります。 1,ハローワークで探す場合 ハローワークでは公的機関なので、施設や事業所の悪い情報は教えてもらえません。「直接、求人先にお問い合わせください」と言われてしまいます。ですから、詳しい求人先のことは書かれている以上のことはわかりません。 2,転職サイト・エージェントの場合 転職エージェントだと、詳しい給料や福利厚生、働きやすさや残業の状況など、詳しく把握することが出来ます。転職エージェントの場合、転職が決まったときは企業側から人材紹介料をもらいます。お金をかけてでも良い人材が欲しいと思っているからなのです。ですから、転職サイト・エージェントの場合、転職したいという人に対して、情報をしっかりと教えてもらえて、就職するまでしっかりとフォローしてもらえます。

面接の時に注意すること

ケアマネージャーの面接は第一印象でほぼ決まると言われています。なぜなら、ケアマネージャーは利用者宅に直接に伺うからです。そのため、印象が大切になってきます。ケアマネージャーは、施設や事業所の顔となっています。ですから、服装や動作にも注意が必要です。転職した人の場合、転職した場合、離職した理由を聞かれる場合があります。ネガティブな答えはせずに、前向きな答え方をしていきましょう。面接時に緊張してしまうかもしれませんが、ケアマネージャーとしての仕事の取り組み方や目標などを話すと面接官の印象が上がります。

未経験でもケアマネに転職可能?

まず、ケアマネージャーに転職するためには介護支援専門員の資格は必ず必要です。未経験でも最低限1年以上の研修を受けていれば採用されます。ケアマネージャーの業務は、利用者へのアセスメントや書類作成など、基本的に一人で行わなければなりません。ですから、専任のケアマネージャーで未経験の人が正社員になることは難しいといわれています。 ケアマネージャーは介護士として経験を持っていると、自宅で介助するための福祉用具や住宅改修をしていくための提案を経験から与えることがしやすいです。ですから、最近は介護士として経験を積んでからケアマネージャーの資格を取り、ケアマネとして働く場合が増えています。 また、施設では生活相談員や介護士の資格と併せてケアマネージャーの資格を持っていると有利です。様々な職種と兼務している人が多いようです。専任だとしてもケアマネージャーは様々な職種の人と連携を取ルだけでなく、通院の付き添いやサポートを行っていかなければなりません。そのため、施設では施設長や生活相談員、介護職員と兼務を行っている人が多く見られます。 ケアマネージャーとして未経験でも介護士や看護師としての経験がないとケアマネージャーの受験は出来ません。これからのケアマネージャーは、介護福祉士や看護師、生活援助業務の経験のある人が受験できるように変わってきます。未経験で正社員として就職したいと思う場合は、新規に立ち上げている事業所や施設だと正社員採用をするところがあります。新しい事業所や施設は、スタート地点が一緒なので人間関係も一からですから正社員として転職しやすいでしょう。

ケアマネの求人に強い転職サイト・エージェント

マイナビ介護職

次のページ:年齢別のケアマネ転職タイミング(20代~50代)
初回公開日:2017年04月30日

記載されている内容は2017年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング