IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

奄美大島への移住方法|移住支援・助成金活用・仕事の探し方

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

美しい海が広がる奄美大島、その豊かな自然を目の当たりにし、すぐにでも移住したいと思う方が増えているようです。そこで今回は、奄美大島の環境の実態や移住する際のメリットやデメリットについてご紹介します。これから移住を検討される方に役立つ情報が盛りだくさんです!

奄美大島への移住方法について

奄美大島は鹿児島県と沖縄県の中間に位置しています。古くから東南アジアや沖縄、鹿児島などの文化を取り入れており、自然織り成す動植物や美しい海が観光客からを得ています。中には奄美大島でのスローライフを夢見て、移住を決意する方も少なくありません。 気候と人が暖かい奄美大島と言われていますが、移住を成功させるには現地の情報をしっかり把握することが大切です。そこで今回は、奄美大島に移住する際の心得や雇用事情についてご紹介します。

奄美大島移住の成功例・失敗例

一見住みやすそうな奄美大島ですが、誰もが移住生活に成功しているわけではありません。移住を志す前に、奄美大島で生活する際のメリットやデメリットをよく理解してから行動に移すことが大切です。 ここからは奄美大島で成功・失敗しやすい職種や、島ならではの人間関係の現状についてご説明します。

フリーランスで成功

奄美大島は「フリーランスの島」と言われています。クラウドソーシングの大手企業でもあるランサーズとの提携により、2015年からインフラ整備などを積極的に取り組んでおり、フリーランスの移住や育成に力を入れています。都心部から奄美大島へ移住し、ネット通販などウェブ関連の事業で成功を収める方も多いようです。脱サラを志し、フリーランスに挑戦したい方にはぴったりな環境と言えます。

農業経営は台風に注意

奄美大島へ農業をするために移住するケースが見受けられるようですが、自然を相手にした自営業を始めるにはあまり良い環境であるとは言えません。なぜなら奄美大島は夏季を迎えると台風に見舞われる可能性が高く、農作物に甚大な被害を及ぼしてしまうからです。 また奄美大島は人口が少ない分、独自の狭い文化や島ならではの常識があります。島民の噂などもすぐに回ってしまうので、多様性のある都市部などから移住した人の中には、現地の人間関係に疲弊してしまうケースも見受けられるようです。

移住支援や助成金について

奄美大島には移住支援制度があり、初めて移住する人に手厚くサポートをする態勢が整っています。ここからは助成金などの移住支援について詳しくご説明します。

手厚い移住支援

奄美大島ではこれから移住や定住を検討している方のために、村営住宅を格安の家賃で提供する取り組みが行われています。3DKの間取りの物件を例にすると、なんと15,000円から25,000円の間で住むことができ、39平米から75平米の一戸建ての家賃も11,000円からと、都心では考えられないような賃料で借りることができます。 また奄美大島で家を建てる場合、床面積が50平米以上の新築に限り100万円を助成する手厚い移住支援が施されます。

子育ての助成金

奄美大島では子育てに関する支援にも積極的に取り組んでおり、その代表的な例としては20万円から最大50万円までの助成金を提供する出産祝い金が挙げられます。また、満6歳までの児童に対し月額5千円を助成する子ども医療費助成制度など、医療費に関する支援制度も整っています。 このように、奄美大島は安心して子育てできる取り組みを推進しているので、これから出産を控える世帯にとってはありがたい環境と言えます。

奄美大島で仕事を探す方法

初回公開日:2017年05月11日

記載されている内容は2017年05月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング