IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイヤーへ転職する方法|志望動機例・転職サイト/エージェント

初回公開日:2017年04月29日

更新日:2020年11月07日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職ノウハウ

「バイヤー」とは、流行をいち早く見極め、人々に届けるという仕事です。どうすればなれるのか、資格やスキルは何が必要なのか、未経験でもバイヤーになれるのか。この記事ではバイヤーへ転職する方法、バイヤーに強い転職サイト・エージェントの紹介をします。

バイヤーへ転職する方法

バイヤーへ転職する方法
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

バイヤーとは

生産元から商品を買いつける仕入れ係の人のことです。「これなら売れる」と思う商品を見極め、大量に買いつけ、店に並べるのが主な仕事です。洋服、靴、宝飾品、家具、家電、雑貨、食品、ジャンルはさまざまですが、バイヤーの仕事をするためには「売れそうな商品を見極める」ことが何よりも大切です。このためには、商品に対する幅広い知識や洞察力をもち、時代の流れを掴んで次に流行するものを予想することが求められます。 また、売場に出すだけがバイヤーの仕事ではありません。いざ購入する商品が決まったら、店頭に出すときの値段を決めたり、販売員や広報担当者に商品のコンセプトを伝えたり、商品のレイアウトを考えることもあります。商品の魅力を最大限引き出し、確実に売るための算段をつけていくのもバイヤーの役目です。

バイヤーになるのに資格はいらない?

資格を取る人も

未経験からバイヤーへ転職は可能か?

未経験からバイヤーへ転職は可能か?
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

未経験からバイヤーになろうと思ったら

百貨店でバイヤーになるには

百貨店に転職する際の志望動機

百貨店に転職する際の志望動機
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

バイヤーになるには当然、まず正社員になる必要があります。しかし、肝心の希望動機が浮かばない、という人をよく見ます。百貨店にせよアパレル業にせよ、求人はたくさんありますから、「お金さえもらえればどこでも」と思うのも無理はないかもしれません。しかし、販売業でなくとも、それではいけません。 百貨店の志望動機を作成するにあたって、まず考えておきたいことが2つあります。それは「百貨店で何がしたいのか」ということと、「なぜその百貨店を志望するのか」ということです。

その百貨店で何がしたいか

なぜ、その百貨店なのか

百貨店へ転職する際の志望動機例

バイヤーに強い転職サイト・エージェント

関連タグ

アクセスランキング